ペットの気持ちを通訳するなんて当たり前!動物対話士(R)はそこから導かれる幸せへの道しるべと笑顔をご提供するのがお仕事です。伊東はなんの動物対話はペットさんの方言まで再現する的確な通訳で、ペットさんと飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えするのが得意技!
ペットロス対策になるかも
2010年02月26日 (金) | 編集 |
今日はちょっと有益な情報をササッと…。
昨日の記事(セッション体験談)は
時間のあるときに丁寧に書きたいので
もう少しお時間ください。

最近ポツポツとモニターに応募したというお話しを書きますが、
そういうサイトに登録をしてみたんです。
これは使えるぞ!という興味深いものがたくさんあって、
なかなか魅力的です。

その中で今日はこんなモニターに応募してみました。

写真を塗り絵にする【HOT塗り絵(ほっとぬりえ)】

おそらくターゲットは絵を描くことが趣味な人、もしくは
絵を描くことを趣味にしたい人だと思うのだけど、
これを見て「あ!ペットロスの人向けだ!」と思ったんです。

最愛の子をなくして悲しみにくれるのは皆同じ。
深いペットロスに落ちてしまうかどうかはその後のケア次第だと思うのです。
「あの子のために何かしたい」と思ってもできなくなってしまった現実。
その穴を埋めるのが、お空に帰った子への作業だと思うのです。

かく言う私もうちの子のために不慣れな編み物をしました。
毛の色に合わせて編んだ骨壷の入った箱を覆う袋
(私はそれをお洋服と呼びましたが)を作ったんです。
元々編み物をした事がないのにそんなことをしたので
とっても時間がかかりました。
集中して編み上げましたが、1ヶ月くらいかかったと思います。
凜
画像のまん中にある毛糸の箱がそれです。
ピンクの紐もポンポンも作りました。(上に乗ってるワンコは買ったもの(^^;)
今考えると、お骨の入った箱を直視したくなかったんだよね。
お骨の箱があまりにも無機質に思えてイヤだったんだ…。
完成した時にはホッとしたのを覚えてます。

画像はまだ自宅にあったときのものだけど、
このお洋服を仕上げたらまるで憑き物が落ちたように
お骨に対する思いが軽くなり、
完成から間もなくしてお寺に預けることができました。
そんな凜も今度の春で七回忌を迎えます。
早いねぇ…。
先日、お骨を収めさせてもらっているお寺さんに
法要の予約を入れてきました。

これはほんの一例だけど、こんなふうに
お空に帰った子のことを思って何かに打ち込むっていうのは
大切な時間なのかもしれないと思ったんです。
写真から塗り絵の素材を作るというのも
それと同じことなんだろうな、って。
もし塗り絵の会をみんなですることができたら
とってもステキなペットロスケアの会になりそうで、
ぜひ開催してみたいなぁって思いました。

モニプラ、あなどれませんぞ☆



←登録してみました♪ステキなブログがたくさんです(^^)

                     
HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/

---
アニマルコミュニケーション・各種ヒーリング・パワーストーンなら
HANAn H&Aヒーリングセンター http://comm.hanan.jp
テーマ:ペットロス対策
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
わたしも♪
私も愛兎を亡くした時、まず骨壷入れを作りましたよ!
刺繍をして…けだまちゃんに似合いそうなのを♪
何でもいいから 手を動かすって無心になれるからいいですよね?

骨壷入れも評判で 2-3回雑誌に掲載されたというおまけつき 笑
けだまちゃんも喜んでると思います!
2010/02/26(Fri) 16:34 | URL  | yuko #halAVcVc[ 編集]
yukoさま♪
あぁ!やっぱり♪
しかも刺繍入りなんてyukoさんらしいです(^^)
雑誌に掲載されるほどだなんて、
けだまちゃんもうれしかったでしょうねー。
2010/02/28(Sun) 23:10 | URL  | はなん #Si2BarZE[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック