FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
猫と本気のケンカ。before - after&おまけストーリー
2019年12月20日 (金) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

先日プロフィール写真を新しく撮り直してもらいました。
その時にカメラマンさんが
「せっかくだから家族みんなも一緒に撮りましょう♪」と
ご提案してくださったので、
それはステキ!と、お言葉に甘えることにしました。

撮影当日、猫たちはバリケンやキャリーケースで、
ワンコたちはそれぞれ助手席で…と思っていたら
猫の一番年上のもよちゃん(8歳)が
いやーーー!と言いながら猛ダッシュで逃走!
吉と千晴ねーさんはぶつぶつ言いながらも入ってくれたのに。
なので、

「これから家族写真を撮りに行くからね。
 家族全員で写真に写るんだから、
 写真にいない子は家族じゃないからね」

って言って少し様子を見ました。
けれど、どこを探しても見つからないし、
時間も迫っていたので連れて行くのはあきらめました。

そして撮影を終えて帰宅。
もよちゃんはバツが悪かったのでしょう、
しばらく姿を見せませんでした。
私は
出掛ける前に言った言葉の有言実行を伝えるために
探しもしませんでした。

パソコン仕事をしていたら、
どこからともなくそっと私の膝の上に来たときに
私は
「あら、この猫どこの猫かしら。
家族写真を撮りに行ったときにはいなかったけど。」
と言いました。
それでも知らんぷりしているもよちゃんに
「私の膝はうちの子のものだから、よその子は乗らないで」
って彼女を膝からおろしました。

夜になって、またまたこっそりお布団のそばに来たもよちゃん。
その時のお顔がこれ。
もよちゃんの眉間にしわ
もよちゃんの眉間にしわが寄ってます。
目を合わせるとまた私に何か言われると思って
ぎゅっと目を閉じています。

その後しばらくして、もよちゃんに
「仲直りしたかったらお膝に来て
かーちゃんのお顔をちゃんと見て」
と伝えたら、静かに私の横に来ました。
膝の上に乗るのは遠慮しているふうです。
そこで抱っこして膝の上に乗せて目を合わせて話をしました。

「うちの子じゃないって言われるのはさみしいね。
家族じゃないって言われたもよちゃんもさみしかったと思うけど、
かーちゃんもうんとさみしかった。
かーちゃんはみんなで写真を撮りたかったんだよ。
ちーちゃんと吉はがんばっていい写真を撮らせてくれたよ。
家族っていうのはいつも一緒にいるから家族なんだよ。
かーちゃんは必要だから話をしてるんだから、
次からはちゃんと言うこと聞くんだよ。いいね。」

頭をなでながら、背中を撫でながら、
こんな話をしました。

その後のもよちゃんがこちら。
仲直り後のもよちゃん
かーちゃんに許してもらえてホッとしてる空気、分かるかしら。

それから数日が経ちました。
もよちゃんは一生懸命かーちゃんの約束を守るために
いつも私のそばにべったりしてます。
「家族というのはいつも一緒」というのを
彼女なりに「理解しました」というのを伝えてくれています。

怒っているときは怒ってるとちゃんと伝えること。
和解したいと思ったら、ちゃんと思いを伝えること。
これが大事です。

今回、私はとても悲しい思いをしたし怒りました。
その思いをわかりやすく伝えるために
出かける前に言った
「一緒に行かない子は家族じゃない」を
帰宅後も貫いたし、
膝の上に来ようとしてもそれを許しませんでした。
とても怒っているというのをしっかり伝えるために
彼女の甘えを許しませんでした。

それに対してもよちゃんは、
まさかそこまで怒ってるとは露知らず。
最初はこっそり戻ってきたけど
ただ事じゃなかったことを知り、
このまま家族から外されるのは嫌だったので
和解したいという意思表示をしました。

私はそのもよちゃんの思いを受け容れて、
話し合いの場で自分の思いを伝えました。
一方もよちゃんはかーちゃんの思いを受け容れて
それを行動で示してくれました。

これで信頼関係が復活しました。

動物だって心からちゃんと伝えれば伝わるんだよ。
でもそれって人間同士でも同じです。
思ってることをまっすぐに伝えることが
大事だと思います。
口先だけじゃない思いの伝えあい。
理解したらそれを実行する。
それによってきずなが深くなる。

ちゃんと信頼関係を結びたい相手とは
言葉を選ばずにまっすぐ伝えれば
相手はまっすぐ受け取ってくれるはずだし、
仮に受け取り間違いがあっても
ちゃんと訂正する空気はできると思うのです。
まっすぐに思いを伝えさえすれば…。


そんなこんなの出来事を引き起こした撮影は
結局全員一堂に会して…はかなわなかったけど、
それぞれがそれぞれの良さを発揮してくれました。

ぼーず&かな
ぼーずとかな。すっかり仲良しさんです。

かな&吉
かなと吉。お写真が上手な二人。

かなとぼーずと吉。私大笑い!
みんなと一緒が嬉しくてたまらない私(笑)

ちーちゃんと私
ちーちゃんのニヤリ顔、わかります?(^^)

かなと吉
もういっちょ。かなと吉と一緒に。

まだまだいっぱいあるけどこんな感じ。
みんな頑張ってくれました。

今度はもよちゃんも一緒に
みんなで一堂に会したところを撮れたらいいな。


猫だって本気で話せばちゃんと伝わる、という話でした。


おまけ:
この一連の出来事がある前は、もよちゃんは
お外に出て散歩をしたがることが多くて、
リードをつけて玄関前を軽く歩くことが多かったのですが、
この出来事以来、外に出たいということがなくなりました。
また、お風呂場の水が飲みたいからドアを開けて!というのも
しばしばでしたが、やはりこの出来事以来その催促がありません。
わがままは控えようと思ってくれたようです。
ますますもよちゃんが愛おしくなりました。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー2頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
はなの命日。丸三年目
2019年12月16日 (月) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

2016年12月16日。
3年前の今日は
はながお空に帰った日です。
その前日はオペラシティで
心にいい音楽を聴いていました。
オペラシティを出たら
巨人が大きなツリーと月を見ていました。


社団法人設立パーティーを見届け、
16歳の誕生日を迎え、
自分祝いのスリランカ旅行も
しっかり留守番してくれて、
最後の最後はセッション中にスリングの中で、
クライアントさんには眠っているとしか見られないほど
静かに呼吸を止めたはな。
何もかもが立派すぎて
ずーっと泣けずにいました。
泣くと申し訳ない気がしたし、
褒めることしかないから泣けなかった。
そんな子でした。

はなは私が生まれて初めて一緒に暮らしたワンコ。
迎えてすぐに、嬉しくて親に見せに行ったら
父に「どこで飼うの?家ん中?お犬様だねぇ」と…。
そんなところからのスタート。

お犬様で何が悪い!
ねぇ♡

その後、波乱万丈、紆余曲折の私の人生に
良きパートナーとしてずっと一緒にいてくれました。
はなは犬だったけど、犬じゃなかった。
犬でも人でもない「はな」という自立した命だった。

はなを迎え、はなの子供たちも増え、
それまでずっと一緒にいたのに
離婚するときには身ひとつで家を出た私。
成立するまでは時々犬たちの様子を見に行っていたけど、
そんな私を待っていたのは
うつ病になった人のような無表情のはな…。
申し訳ないことをしたとはなを抱きしめて号泣したことは
今でも忘れられない。
だから、このままじゃいけない!って
ペット不可だったアパートではなと二人暮らしを始めて、
ゆっくりと自分を思い出していったはな。
その後、いろいろが整って何度かの引っ越しをして
しっぽの家族を全員引き取って、今がある。

はなは最初の子だったから特に、
他の子たちにはしていないこともたくさんした。
今思えば他の子たちにもしてあげたらよかった
ってこともいっぱい。

けど、はなは吉もかなもしらない。
はながいたときは犬率のほうが高かった。
今は猫率のほうが高い…。
だんだんそんな時代になってきてる。

時は流れる。
時代は変わる。
私も少しは変わった…かな…?


はなのお骨はまだ家にあります。
別に執着でも何でもないんだけど、
納めたいお寺が見つからないというのもあるし、
このままでもいいか、っていうのもあるから。
だって、一緒にいたときに頼りになっていた子が
骨になったからと言って悪さをするなんてありえない。
だから、どうにかしたいと思ったときにそうします。
それまでは、ね。

…って書いたら「当分一緒でしょ」って。
あら。
久しぶりにはなさんの声だわ。
困ったな。
久しぶりすぎて泣きそう。
今日はこれから1年ぶりの友達に会うのに。

今夜ははなゆっくりお話ししよう。
久しぶりに。

はなと一緒に話すときは赤ワインだよね。
夜には用意しておくわ。


これだけはなと濃く関わってきたのに
ペットロスになっていないのは、
今を見て生きているしっぽの家族たちのおかげ。
ありがとね、みんな。


-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー2頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
保護動物を出さない人創り。保護動物にならない動物育て。
2019年12月13日 (金) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。


このところ、どんな運気の流れが来ているのか
しっかり調べようともしていないズボラな私ですが、
最近「思いの見直し」ということを
ものすごく一生懸命やっています。
足元を見直す・固め直す、みたいな感じ。

なぜ私が動物対話を飽きもせず続けているかと言うと、
これは創業当時から全く変わっていません。

私にもできた動物たちとの対話は
思っていた以上にステキな世界だったから
数限りなく多くの人にそのステキさを伝えたい。
そのステキさを体験してもらいたい。

これに尽きます。

私にもできるんだから、
みんなにだってできるよ!

この一念だけで、十数年間ずっと、
時にはタイトルや内容は変わったけれど、
動物対話基礎講座を続けています。
だから動物たちと話すときの考え方やスキルは
基礎講座で全部お伝えしています。


そんな中、それを伝える場所や媒体が
少しずつ変わってきました。
それに伴って時代も変わってきているし、
動物たちとのかかわり方も変わってきています。

なので、心の根っこは同じでも
伝えるための言葉は変えていかないと
伝えたいものも伝わらないと感じるようになりました。

で、
今回も、です。

たぶんきっかけは11月のコンテストの入賞です。
今までよりもっと多くの人に
動物対話の本当のところを伝える必要性を
ひしひしと感じるようになってきました。

で、、改めて、
なんで私は動物対話を続けているのだろう、と考えました。
自分の体験した世界を多くの人に知ってもらいたいのは
先に書いた通りなのだけど、
「なんで知ってもらいたいのかな。」
「それを知ってもらったらどんないいことがあるのかな。」
「動物対話が浸透したらどんな世界になる?」
「そのために私に何ができる?」
って、さらに深く考えてみたのです。

そうしたら、
今の私がやる事・できることが見えてきました。
それが新しいブログのタイトルであり、
今日の記事のタイトルです。

究極ここだな、と、今は思っています。

動物対話のセッションは
人とペットさんの両方をカウンセリングします。
ペットさんや飼い主さんの伝言係では終わりません。
どっちにもお話しをする必要があるのです。

この秋、沖縄からかなを迎えて
今日のタイトルのことをすごく考えました。

多頭飼育崩壊
ブリーダー崩壊
動物虐待や遺棄
動物たちの家出
交配ミスによる先天的な不具合
…と、保護動物たちの多くは
こういう環境から生まれます。
これは人間のせい。
だからこういう人間を出さないことも大事。

一方で、
かわいがられてることにつけ挙がって
 家族の言うことをきかないわがまま
気象の荒さ
等、動物たちが人間社会に適応できないために
手放さざるを得ないケースもなくはないのです。
年を取って面倒を見られなくなったというケースも、
飼い主さんにしかなついていないという理由で
愛護センター行き…ということもあり得ます。
だから、そういう動物にならない育て方を伝えることも必要。

共に支え合いながら助け合いながら
最後まで幸せに暮らしていくには、
人も動物も両方ともが努力しないと、です。

動物たちの考え方を人間に教えることで
人は動物に歩み寄ることができ、
人の言葉を動物たちに教えることで
動物たちは人の思いを理解しようとする。
そんな社会になったらいいなぁって
いつも思いながらお仕事しています。

これが「元栓を閉める」っていうことなんじゃないかな。
愛護センターから引き出して新しい里親さんを見つけて…だと
いつまで経ってもその現象はやまないよ。

人と動物の関係を見直して、
手放してしまうことに対する元栓を閉めること。
これが真の意味での動物愛護だし
世界平和なんじゃないかって思うんです。

世界平和とか、話が大きすぎるけどね(笑)
でも、ホントにそう思うよ、私。




かながきて、
また一歩動物たちとの関わりの
深いところを見に行くことになったようです。

すごい使命を持ってきたね、かな!!(≧▽≦)


-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー2頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
エンジェルペットさんが教えてくれた「失ったものを思い出す方法」。
2019年12月12日 (木) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

ちょっと気を抜くとあっという間に数日が経ってしまう…。
これって年を取った証拠なんですってね(^^;
まぁ、それも悪くないですけど♡

ところで今日はふたご座の満月です。
なので今(12/12 22:20)、お外は相当明るいです。
満月の日は「完成」「目いっぱい」みたいな意味があります。
なので、それを逆手に取って
「断ち切る」「手放す」というのにも最適な日です。
だから満月の日からダイエットすると
体重を「手放す」ことが楽にできるようですよ
私は今日、美容室に行って軽く髪の毛を切ってきました。
前髪を目にかからないように切ってもらって
カラーリング(白髪染めってやつです(笑))をしてきました。


さて。

前回のブログ
「セッション中にペットさんからすごい名言が出ました」と書きました。

そうしたらさっそく
「ブログに書かれてた「すごい名言」ってどんな言葉だったんですか?」
ってご質問をいただきました。
いつも更新を楽しみにしてくださっていてありがとうございます。

その名言を聞いたときは
「やっぱり動物対話ってすごい!!」
って思った瞬間でしたよ!
だって私では思いつかないもの。


名言を教えちゃう前に、
どんなストーリーだったかをお話ししましょう。
そのほうが話がよく見えるから。

いつものようにちゃんと飼い主さんに
ブログ掲載の許可をいただいてます。


主人公はお空に上がったばかりのペットさんです。
多頭飼いだったのですが、その子が先に行った側です。
もう一匹いるけど、でも
「あの子はその子じゃない」
「お空に行っちゃったあの子に触れたい」
という思いが日に日に募っていた飼い主さんでした。

そんな飼い主さんに向けて、お空組のペットさんが
名言を聞かせてくれたんです。

「ボクを思い出したかったらあいつを触りなよ。
ボクとあいつは違うでしょ?
違うってことが分かったら、
すぐにボクがどんなだったか思い出すよ♪」
って。

つまり、
失ったものを思い出すときは
別のものと比較することで
思い出すことができるよ

ってことなんです。

他と比較することで思い出すことができるなんて!
言われてみればなるほど~と思うことでも、
とっさに自分では思いつかないスキルです。

今、スキルってサラッと書いたけど、
これ、ホントにスキル(技術)ですよ。
魂レベルのスキル。
すごい。

いや~、参りました。


英知の世界ってこういうことなんだろうか…?!


そういえば、うちの子たちは名言は伝えてくれないなぁ。
いつも静かに見守ってるだけ。
それはそれでうちの子たちらしいけど。
IMG_20170703_005644897.jpg
私は別に言うことないよ(笑)@志乃


-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
【ご感想】豆腐と鶏肉を喜んで食べました
2019年12月05日 (木) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。


セッションのご感想をいただいてから
1か月ほど経過してしまいました…。
せっかく送ってくださったのに
時間が経ってしまってごめんなさい<(_ _)>

いつものように個人情報は伏せつつ、
その他はいただいた文章のままです。

Yちゃんは重い病気が見つかったワンコさん。
獣医さんから命の期限を伝えられて
慌ててセッションのお申し込みをなさいました。

「生きているうちに!」というのは
本当に賢明な選択だと思います。

食べたいものを食べさせてあげたい。
どんな環境が快適なのか知りたい。
体調の感覚的なところはどうなのか。
などなど。
肉体があるからこそできること、
してあげたいことが知れるのは
とても大事なことだと思います。

それに間に合ったことは本当によかった!
そう思います。

Yちゃん、その後どうしたかなぁ。
クライアントさんにブログ掲載のお知らせとともに
聞いてみようと思っています。


-----

伊東 はなん様

●月●日にみていただいたHです。
その節は、お世話になりました。

愛犬の肺腫瘍発覚。
泣いてばかりの日々を送っていましたが、
限りある時間。
このままの状態で過ごしてはダメだと思い、
急遽セッションをお願いした次第です。

結局、最初から最後まで泣きっぱなしで申し訳なかったですが、
Yの気持ちは、十分わかりました。
明日の心配をすることより、
今、この瞬間を大切にしなければ…ということに気づかされました。

お腹いっぱい食べたいという願いは、体調のこともあり叶いませんが、
好きだという豆腐と鶏肉をあげると、
闘病している犬には見えないくらい喜んで食べていました。

あと、どれくらいの時間が残っているかわかりませんが、
はなんさんのおかげで
最期は「ありがとう、楽しかったよ」と言える気がします。

この度は、本当にありがとうございました。

ペットだけではなく、
私のような心の折れている飼い主さん達も
どうぞ救ってあげてください。

(クライアントさんのお名前)&(ペットさんのお名前)

-----


いつかどこかで食べたおろしネギそば。おいしかったなぁ♪

Yちゃんに限らず、多くのペットさんたちは
「今」にとても集中します。
それに対して私たち人間は
「過去を憂い」「未来に不安を抱く」。
今がないのですね…。

私もYちゃんとのセッションで改めて気づかされました。
先日行われた別の方との電話セッションでも
ペットさんからすごい名言が出ましたので、
この後お伝えしますね。


こういうことを考えると、ますます
「ペットのように愛されたい」と思うし、
そうなるためには
「ペットのように愛されるための24の秘訣」を
マスターせねば!と思うのです。

幸いうちにはステキなお手本が5つもありますからね☆


-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
【緊急】12/18(水)14時動物対話基礎講座上級開催します!!
2019年12月05日 (木) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

今日決まったHOTニュースです。

動物対話基礎講座の上級
(霊感・霊能のいらない
 テレパシーを使った動物対話編)を
12月18日(水)14時から、
HANAn杉並サロンにて開催します。

受講資格は動物対話基礎講座の初級と中級を
受けたことのある方です。

講座の内容はこちら
http://hanan.jp/school#kiso03

過去に上級を受講したことのある方は
再受講価格で受けられます。

なんで急に開催が決まったかというと、

ご希望者がいたからです!


ただそれだけ?と思われました?
はい。それだけです。

できるだけ早く上級を受けたいと思った方が
スケジュールカレンダーを見て
「定例の講座があるのは知ってるのですが、
それより早く受けたいです。
12月18日が空いてるようですけど
講座をやってもらうことは可能ですか?」
って聞いてくださったんです。


そもそも私たちは何を学んでいるかというと
「動物」と「対話すること」です。
犬猫たちと対話できたって
人間同士で意思の疎通が難しかったら
すべてがなし崩しです。

…話をしたくない人とは対話しなくていいと思いますけど(^^;

でも、話をしたいと思ったら
それを伝わるように伝えて(←これ、とっても大事!)
ちゃんと意思の疎通を図らなくちゃもったいない。

そんな話は基礎講座の中級でお伝えするんですが、
ちゃんと実践してくださったというわけ。

そんなステキな熱意は120%受け止めちゃいます。

先日の出雲さん。暑いくらいのお天気でした(^^)
上級では見えない世界のお話しもたくさんしちゃいますよ♪



ということで、改めて。

私は対話して分かり合うことを仕事にしている人です。

ですから、どんなことでも
思うところがあれば私に伝えていただきたいです。
できる限りの対応で善処したいと思っています。

動物対話士の伊東はなんですから、
私にリクエストを出すことで
ペットさんとの関係がより良くなれるなら
どんなことでもかなえてさしあげたいです。

みなさんからのわがまま、お待ちしてます(笑)

-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー2頭、猫3匹がいます。
あらかじめご了承ください。
【ペットのように愛されるための24の秘訣】その9:おいしそうに食べる
2019年12月01日 (日) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

さて。
まずは宣伝。

毎週土曜日22時からは、
このコーナーの本家本元!
インターネットラジオゆめのたね
「ペットのように愛されたい」のオンエアです…が、
今度の土曜日は第5週になるためおやすみです。
次回の「ペットのように愛されたい」は12月7日です。
お間違えのないようにお願いします!


今日は「ペットのように愛されるための24の秘訣」の
9番目です。

今までの「ペットのように愛されるための24の秘訣」は
こちらをご覧ください
まだ少ないから見やすいと思います(笑)


今回の「ペットのように愛されるための24の秘訣「その9」は

おいしそうに食べる です。

まずは「うちの子」がご飯を食べている姿を思い出してください。
おいしそうに秒殺で食べてしまう姿を見ると幸せですよね。
秒殺とは言わずとも、丁寧にうれしそうに食べているのを見ると
「これを出してあげてよかった」って思いますね。

これは相手がペットだからではありません。
人間同士でも同じです。

一緒にご飯を食べている相手が「おいしいね~」と言って
きれいに平らげてくれたら幸せを感じませんか?
また逆に、あなたが「おいしいね~」と笑顔で食べている姿を見たら
一緒にいるお相手は幸せを感じてくれると思いませんか?
そうすると「またこの人と一緒に食べたいな」って思ってくれます。

これ、幸せのコツの一つです。

ただし、やってはいけないこともあります。
・食べ物の選り好みをしないこと。
・自分は食べ終わったからといって
 相手が食べている途中で席を立たないこと。
この姿を見たらお相手はたちどころに悲しい気持ちになります。
いくらおいしそうに食べていても、です。

楽しいお食事の時間を共有できることは
大切な幸せの時間であることを忘れないでくださいね。


飾り気のないパンケーキだって
大好きな人と一緒に食べたら極上の一品です(^^)


-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:幸せに生きる
ジャンル:心と身体