動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「畏れ」の意味
2010年03月27日 (土) | 編集 |
これがアップされるのは3月27日土曜日。
アニマルコミュニケーション勉強会の
朝からフォローアップクラスがあって、
その後は打ち合わせが入っているので
ブログの更新が出来ない感じなので
26日のうちに予約投稿として書こうと思います。

この記事のタイトルになっている「畏れ」という言葉。
ある方の「天安河原」の記事を見て
何年か前にそこに行ったときのことを
ありありと思い出しました。

なんとも言えない「おそれ感」があったんです。
とてもとても奥まで入って行けない、そんな感じ。
あの時はただただ「なんだか分からないけど怖い」
という思いでした。

でも、ある方の記事を見て思ったんです。
あれは「恐れ」じゃなくて「畏れ」だったんだ、と。
「畏れ」には「かしこまる」という意味があります。

私がオソレを抱いた天安河原は、
天照大神が天の岩戸に立てこもってしまったときに
八百万(やおよろず)の神様が
「アマテラスはどうしたら外に出てくれるだろうか」と
相談した場所だと言われています。

神々が集った場所、天安河原。
そりゃぁ一筋縄ではいかないよね。

恐れと畏れ。
同じオソレだけど「うわ…」という心境は同じ。
その奥底はまるで違って似て非なる言葉。
日本語って深いなぁと思いました。
もっともっといい言葉がたくさんあるんだろうなぁ。
心に引っかかった言葉は上手につなぎとめて
上手に使いこなしたいです。



←登録してみました♪ステキなブログがたくさんです(^^)

                     
HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/

---
アニマルコミュニケーション・各種ヒーリング・パワーストーンなら
HANAn H&Aヒーリングセンター http://comm.hanan.jp
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。