FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
ヒーリングの是非
2010年01月10日 (日) | 編集 |
昨日は今年第一回目のアニマルコミュニケーション勉強会でした。
いつものように力いっぱいお伝えしたら、
ブログを更新する間もなく21時には就寝してました(^^;
ご参加くださったみなさまもおつかれさまでした(^^)
注意事項だけは忘れずに、あとは楽しんで練習してください♪

さて。
最近…というより、ここの所ずっと
「ヒーリングをすることの是非」について
考えていることがありました。

基本的に私は、
体の不調は心の不調を表面化しているものだという説や、
痛みや苦しみはその人の成長のために必要なものという説に
賛成です。

そういう視点でヒーリングを見てみると、
ヒーリングで心身の不調が整ったとしても
その人の思いや行動が変わらなければ元に戻ってしまうので
ヒーリング自体もあまり意味がなくなってしまうし、
元に戻ったらまたヒーリングすればいいじゃん…では
その人にとってあまりプラスにならない。
また、苦痛が成長のために必要なのであれば
やたらに取り除くのはいかがなものだろうか…という思いもあり、
「もしかしたらヒーリングってあまりいいことではないのかもしれない」
と思ったりしていました。
その一方でスピリチュアルヒーリングに関する本や
心と痛みの関係性についての本を読み漁ることを続けていて、
気持ちの片隅ではヒーリングの必要性を感じていました。

ただ、レイキの伝授会やヒーリングに向き合うときは
自分の心は捨ててひたすらにレイキのパイプになったり、
共鳴の原理に乗ることだけを考えていました。
だって、ヒーリングで流れるエネルギー自体はステキなものだもの。
ステキなものをステキと伝えることについては異論なく
素直に伝えることはできていました。
ただその行為に関する考え方について
「私がこんなことしてもいいのかなぁ」という
畏れ多い気持ちがあっただけ…。

そんな中、お久しぶり♪なクライアントさんが
レイキヒーリングを受けに来てくださり、
ヒーリング最中に大切な気づきをいただきました。
「ヒビキ」で感じられたことをご本人に伝えて
そこから霊査やカウンセリングに入ることができれば
「体の不調は心の不調の表れのようだよ」とか、
「その痛みは魂の成長に必要なことが隠されているみたいだよ」
というのが伝えられる…というのがイメージとして降ってきました。

あぁ、よかった。
この方法ならクライアントさんの人生を
クライアントさん自身で軌道修正してもらえます。
これでまた安心して素直にヒーリングに向き合えます。
人によっては「今頃そんなこと言ってるの?」と
思う方もいるかもしれません。
でもホント、今頃・・・なんです(^^;
今までは何の疑問もなく、ただ純粋に
「できるからやる」「頼まれたからやる」でした。
この気づきは私にとって今後の大きな一歩になると思いました。
Kさんありがとう♪
お会いできてうれしかったし、気付きをもらえて感謝です(^^)
ぜひまたお越しください☆
今日はせわしなくてごめんね。
今度はゆっくりお茶しましょう♪


←登録してみました♪ステキなブログがたくさんです(^^)

                     
HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/

---
アニマルコミュニケーション・各種ヒーリング・パワーストーンなら
HANAn H&Aヒーリングセンター http://comm.hanan.jp
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック