FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
癒しフェア事務局に行ってきました
2009年12月04日 (金) | 編集 |
昨日、日中の用事を済ませたあと、
癒しフェアの事務局におじゃましてきました。

いきなり本番を迎えるのではなく、
事前にお顔合わせすることで緊張をほぐしておきたいというのと、
癒しフェアとしてアニマルコミュニケーションの
どんな話を期待なさっているのかを知りたかったのと、
どうしてHANAnに白羽の矢が経ったのか…などなどを
お聞きしてみたかったからです。

癒しフェアでは「アニマルコミュニケーションって何?」
というところにスポットを当てて、
もっとペットたちと深い関係を築くための
HowToなどなどについてお話しすることになりそうです。
公開セッションも全部で3組くらいはできそう。
割り振りは、
・天使になった子
・問題行動がある子(連れてきた子の中から)、
・その他ペットに聞きたいことがある方
…という感じ…かな?!
質疑応答の時間も取る予定ですので、
かなりお得な1時間になると思います(^^)

そして、どうしてこの話をHANAnがすることになったのか…は、
わたし的にはとても神がかりだと思いました。
実行委員長さんいわく、
「何度検索してもHANAnさんがいつも目に付いたんです。
これってそういうこと(この人を選びなさい)なのかなと思って。
深い意味はないんです」とのこと。
さすがTRINITYを作っている会社の社長さんです。
「見せられるメッセージ」「直感」をとても大切にしていることが
私にも伝わってきました。
なので、深い意味はなくていいんだと思いました。
そしてそこから私がたどり着いた答えは、
「私の守護霊さんが願いを聞いてくれたんだ!」でした。
私はアニマルコミュニケーションを広く知ってもらいたいと思っています。
ペットたちの純粋な思いと、よりよいペットライフを
たくさんの人に体験してもらいたいと思っているのです。

勉強会を全国どこででも開催するのも、
プロの人に写真を撮ってもらったのも、
AllAboutに出ることを決めたのも、全部そのためです。
アニマルコミュニケーションのすばらしさを
TVの世界だけのものとしてしまうのはもったいないもん!
本当はもっともっと日常的で、かけがえのないものなんだもん。
だったらもっと表に出なきゃ!と思ったんです。

私のその思いに対して守護霊さんが
OKサインを出してくれたんだと思いました。
なので実行委員長さんの守護霊さんと調整をして
私に声をかけるように段取りをつけてくれたんだと思います。
だったらその思いをありがたく受け取るのは至極当然!
ここまでお力添えをしていただいて
武士の高楊枝をするわけにはいきません。
当日は持てる限りの感性を駆使していいものを作り上げます。
それがここまでの道を引いてくださった皆々様への礼儀だと思います。

むふふ♪
やりたいことにGOサインが出るって
こんなに心躍ることだったんだね。嬉しいなぁ♪
私はこのチャンスを無駄になんてしない!
本当にやりたいことは願えば叶うの。
我が家の5ワンたちにもちゃんと話さなきゃ。
ママが元気に飛び回っていられるのはみんなのおかげだよ、って。
そして、出張中に寂しい思いをさせちゃうことに関しては
誠心誠意で状況を伝えて理解してもらわなきゃ。
それでこそ家族だもん。
「振り回されない。振り回さない。」
ペットと暮らしていくにも、人間と暮らしていくにも
それが一番大切だと思います。

福岡入りまであと10日。
飛行機もお宿もレンタカーも手配ができました。
癒しフェアの会場マップに掲載してもらう写真とコメントも送りました。
あとは当日何を話すかをじっくり練るだけ。
状況が整ってくるにしたがって、
日は迫ってきているのにどんどん落ち着いてきました。
なんだかとってもいい感じよ(^^)♪

株式会社フレイアのみなさま、
昨日は遅くまでおじゃまさせていただきありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします<(_ _)>


←登録してみました♪ステキなブログがたくさんです(^^)

                     
HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/

---
アニマルコミュニケーションとレイキとパワーストーンなら
HANAn H&Aヒーリングセンター http://comm.hanan.jp
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック