動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死後にアニマルコミュニケーションをする意味と意義
2010年03月10日 (水) | 編集 |
ずいぶん時間が経ってしまいましたが、
今日のタイトルについてご披露させていただきます。
このお話しを広くお伝えすることにご快諾いただきました
ご相談者様に心からお礼申しあげます<(_ _)>

今回ご紹介するお話しは、
死後経過日数とセッションの関係についての
お問い合わせから始まりました。
この手のお話しは実はたくさんお問い合わせをいただきます。
「他のコミュニケーターさんのところではなくなってから
○日以上経ってないとダメとか、○年経ったらダメなどがありますが
どうしてHANAnさんのところにはそれがないんですか。」
また、それと類似した質問で、
「制限があるところはその日数はどこから来ているのでしょうか」
と聞かれることがあります。

このときのお問い合わせも、過去のHANAnからの回答と同様、
「制限をしている理由についてはその方に聞いて下さい。
HANAnとしては日数に関係なくコミュニケーションできている実績があるので
制限をつけていません」とお答えしました。

この件についてはご理解を頂けたようで、さらに追加のご質問を頂きました。
「亡くなった子と話す意味ってあるのでしょうか」
「死後の世界を信じていないのですがセッションできますか?」
…と。

HANAnはどちらの問いにも「YES」とお返事しました。

前者の問いに対しては、
「死してなお伝えられることがある子や、
 亡くなった今だからこそ伝えたいことがある子もいます」と。
後者の問いに対しては、
「信じていないかもしれないけど、信じたいからこそ
 亡くなった子とのセッションを考えているのではないですか?
 それならそれでいいと思う」と。

お伝えした文章はそのままではありませんが、
そんなようなことをお伝えしました。
ただ、セッションするにあたっては、二つだけお願いをしました。

「いまさら聞いたところでどうしようもないことについては
 聞かないことがお互いのためになる事もあります」

「心が乱れている時のセッションはお勧めしません。
 落ち着いて話が聞けるようになったときにしましょう」

この二つです。
文章からにじみ出てくる後悔や不安、恐れなどが感じられたときは
どなたにも等しく同じことをお伝えしています。
そして、しつこいくらいに「状態が安定してからのセッション」を
お勧めしています。

だって、心が千々に乱れている時に彼らの言葉をお伝えしても
飼い主さんに彼らの言葉が届かなかったら、
彼らが自分を責めてしまう可能性があるんです。
「ボクが死んじゃったからママがこんなふうになっちゃったんだ…」って。
ペットさんだって飼い主さんだって、そんな展開は望んでないはず。
だったら散々泣きつくして、少しでも人の声が
心まで届くようになってからのほうがずーっといいです。

その理由をあえてちょっと冷たい言葉で表現します。
死んじゃった子は同じ肉体を持って戻ってこられないからです。
たくさん後悔したらその分だけ時間と彼らの肉体が戻ってくるなら
どんどん後悔すればいい。
本当にそうなるなら私もそうします。
我が家にもお空に帰った子がいますから…。
でも、そうじゃないんです。
後悔したって時間は帰ってこないし、お空に帰った子も戻ってこない。
だったら彼らの言葉を受け取れるような体勢を作ってあげることが
せめてもの償いじゃないかなと思うんです。

お空に帰っちゃった子のほとんどは
飼い主さんの体勢がたて直るのを待っててくれています。
彼らはもう、それしか出来ないのだから。
実に辛抱強く、暖かく待っててくれています。

…とは言うものの、
「もしかしたら彼は「私」の選んだ道を
本当は望んでいなかったのかもしれない」と思うと、
それを指摘されるのが怖くて話が聞けない…という方が
大勢いらっしゃるのも小耳に挟んでいます。

今回このお話しを掲載することをご快諾いただいた飼い主さんも
そのようなことを考えていらしたそうです。
そして、予想通りというか、案の定というか、
ペットさんからお叱りを受けました。
でも「セッションを受けてよかった」とおっしゃってくださいました。
なぜそう思えたのかは、長くなったので続きます。


セッションではペットさんが真っ先に
「私がイヤだって思ってたの分かってたよね」と伝えてきました。
病気治療のことに対してです。
以下、セッション後の飼い主さんからのメールを、
クライアントさんの個人情報を伏せた形でご披露します。
------------------------------------
HANAn様へ

先程、電話セッションを受けさせていただいた
◇◇(ご相談者様お名前)です。
貴重なお時間を頂き、私達と○○(ペットさんのお名前。以下同様)
の為にお話をしていただいた事に心から感謝しております。
ありがとうございました。

セッション後、母の号泣が治まるまでに時間を要しましたが(苦笑)
○○が亡くなって以来久しぶりに笑顔で話をする事が出来ました。

○○が怒っていた内容については、
セッション前からもし、その件について触れられたら
私は立ち直れないなぁっ...と、思っていました。
後悔とも罪悪感とも言えぬ深く暗い思いがありました。

でも、HANAn様がもし本当に○○と会話出来れば
(失礼な言い方で申し訳ありません)
必ず○○はその事について話すはず。
もし、直接「怒っている」と聞く事が出来れば、
そんな幸せな事はないんじゃないかと、そう思うようになりました。

覚悟を決めて、今日のセッションに挑みましたが、
考えていたよりずっと早くその話を○○がした事には
驚きましたが(さすが○○...苦笑)、
○○の口から聞けて本当に良かったと思っています。
怒ってくれてありがとうと言いたいです。
今日が無ければ私は一生無意味な暗い後悔に浸っていたと思います。

今も後悔はしています。
病院に関しては、○○と生前にお話出来ていたとしても、
やっぱり私は連れて行っていたと思います。
生きてほしいと、どうしても思ってしまうから。
でも、話をすると言うことを忘れていた自分への後悔は
この先もずっと持ち続けると思います。
どこかで、嫌な事は分かっているが、話が出来ないのだから
どうせ○○には分からない、助けられるのは自分だけ。と思い、
勝手に動いていました。

後悔と言うより、教訓として。しっかり頭と心に刻んでおきたい。
今はそう思っています。


HANAn様の言う、「幸せになる為のアニマルコミュニケーション」
その意味が今日よく分かりました。

まだまだ、○○と居たかった。今も触りたいし匂いをかぎたい。寂しい。
その想いは変わらない。
言葉は変わらずとも、今日のセッションで
私達の○○に対する想い全ての種類や色が変わったように思います。
幸せになる準備が出来そうです。

本当に本当にありがとうございました。
長文・乱文、お許しください。
------------------------------------

もう、この文章がすべてです。
特にみなさまに目にしてほしかったところを
HANAnが意図的に太字にしました。
その前後もステキだと思いました。
誰だって
「うちの子には一日でも一分でも長生きしてほしい」から、
嫌がるペットに最善と思える治療を施すのも
「飼い主としてそう思うのは当然」と思えてしまいます。
だから、それが後悔として残ってしまっても仕方ないと思うんです。
なのに、この方のすごいところは、
ペットの声を真摯に受け止めてくださり、その後悔にとらわれず、
「教訓として頭と心に刻む」と言えたことだと思います。

もしかしたら、ペットさんは本当はお空に帰った時点で、
いろんなことに対して気がついていたのかもしれません。
でも、あえて「怒ってる」と伝えることで飼い主さんの
辛かった思いを解かしてくれたのかもしれないと思いました。
本当にすごい。
スーパーペットだったんだなぁと思います。


実はこのお話しには続きと裏話があります。

セッションの最後に「またすぐに会えるから♪」という
ペットさんからの声を受け取りました。
でも、生まれ変わりについてはまだ先…みたいなことを言っていたし、
「どこで?」と聞いても「ナイショ♪」的な感じだったので、
飼い主さんに変に期待させても申し訳ないと思って言えなかったんです。
いつもは届いた声は全部お伝えしているので、
「何で急に変な考えが働いたんだろう…」と不思議でした。

後日、ブログ掲載許可に対するご快諾メールと共に
思いがけないご報告がありました。
「実はセッション後にあの子が夢に出てきて、嬉しくて、
さわりまくってチュウしまくって嫌がられました(笑)」
という本当に嬉しくて仕方ない!というお話しが届いて、
私は「やられたー(苦笑)」と思ったのと同時に
○○さんらしいなぁと思いました(^^)
いやいや、でもやっぱり、感じさせてもらったことは
全部お伝えしなきゃね。
まだまだ甘いわ…(汗)

ペットさんが飼い主さんに文句を言う可能性があったとしても、
それを怖いと思わず、自分にも非があることを認めつつ
腹をくくって話し合いに臨めば
きっとステキな時間が待っているはず!ということに
大きな確信が持てるお話しでした。
死後のアニマルコミュニケーションだって
決して無意味ではないことを伝えてくれたスーパーペットさんと、
腹を括ってセッションに臨んで下さった飼い主さんに心から感謝です。
本当にありがとうございました。

いいお話し過ぎて力が入りすぎて
とってもとっても長くなってしまいました(^^;

このほかにも、これまたすばらしいエピソードを
ご披露していいとおっしゃってくださる飼い主さんが
いらっしゃいます。

残された時間が短いことを感じて居ても立ってもいられず
お電話でお問い合わせくださり、そこから2時間後に
緊急セッションしたお話しです。
ペットさんはそのときのお話しのとおり、
彼女らしく静かに旅立ちました。

こちらも超大作になりそうなので少し時間をいただきながら、
掲載に向けて文章を書き上げます。
それまでは、またしばらくHANAnの日常にお付き合いくださいませ。
クシ酵素というステキな商品がモニターで届いたり、
モニターで効果を感じたピュアシナジーを購入したりと
体にイイコト続々体験中です。
しかも今回は5ワンたち+体験モノがあまり好きじゃないパパさんも
私と一緒にお試し中なので、お話しはつきませんゾ(^-^)
特にパパさんは私以上にモノを見る目にはシビアなので
彼が「イイ!」と言ったら皆さんも使ってみる価値アリだと思います(^^)
お楽しみに!



←登録してみました♪ステキなブログがたくさんです(^^)

                     
HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/

---
アニマルコミュニケーション・各種ヒーリング・パワーストーンなら
HANAn H&Aヒーリングセンター http://comm.hanan.jp
コメント
この記事へのコメント
飼い主さんもペットさんも本当に素晴らしいですね(^^)
そして、はなんさんも本当に素敵♪

素晴らしいお話のシェアありがとうございました(^^)
2010/03/10(Wed) 16:03 | URL  | えみぃ #-[ 編集]
えみぃさま♪
長い文章にお目通し頂きありがとうございました。
本当にステキです。
ペットさんも飼い主さんも。
私はただただありがたいばっかり。
えみぃさんも楽しくがんばっていらっしゃるのが伝わってきます。
同志としてお互いにこれからもいい経験積みましょうね♪
2010/03/11(Thu) 22:59 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。