FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
<ありがとう!満席です!>【無料!】遠隔無料セッションモニター募集します
2019年10月28日 (月) | 編集 |
~以下の記事の募集は開始後30分で満席となりました。
 気にかけてくださった皆様ありがとうございます。
 間に合わなかったみなさまごめんなさい。
 また逐次募集をしますので、その節はよろしくお願いします。~

いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

動物対話士養成講座、西日本一期生も
いよいよ中盤に差し掛かり
来月は中級の総まとめです。

いつものように
無料セッションモニターさんを募集します。

今回は遠隔セッションの練習なので
お住まいの地域は問いません。
外国の方でも、日本時間に合わせてくれて
日本語による意思の疎通ができればOK。

ご応募対象のペットさんの数は生死は問いません。
いつも伊東はなんが行っている遠隔セッションと同じ条件です。
(行方不明ペットさんの場合は事前の確認・承認が必要になります)

セッション中は必ず伊東はなんが隣で聞いていますので、
セッション後にもっと聞きこみたかったこと等ありましたら
フォローも可能です。
安心してお申し込みください。

お申し込みページはこちら
http://hanan.cart.fc2.com/

未来の動物対話士たちのために
ご協力をお願いします!

伊東はなん

-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー2頭、猫3匹がいます。
あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
トライアルなしで保護犬を迎えて二週間
2019年10月21日 (月) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から保護犬のかなを迎えて二週間が経ちました。
もうそんなに経つんですね。
早いなぁ。

かなは人や動物に関係なく、みんなに愛想がいいです。
人にはしつこいくらいに「私かわいい?❤️」をアピールします。
動物にはほどよい距離で、若干遠慮しながら関わりますが、
それが相手にとっては好ましいようで。
先住のうちの子とはノートラブルだし、
クライアントさんには撫で回されてご機嫌さんです。

それだけ上手に立ち回れるということは、
それなりに頭はいい子なはずなのですが…。

トイレがまったくままなりません。
というか、
トイレシートは寝るところと思っていて
まったく使う気がありません。
かなにとってトイレシートは極上の毛布なのです。
なので、なにも敷いていない床で用を足します…。

いくら動物対話士とはいえ、
極上の毛布で用を足してくださいとは言えません。
私だったら無理だもん😅
自分でできないことを人にやらせるなんて
ナンセンスですから、
トイレシートは毛布ではないことをこんこんと伝え、
もっと寝て気持ちいいところがあるよ、と
一緒に布団で寝ることを提案しました。
そして、シートで用を足すとどれだけ私が喜ぶかを
ぼーずのそのシーンが見られたときに
かなに見せました。

そしてもうひとつ、かなにできないことがありました。
サロン内にある階段を一人で降りることができません。
小型犬には少々勾配がきつくて降りるのに勇気がいるので、
いつも鼻をならして鳴いて呼びます。

これはトイレシートで用を足してほしい私には
好都合でした。

かなを2階で生活させればいい!

で、我慢できなくなってトイレシートを使ったときに
たくさん誉めてあげようと思い、
部屋中にトイレシートを敷き詰めました。

かなりやけくそです💦


そうしたらなんと!

自力で1階に降りて床の上にしました(*_*)
そんなにトイレシートをつかうのが嫌か…。
ていうか、階段降りれるんじゃん!
これは想定外でした。
それ以降、階段の登り降りは
自由にしているかなさんです😅





そんなかなさん、
最近、床の上の水溜まりを
あまり見なくなった気がします。
ぼーず効果が出ているのかな?
きちんとシートで用を足している姿を見たいなぁ。
そうしたらめちゃめちゃ誉めてあげるのに。


動物対話士として、
2歩3歩先を見て話をすることはできます。
いくら説得しても勇気づけても、
その先の行動をするのはペットさん本人。
かなに頑張ってもらわないといけません。

愛護センターから引き出して2ヶ月間、
保護団体さんの元にいてもトイレができなかったので、
かなの頑固っぷりは相当だと思います。
ここを動物対話でどうクリアしていくか、
自分自身とても興味があります。
きっとゴールまであと少しです。


-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー2頭、猫3匹がいます。
あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
殺処分日が決まっていたワンコ-番外編 どこから迎える?
2019年10月15日 (火) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から殺処分予定日が決まっていた犬を
新しい家族として迎えました。
備忘録としてつらつらと書いています。

「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
「殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定」
「殺処分日が決まっていたワンコ-3 動物対話士目線で見る縁って…?」
「殺処分日が決まっていたワンコ-4 先住ペットたちの反応」
「殺処分日が決まっていたワンコ-5 過去、現在、未来」


ということで、
かながうちに来るまでと
来た後のことを書いてみました。

今回私は初めて
保護団体さんから迎え入れる
という選択肢を取りましたが、
迎え入れる先はどこでもいいと思います。
大事なのは迎え入れたあと。
その子とどういう人生を歩むか、です。

なぜかわからないけど無性に心が動いてしまった…。
私はこれこそが本物の出会いだと思います。
その相手こそが運命を変える必然の出会いだと。


セッションをしているとしばしば
「ペットショップから迎えてしまったのですが…」
と申し訳なさそうに言う方がいます。
「本当は保護施設から引き取りたかったのですが…」と。
時代が「生体販売反対!」とか
「ペットショップから買うのは非道!」と
声高に叫んでいるからです。
そんなところから迎え入れてしまった私は
よくない人だ…とご自身を責めておられる方も
少なくありません。

でも、出会いって運命ですから、
「~ねばならぬ」から始まったストーリーは
いい結果にならないです。

もちろん命は売り物ではありません。
そこに値段をつけて売買するのはつらいです。

もし私が売り物で、なかなか売れなくて
セール品になってしまったら、
恥ずかしくてショーケースにいても
前を向けないかもしれません。
そしてさらにタダ同然に値下げされて、
「かわいそうに」という同情の思いで
買われるかもしれません。
同情されながら一生を過ごすのはイヤです。
堂々と胸を張って生きていたいです。


私自身、最初の子はペットショップにいました。
出会ったのは2001年1月。
彼女は12万円でした。
今でもはっきり覚えています。

でも、その子のおかげで今の私がいます。
その子との生活を通して
いろんなことがあったけど、
でも、人生を変えてくれた子に出会えたのは
ペットショップでした。

そしてその子に子供を産んでもらいました。
素人でしたけど、できる限りの勉強をして
2回出産してもらいました。
産んでくれた子はどの子も里子には出さず、
最後までうちの子でした。
その最後の最後がぼーずです。


ペットだけじゃない。
人との出会いだってさまざまです。
でも、ありですよね。どんな出会いも。

ナンパで知り合った人もいるでしょう。
でも、だからと言ってみんな軽いわけじゃない。
そこに運命の出会いを見つけた人もいるはず。

学校の同級生な人もいますね。
ずーーーっと何十年も一緒に居ても
それでも一緒にいられるのは運命です。

大人になって飲み屋さんで知り合って
そのまま親友になってる人もいるし、
仕事で出会ったはずなのに
プライベートまで一緒の人もいる。

人の紹介で出会って仲良くなったら、
紹介してくれた人とは疎遠になってきた…という
縁結び係の友達もいます。

つまり
出会いは一つじゃない、と言いたいわけです。

出会いのカタチはどんなでもいい。
心が動かされる出会いを手にしてください。

そしてもし、
ペットを迎えたいと思ったあなたの気持ちに
考える視野と余裕があったら、
明日どうなるかもしれない子たちに
目と心を向けてみてください。

私も運命の出会いを信じて
成犬からの共同生活を実践してみます。

ペットとの暮らしはそれだけで
人生を何十倍にも豊かにしてくれます。
私も人生が豊かになった一人です。
だから動物対話の世界を形にしました。
この世界をたくさんの人に知ってほしいから。

人とペットが
今よりもっと幸せに暮らせる社会が
一日も早く実現しますように。

人とペットがともに暮らすことのすばらしさを
ひとりでも多くの人が体験されますように。

そう願ってやみません。


これで
「殺処分日が決まっていたワンコ」シリーズは
ひとまず終えます。
だって、もし私がかなだったら、
いつまでも「殺処分対象だった子」なんて
言われたくないもの。
でも、今回は経緯を知ってもらいたくて
あえてこのタイトルにしました。


過去の話をされたくないのは
福島出身のもよちゃんもぼーずも同じでした。

もよちゃんは
「震災猫で里子に出したけど帰ってきた」
という話をされるのが大嫌いです。
その話をするとすごく寂しそうな空気を醸して
その場を離れます。

ぼーずは唯一の男の子だったので
里子に出そうとしていました。
彼はずいぶん大人になるまで
「ボクおうちにいていいの?」と
気を使っていました。
動物対話を理解する前の時代のこととはいえ、
その言葉を聞くたびに私が辛かった。
ぼーずに悪いことしたな…って。

今を生きている動物たちだって
過去のことは覚えています。
そして心に傷を作ることもあります。
人がそれを理解しないから
彼らは人知れず傷ついて、
でもその傷を隠しながら
今を懸命に生きています。

かなが愛護センターにいた話は過去のこと。
今は、はなんファミリーの一員として
我が家のルールを覚えてもらうことが
最重要課題です。

大事なのは今。
今どういう状態なのか。
どうなるのが最善なのか。
それを考えて
最善の道を実践していくことが
幸せになる方法だと思います。

これも
ペット達から教わった
「人生をよりよく生きる方法」の一つ。


今、あなたは理想の状態にありますか。
理想の状態にしようとしているところですか。

YESだったら間違いなくいい人生を歩んでいるはずです。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
殺処分日が決まっていたワンコ-5 過去、現在、未来。
2019年10月15日 (火) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から殺処分予定日が決まっていた犬を
新しい家族として迎えました。
備忘録としてつらつらと書いています。

「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
「殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定」
「殺処分日が決まっていたワンコ-3 動物対話士目線で見る縁って…?」
「殺処分日が決まっていたワンコ-4 先住ペットたちの反応」


…ということで、
新人シニアシーズーのかなが来るまでと
かなが来てからの10日間について、
ざっくりと書いてみました。

人見知りしない。
犬見知り猫見知りもしない。
体調も特に問題なさそう…ということで、
今のかなには特に問題はありません。
保護犬という視点で見ると
大変恵まれていたと思います。

けれど、ひとつ大問題が…。

トイレトレーニングが全くできていません。
ケージ暮らしがメインだった台メスあるあるです。

※台雌(だいめす)
繁殖用(出産専門)の女の子ワンコ。
対して繁殖用の男の子は種牡・種犬と呼ばれる…。

 
トイレシートは寝るところだと思ってる…。
それが使用済みであっても。
シートの肌触りが心地いいようです。
糞尿は全く気にしません(^^;

なので用を足すのは床の上…。
トイレシートがあってもあえて外す。
寝床を汚すのはイヤだという意識はあるようです。
トイレシートは寝床ではないんだけどね…(^^;

これこそ動物対話士の出番ですね。
まずは「トイレシートとは何か」を
伝えるところから始めなければなりません。
今までは優しく伝えていたけれど
今回はがっちり叱りました。
叱られるとわかった時のかなの逃げ足の速さ!
これはずいぶん前から繰り返し続けていて、
怒られることを知っている動作です。

・・・。

知ってて直さない推定7歳。
つまり7年(人間で言うと50年近く)の間
ずっとそれでよかった生活をしていたということ。
これをひっくり返すのは
相当な長期戦になりそうです(-_-)
でも「対話」の心を忘れずに、
かなと関わっていこうと思います。

動物対話士として、
そして、家族の一員として。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
殺処分日が決まっていたワンコ-4 先住ペットたちの反応
2019年10月14日 (月) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から殺処分予定日が決まっていた犬を
新しい家族として迎えました。
備忘録としてつらつらと書いています。

「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
「殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定」
「殺処分日が決まっていたワンコ-3 動物対話士目線で見る縁って…?」


8月5日の月曜日に
「今週末には殺処分予定です。誰か預かって!」
という呼びかけ投稿から6分後に
「預かりではなく引き取りたい」
という連絡をしてからちょうど2か月目に
沖縄から東京にやってきた新人シニアシーズー。
沖縄弁で「かわいい」という意味の「かなさん」から
「かな」と名付けました。



我が家に来た翌日には、
すでに先住ペットたちを尻目に
私のお腹を枕にして寝る大胆さ。

そんな新人をうちの子たちはどう迎えたのか。
そして、
新人を迎えるまでにどんなことをしたのかを
綴ってみます。


まず、改めてうちの子たちをご紹介。

シーズーの
ぼーず兄さん。15歳♂

なんで横になるんだ???(^^;

ぼーずは目が不自由です。
なので新人さんが来ても
ほとんど気にする様子がありませんでした。
本当はかなとくっついてくれたら
ワンコ一人という環境から抜け出せるから
ぼーずにとっていいかなぁと思っていたのですが、
そこはかなの役目ですね。
かなに
「かーちゃんじゃなくて
ぼーず兄さんのところのほうがいいよ」
と言ってますが、
私のあとばかりついて回るので
私の言葉を覚え始めたばかりのかなには
まだ理解が難しいかな、と(^^;

もよちゃん。8歳♀


千晴さん。4歳♀


吉くん。2歳♂


この3猫たちの中ではちーちゃん@千晴さんが
一番変化がありました。
我が家いちのツンデレで、
滅多に甘えてこないちーちゃんでしたが、
かなが来てからというもの、私のそばにいることが増えましたし、
抱っこしてーとゴンゴン頭をぶつけてくることが多くなりました。
「猫はいつも誰か欠けてて3匹一緒にいることが少ない」
というのはちーちゃんのことでした(^^;

それが、人の目を気にせずに
「私ここにいるの!かわいいかなちゃんここにいるの!!」
って主張してくるかなを見て、
「あ、そんなことしてもいいんだ」って感じ。
うちの子たちは犬も猫もみんな
かなほど強く甘えてくる子はおらず、
サラッとしたかかわり方が普通と思っていたんです。
なので、かなからカルチャーショックを受けたと言っても
過言ではないのでしょう。

そんな彼女、一見我関せずだけど
ちゃんと距離感をはかっています。
吉とのかかわりで新人の迎え方の加減を覚えた感じ。
かーちゃんとしては意外な嬉しさを感じています。
…とはいうものの、相変わらず吉には厳しいけれど…(^^;

今ちーちゃんは
「自分の感情に素直になる」
という練習をしています(^^)


そしてもう一匹、意外だったのが吉。
なんだか威張ってるんです(笑)
「オレの方が先輩なんだからなー!」って。
で、
お姉ちゃんたちにされたように
通りすがりに猫パンチを出してみたりして(笑)
けどかなはほとんど動じない…。
最近では威張っても無理と分かったのと
追いかけっこができないと諦めたのとで、
においを嗅いでどんな生き物なのかを
確認する作業に移行しました。
これから寒くなりますし、
お団子になって寝る姿を見るのも
そう遠くないことと思います。

もよちゃんは相変わらずです。
どんなときでも自分が最優先されるのを知っているから。
でも、かなに「私が先輩なんだからね」という
アピールはしっかりしています。

かなが我が家に来て10日。
今のところ大きなトラブルもなく
それぞれがそれぞれのペースで過ごしています。

次はかなのこれからの課題についてを書いて、
このシリーズは終わりにしたいと思います。



続く




-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
【災害SOS電話】ペットさんたちの不安を取り除く方法 その2
2019年10月13日 (日) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

台風19号の関東通貨から一夜明け、
各地から被害の様子が聞こえてきています。

幸い杉並サロンは何一つ被害なく、
いつも通りの朝を迎えました。
台風一過。2019.10.13

台風王国沖縄に住んでいる友達から譲り受けたシーサーは
今回も門の上で悠然としていました。
サロンはこの子たちに守られていると言っても過言ではないでしょう。
台風19号を耐えたシーサー

昨日のブログ記事では、
ご家族がペットさんの不安を取り除く方法をUPしました。
今日は私がペットさんの不安を取り除く方法をUPします。

毎回災害が起こるたびにさせていただいてますが、
今回もいつもと同じように
被災地域の方限定で電話による無料セッションを行います。


今回の台風被害で不安や異常行動がみられるペットさんへ、
動物対話協会本部にて無料の電話セッションを行います。

<自然災害に伴う無料電話セッション詳細>

●対象となる方:
・このたび(台風15号19号共)の自然災害によって
 ご自身またはペットさん、またはその両方が不安で仕方がないという方。
 ペットさんのいつもと違う行動が心配な飼い主さん。

今回から、
東日本大震災や熊本地震をはじめとする自然災害によって
仮設住宅からまだ戻ることができない方も対象範囲に含めました。


対応時間:(当面の対応です)
9-20時で伊東はなんの空いている時間
(10回鳴らして出なかったら対応できない時間だと思ってください)

●電話のかけ先:
03-6304-3138(HANAn内)

●料金:
ご自身の通話料のみご負担ください。セッション料は不要です。

<1通話15分程度以内をめどにお願いします>


一日も不安から脱出できますように…。



私にできることは限られています。
だからこそ、できることをできるだけ行いたいと思っています。


もしこのセッションがお役にたって
お礼をしたいという気持ちが湧きましたら、
ぜひ伊東はなんの存在を多くの方に広げてください。
私が役に立つ機会を与えてくださることが一番嬉しいです。

お外組のしっぽたち、犬猫だけじゃなく、
鳥もウサギも、虫たちも、
もちろんお外組の人たちも、
みんなみんな無事でありますように。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
ペットの不安を取り除く方法
2019年10月12日 (土) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

台風19号が大変なことになっていると
ニュースではしきりに叫んでいます。
HANAnサロンのある杉並区は午前9時現在、
雨の勢いはすごいものの、
電車も走ってるし、電気も水も生きてます。
今のところ日常を過ごしています。
朝から何人もから「そちらは大丈夫ですか?」と
ご連絡をいただいてます。
ありがとう!今のところ大丈夫です。
何かあったらSOSを出すので、その時はお願いします!!

ところで今回の台風ですが、
史上最大規模の台風と報道されていて
不安になっている方も多いと思います。
音や気圧の変化に敏感なペットさんも
同様に…。

今日は動物対話士的、
「荒天時にペットの不安を取り除く方法」
をお伝えします。

これはペットさんの種類にかかわらず、
そして人間同士に置き換えても大丈夫です。


まずは狭い部屋でひとところに固まりましょう。
うちはリビングがメインで~…という場合は、
その中の一か所にラグを敷くなどして
その上に集まりましょう。
それで「狭い空間」が演出できます。

で、
触れられるくらい近い場所にいましょう。
そして、明るい方がいいです。
明るいとなぜか
「大丈夫」
という気持ちになるんですね。


そして、BGMは
ヒーリングミュージック等がいいですね。
そういうのを持っていないときは
大好きなミュージシャンの音楽を。

で、
あったかいものを食べましょう。
もしくはあたたかくなる服を着ましょう。
つまり、体温を上げましょうということです。

飼い主さんが不安だとペットさんも不安になります。
そして人間は、ペットさんの不安な様子を見て
また自分も不安になります。
これって不安の悪循環…。

人も含めた動物って、
不安になると動けなくなります。
体が固まって冷えてきます。
だから
不安を取り除くには
意図的に不安になることの逆をすることで、
意図的に取り除けばいいんです。


ありがたいことに我が家のしっぽたちはみんな
強風雨でも地震でも動じません。
お空組の子たちも。
かーちゃんに似たせいならいいんだけど…(^^;

けど、念には念を入れ…ということで、
一番狭い部屋に私がいます。
私がいるとみんな集まってくるから。
で、30分とか1時間に1回くらい点呼します。
犬たちは寝てるだけだから確認しやすいのだけど、
猫は一人でいることもあるから。
ひとりでいることで気をひきたい子もいるのでね(^^;
そこで探してくれて呼び寄せてくれることが
その子にとっての安心につながるのです。


今回の台風の規模、大きくて怖いですよね。
でも、まずはあなたが「大丈夫っ!」って思いましょう。
ママが、パパが、ドキドキしてたら
その不安と緊張は子供たちに移るからね。
おいしいものを一緒に食べて
ホッとした気持ちになろう♪
おしくらまんじゅうとかして体温感じましょう。


今回の台風の被害ができるだけ小さく済みますように。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
夏場のペットの移動について
2019年10月11日 (金) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から殺処分予定日が決まっていた犬を
新しい家族として迎えました。
備忘録としてつらつらと書いています。

「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
「殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定」

-----

「代表も私も、はなんさんとこに行って欲しいです!
実は、ヘリをチャーターしてお迎えに行きますというお申し出もあったんです。
でも、私達は最初からはなんさんのとこに送り出す気でしたので…。
最初からはなんさん家に行かせるつもりでしたから、名前もお願いしました。」
…という保護団体理事さんのありがたいお言葉で、
我が家の一員になることが決まったシーズーさん。
かなという名前になって、新しい生活をすることになりました。

この子をうちの子にしたいと思ってから
実際に我が家に来るまで丸2か月を要しました。
短頭種だったため、飛行機に乗せることができなかったのです。

短頭種と夏場の移動(飛行機)については
私が調べた限りの情報ですが次の記事でまとめます。


で、
縁って何だろう…なわけです。

私が思う縁とは「関わり」のことを指します。
縁が深いというのは「関わり方が深い」。
縁がないというのは「関わりがない(知らない)」。

それがいい結果であろうとなかろうと、
関わりがあったということは縁があったということ。

それは今世で出来た縁もあるし、
過去世からのつながりが今に影響を及ぼしているものもある。
動物対話士としてペットさんと飼い主さんの関係改善の
お手伝いの仕事をしている私ですが、
その一環として「霊査(スピリチュアルカウンセリング)」もしています。
そうすると、今世で出来た縁と思っていたものも
紐解いてみると過去世からのご縁の続き…ということも
よくある話だったりします。

でもね、
過去世からの縁だとしても、今世で出来た縁だとしても、
実はそれを探る必要なんてあんまりないです。
知ったほうがいい時って、
どうしても解決したい問題があって、
でもその糸口がどうしても見えなくて
途方に暮れてしまった時くらいです。
それ意外は「今起こっている出来事」に集中すればいい。
過去にすがって過去のせいにしたところで
何の解決にもならないもの。

大事なのは過去より今。
いい今の積み重ねがいい過去になり、
いい未来を作る土台となるのだから。

私がかなと出会ったのも縁。
芽依に似てるという今世レベルのところにピンと来たのか、
もっと深いところで繋がっていたのか…、
私自身は知る必要はないと思ってます。
それより大事なのはこの子を迎えたいと思った気持ち。
そして、この子が加わった事によって起こる
既存のしっぽの家族たちの変化のフォロー。

でも、それだけじゃつまらないよね(笑)
普段はうちの子にはしないけど、
せっかくの機会なので私とかなの関係を紐解いてみました。


まず一つ言えるのは、芽依の分霊だろうということ。
やる事なす事のいちいちがそっくり。
でも、生まれ変わりではないのです。
彼女がお空組になったのは一年半前のことなので。
そのころかなはすでに何回も出産している大人ワンコだったから。

私のいうところの分霊というのは
ソウルメイト、みたいな感じ。
元は同じ一つの魂だったけど、
生まれ変わるときにそれぞれの目標に応じて
しかるべきところに生まれる、みたいな。
元が同じだったから特徴も似ていたりするというわけ。
分霊が集まってくるということは、
それだけ私に伝えたいことがあるということなのね。

彼女たちが伝えたいこととは、
「もっと無邪気に生きていいんだよ」ということ。
まだまだ我慢の多い生き方をしてるみたいです、私。
で、もう少しさかのぼってみてもいいけれど、
私の内側暴露大会になりそうなのでやめておきます(笑)

今は私とかなの関係を見てみたけれど、
どんな人間同士の出会い(縁)も、人と動物との出会いも、
互いへの影響力を持った者通しが出会うというのは
決まっているみたい。

「袖すりあうも他生の縁」

っていうしね。

※袖すりあうも他生の縁
袖が触れ合う程度のすれ違いでも、
過去世で会っている証拠なんだよ
という意味


かなが私のところに来た理由は
もちろん「対話」を学びに、です。
対話を学んだ先にある楽しさを知るために
私のところに「今」来たのです。

もし芽依と同じタイミングでうちに来ていたら
わたしはまだまだ上手に動物対話はできなかったし、
そもそもそれを仕事にもしていなかった時期でしたから。
でも今、動物対話について社団法人を立ち上げて
それを世に広めようとしているくらいまでになったので
やっとかなは安心して対話を学びに来れた、という次第。

だから対話が必要な状況も合わせて持ってきています。
彼女、トイレのしつけが全くできてない…(^^;
用を足すのはいつも床の上。
目の前にトイレシートがあってもあえての床の上。
しかもおしっこしてあるトイレシートの上で寝るし…。

よく考えたら私、トイレトレーニングなんてしたことないわ。
うちの子たち、みんな気がついたらいつの間にか
トイレシートをちゃんと使ってたしなぁ…。

これはもう、動物対話協会の代表として、
是が非でも覚えてもらわねばなりません。
それとも私が根負けするかな?
対話を重ねることで結実するということを、
今一度実践する場を与えられました(^^;

これも縁、ですね。
この出会いには、私にもかなにも
必要な学びが用意されていました(笑)

あなたのしっぽの家族とあなたとのご縁は
どんなものでしょうね。
セッションでお伝えできますよ♪
今月から45分のお値打ちセッション
新メニューとして登場ました。
ぜひご体験ください。

次はかなが来てからの
先住さんたちの変化について書いてみます。


続く




-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
殺処分日が決まっていたワンコ-3 動物対話士目線で見る縁って…?
2019年10月10日 (木) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から殺処分予定日が決まっていた犬を
新しい家族として迎えました。
備忘録としてつらつらと書いています。

「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
「殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定」

-----

「代表も私も、はなんさんとこに行って欲しいです!
実は、ヘリをチャーターしてお迎えに行きますというお申し出もあったんです。
でも、私達は最初からはなんさんのとこに送り出す気でしたので…。
最初からはなんさん家に行かせるつもりでしたから、名前もお願いしました。」
…という保護団体理事さんのありがたいお言葉で、
我が家の一員になることが決まったシーズーさん。
かなという名前になって、新しい生活をすることになりました。

この子をうちの子にしたいと思ってから
実際に我が家に来るまで丸2か月を要しました。
短頭種だったため、飛行機に乗せることができなかったのです。

短頭種と夏場の移動(飛行機)については
私が調べた限りの情報ですが次の記事でまとめます。


で、
縁って何だろう…なわけです。

私が思う縁とは「関わり」のことを指します。
縁が深いというのは「関わり方が深い」。
縁がないというのは「関わりがない(知らない)」。

それがいい結果であろうとなかろうと、
関わりがあったということは縁があったということ。

それは今世で出来た縁もあるし、
過去世からのつながりが今に影響を及ぼしているものもある。
動物対話士としてペットさんと飼い主さんの関係改善の
お手伝いの仕事をしている私ですが、
その一環として「霊査(スピリチュアルカウンセリング)」もしています。
そうすると、今世で出来た縁と思っていたものも
紐解いてみると過去世からのご縁の続き…ということも
よくある話だったりします。

でもね、
過去世からの縁だとしても、今世で出来た縁だとしても、
実はそれを探る必要なんてあんまりないです。
知ったほうがいい時って、
どうしても解決したい問題があって、
でもその糸口がどうしても見えなくて
途方に暮れてしまった時くらいです。
それ意外は「今起こっている出来事」に集中すればいい。
過去にすがって過去のせいにしたところで
何の解決にもならないもの。

大事なのは過去より今。
いい今の積み重ねがいい過去になり、
いい未来を作る土台となるのだから。

私がかなと出会ったのも縁。
芽依に似てるという今世レベルのところにピンと来たのか、
もっと深いところで繋がっていたのか…、
私自身は知る必要はないと思ってます。
それより大事なのはこの子を迎えたいと思った気持ち。
そして、この子が加わった事によって起こる
既存のしっぽの家族たちの変化のフォロー。

でも、それだけじゃつまらないよね(笑)
普段はうちの子にはしないけど、
せっかくの機会なので私とかなの関係を紐解いてみました。


まず一つ言えるのは、芽依の分霊だろうということ。
やる事なす事のいちいちがそっくり。
でも、生まれ変わりではないのです。
彼女がお空組になったのは一年半前のことなので。
そのころかなはすでに何回も出産している大人ワンコだったから。

私のいうところの分霊というのは
ソウルメイト、みたいな感じ。
元は同じ一つの魂だったけど、
生まれ変わるときにそれぞれの目標に応じて
しかるべきところに生まれる、みたいな。
元が同じだったから特徴も似ていたりするというわけ。
分霊が集まってくるということは、
それだけ私に伝えたいことがあるということなのね。

彼女たちが伝えたいこととは、
「もっと無邪気に生きていいんだよ」ということ。
まだまだ我慢の多い生き方をしてるみたいです、私。
で、もう少しさかのぼってみてもいいけれど、
私の内側暴露大会になりそうなのでやめておきます(笑)

今は私とかなの関係を見てみたけれど、
どんな人間同士の出会い(縁)も、人と動物との出会いも、
互いへの影響力を持った者通しが出会うというのは
決まっているみたい。

「袖すりあうも他生の縁」

っていうしね。

※袖すりあうも他生の縁
袖が触れ合う程度のすれ違いでも、
過去世で会っている証拠なんだよ
という意味


かなが私のところに来た理由は
もちろん「対話」を学びに、です。
対話を学んだ先にある楽しさを知るために
私のところに「今」来たのです。

もし芽依と同じタイミングでうちに来ていたら
わたしはまだまだ上手に動物対話はできなかったし、
そもそもそれを仕事にもしていなかった時期でしたから。
でも今、動物対話について社団法人を立ち上げて
それを世に広めようとしているくらいまでになったので
やっとかなは安心して対話を学びに来れた、という次第。

だから対話が必要な状況も合わせて持ってきています。
彼女、トイレのしつけが全くできてない…(^^;
用を足すのはいつも床の上。
目の前にトイレシートがあってもあえての床の上。
しかもおしっこしてあるトイレシートの上で寝るし…。

よく考えたら私、トイレトレーニングなんてしたことないわ。
うちの子たち、みんな気がついたらいつの間にか
トイレシートをちゃんと使ってたしなぁ…。

これはもう、動物対話協会の代表として、
是が非でも覚えてもらわねばなりません。
それとも私が根負けするかな?
対話を重ねることで結実するということを、
今一度実践する場を与えられました(^^;

これも縁、ですね。
この出会いには、私にもかなにも
必要な学びが用意されていました(笑)

次はかなが来てからの
先住さんたちの変化について書いてみます。


続く




-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定
2019年10月09日 (水) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

前回の記事
「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
の続きです。

2019年8月5日にこの記事を目にしたことから
私の中のいろいろが動き出しました。
かな-1
かな-2

一見して昨年4月にお空組になった芽依の目を思い出しました。
芽依の年齢と保護された子の年齢を考えると
120%ありえないのですが…。
(でも分霊というレベルで考えれば、ありえなくもないのよね。
 この辺は長くなるので、いつか気が向いたら…)

170505芽依

たまたまこの保護団体の代表さんと知り合いだったので、すぐに電話しました。
「この子、どうなりました?まだお声がなければうちで引き取りたいのですが」と。
8月5日の夕方。
記事が投稿されてから6分後のことでした。

当然そんなにすぐでは、まだ何のアクションもなく、
私が問い合わせの一番乗りだったそうです。
あまりに早すぎる連絡に、代表もびっくりしていたと
後日談をもらったほど(笑)


今までたくさんの「里親募集」を目にしてきましたが、
私一人でお世話することを考えると…という状態でした。
それはここ数年のお空組への見送りラッシュが続いても、
まだ迎える思いは沸いてきませんでした。
そんな中、
どういうわけか吉だけは躊躇せず迎えてしまったのだけど…。
改めて東京の病院で検査します
2017年11月末の福岡空港にて飛行機に乗る前の吉。
生後3か月くらい。まだまだあどけなさ満載。


ゆくゆくは志乃の生まれ変わりを…と思ってはいたけれど、
まだ時期尚早だと思っていました。
だからと言って替わりのシーズーを求めたいわけでもなかった。
それに、仮にシーズーを迎えたいと思っていたとしても、
シーズーという視点で見れば東京にも関東近県にも
里親を募集しているシーズーはいたと思う。

でも、シーズーがほしいわけではなかったんです。
「あの子」を迎えたかったのです。
芽依に似たあの子を…。


それから数日後、保護団体の代表さんから連絡が来ました。
「東京から「里親になりたい」という思いにリスペクトされました。
あの子の名付け親になってください。」と。

実は問い合わせをしたときから
すでにうちの子になったときのことを考えて
名前は考えていました。
沖縄の子であることを意識してうちなーぐち(沖縄弁)を取り入れ、
うちの子ルールに沿った名前…。
それが

かな

でした。

年も年なので(センター職員推定12歳)ちゃん付けはないな、と。
さんづけだったらちょうどいい言葉がある。
「かなさん」というのは「愛らしい」「かわいい」という意味です。

もよちゃんに
「かなちゃんっていう、芽依ねーさんみたいなワンコが来るからね」
って言ったら
「はなちゃんみたいね」って。
確かに音は似てる(笑)
猫だって言葉を聞き分けられるんです。


さっそく代表に「かな」という名前を報告しました。
かなの一時預かりさんは、さっそくその名前で彼女を呼んでくれました。
預かりさんは団体の理事さんだったのですが、
とても愛情深く預かってくださり、こまめな近況報告をくださいました。

でも、「はなんさんのところに行きますからね」という話が出ず、
けれど近況報告は来る…。
さて、これはどういうことか。
名付け親への敬意?と、モヤモヤすること数日。
意を決して、
「かなちゃんはうちの子ということで大丈夫なのでしょうか」
と聞きました。
理事さんからは
「もちろんです!代表も私も、はなんさんとこに行って欲しいです!
実は、ヘリをチャーターしてお迎えに行きますというお申し出もあったんです。
でも、私達は最初からはなんさんのとこに送り出す気でしたので…。
最初からはなんさん家に行かせるつもりでしたから、名前もお願いしました。」

ヘリをチャーターして…?!
そっちに里子に行ったほうが幸せなんじゃないか…と思ったりもしましたが、
ここは団体さんのご厚意に甘えることにしました。

その後、
ワンコだけ空輸してもらって私の旅費を寄付するのと
私が迎えに行くのと、どっちがいいかという相談をしたり、
それはそれは事細かに相談に乗ってもらい、
私がお迎えに行くことで全員一致をみたのでした。


その後も理事さんからは事あるごとにかなの写真を送ってくださり、
私も里親としての自覚がしっかりと根付いていくのでした。

そもそも元はこんなでした…。
かな@愛護センター

それが…、
かな初散歩@沖縄
かな20190812
かな20190819
団体理事さんのかなへの愛情がお顔の差に出ています。
佐久間さん、本当にありがとうございます。


続く




-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ
2019年10月08日 (火) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

10月2日から5日まで沖縄にいました。
猫たちはたっぷりのお水とご飯を置いて。
ぼーずはトリミングサロンにお願いして。

今回の訪沖はいつもとは違う特別なものでした。
殺処分予定日の決まっていたワンコを家族にしようと決め、
その子のお迎えのための沖縄入りでした。

実は保護犬を迎えるのは人生初。
保護団体さんから譲渡してもらうのも初です。

うちにも保護っ子はいます。
猫たちは全員保護っ子で、もよちゃんと吉は私が、
ちーちゃんは友人が、それぞれ個人で保護して
そのままうちの子になったパターンでした。

そもそも私は保護団体さんからしたら
譲渡対象外だと思っていましたので、
こちらから積極的なアプローチもしませんでした。

というのも、
・年齢制限あり
・自営業は要検討させてください
・泊りがけの出張がある場合は
 同居の家族がいないとダメです
・留守版の時間が長い人はご勘弁
…みたいな条件のところがほとんどで、
私は年齢制限以外のNG要素の
すべてに当てはまってしまうという…(^^;

犬だって人だって同じ「家族」でしょ。
人間の子どもにも保護犬たちと
同じことが言えますか?って話です。

年を取ってから子どもを産んではいけません。
子どもの留守番が多くなりそうな仕事に就いている人は
親になってはいけません。
って言われたらどうします・・・?

「だって人と動物は違うでしょ」という人も
いることは承知しています。
でも、動物対話の世界はそこに境界線を持ちません。
家族の一員として、人も動物も同じ目線で見ます。

人間の子どもだってお留守番はします。
年を重ねてから生まれた子供さんだって
幸せに育ちます。

いろいろな考え方がある中で、
私は動物対話士として
家族がどんな条件だったとしても
そこに「家族としての日常的な幸せ」が
あればいいと思っています。

お年寄りと暮らしたっていい。
留守番が長くてもいい。
一緒にいる時間がそれぞれを尊重した時間だったら
それでいいんじゃないかって思うんです。

…とはいうものの、
収容施設に入れられるような思いをした子たちに
「幸せ」とは何かを知ってもらいたい、
今度こそ幸せな生活をしてもらいたいという
保護団体さんの気持ちもよーくわかるので、
これらを否定する気は全くありませんけど、
そういうわけで、私の生活スタイルが
譲渡条件と合わないだろうことから
私には保護団体さんから新しい家族を迎えるという
選択肢はないと思っていました。

それが、出会ってしまったのです。
かな-1
かな-2
かな-3

2019年8月5日のことでした。

続く




-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット