動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
ところでレイキってなんだ?!
2006年10月06日 (金) | 編集 |
先日レイキヒーリングモニターを募集しました。
【本募集は2006年11月9日をもって既定数をオーバーしたため
 終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました!】



…が。

「レイキってなーに?」という質問がちらほら。
そういえば説明してなかったー!

ということで

遅ればせながら「レイキってなーに?」というご質問にお答えします。
レイキとは元々は靈氣と書き、大正時代に臼井甕男(うすい・みかお)氏が
鞍馬山で21日間断食山ごもりをして開いた、手当てによる癒し療法の事をいいます。

靈氣の「靈」は魂を現す「霊」のほかに、宇宙をも現すと言われています。
そして「氣」は大気の「氣」。エネルギーのことを現したりもします。
つまりレイキとは「宇宙のエネルギー」という事になります。

まぁそれはともかくとして(笑)、
昭和初期には大層な霊気人口があったそうです。
今の鍼灸師やマッサージ師と同じような立場にあったと思われます。

これが医師法の絡みにより、手当て療法は医療ではないとされ、
そこから荒廃の一途を辿りました。
しかしその技術がひょんな事からアメリカに渡り、
大ブームを巻き起こします。
「Reiki」という文字が辞書に載っているほどです。

レイキの効果は主に次のとおり
・身心改善(体調だけでなく、鬱などの精神系にもフォローできます)
・リラックス(今までに体験した事のない深い眠りが得られます)

さて、そこでHANAnが行うレイキですが、HANAnは主に前者を行います。
かと言って癒しができないわけではありません(^-^)
ところが癒しができる人が治療系をしようと思うと、
そう簡単にできないのが真実…。
身心改善ってのはなかなか難しいのです(^^;
あえて難しいほうにチャレンジするHANAnは素質があるのか、
怖いもの知らずなのか…(笑)


レイキヒーリングを受けた感想の主なものとしては、

・頭からフワーッと暖かくなり、気持ちよく眠りにつけた
・血液検査の数値が標準に近くなった
・イライラが減った
・筋(スジ)のツッパリがなくなった
・朝の目覚めが爽快である

などなど。
面白いところでは、勘が鋭くなった、という事もあります。

さらに、ヒーリングを継続していくことにより、
治りにくいと思われていたものがいい感じになって来たりする事も
普通にありえます(^^)

こんな感じで伝わったかしら?
ものすごーくざっくりと書きました。
そのうち本家サイトで詳しくご紹介できるといいなと思ってます。
ご質問等ありましたら遠慮なくコメントでどうぞー♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック