動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
口癖について考えた
2010年03月14日 (日) | 編集 |
先日、スピリチュアルカウンセリングの大先輩と
お話しする機会がありました。
その方から出てくる言葉はどれも深くて
「はい、分かります…」と頷くばかり。

お話しの中で言葉遣いについての話になったとき、
自分の普段のセッションを思い返さずにはいられませんでした。
どれだけ気を配っても限界はないということを知らされましたし、
思わず言ってしまう口癖がどれだけ大きな意味を持つものかを
教えてもらいました。
「聞かれたから答える」だけでは足りない「配慮」の姿勢や、
「スピリチュアルカウンセラー」という立場の人間が
発する言葉の重さというのを改めて確認させていただきました。

もったいないやらありがたいやら。
感謝しすぎたせいかどうか、昨晩はその方が夢に出てきました。

大先輩はド金髪でマジックステッキを持っていて、
(実際は髪色も持ち物も全然そんな感じじゃありません^^;)
魔法学校の先生として忙しく各教室を渡り歩いていました。
持っているマジックステッキを振ると
大きなビル(魔法学校のビルです)の大きなドアが自動で開きます。
「その棒を振ることでドアが開くんですか?」と聞いたら
「これは塩を撒いてるの」とおっしゃるんです。
普通の人は手で押して開けるのだけど、
このステッキを振ると塩がぴゃーっと撒かれて
自動で扉が開いちゃうのだそうです。
穢れたところを歩かないでいいように、
出入り口は特にいろんな人が通るので
ステッキで塩を撒いて、浄化されたところを歩くとのこと。

あくまでも夢の中での話です(笑)
めったに夢を見ない私がカラーで夢を見て、
会話まで覚えてるなんて、よっぽどだと思いました。

何だか話が脱線しちゃった(^^;
言葉の大切さと重さを噛み締めながら
今日も一日お仕事を終えましたが、
注意しなければいけない口癖、確かに出てました…。
気をつけないといけないなと思いました。




←登録してみました♪ステキなブログがたくさんです(^^)

                     
HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/

---
アニマルコミュニケーション・各種ヒーリング・パワーストーンなら
HANAn H&Aヒーリングセンター http://comm.hanan.jp
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。