FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
ぼーずの気持ちを聞いて切なくなった話
2019年02月14日 (木) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています、
動物対話士の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。


このごろのぼーず、だいぶ目が悪くなってきています。
目が悪くなってきたことや年齢的なこと(14歳半)もあって
ほとんど寝てばっかりですが、夜になると動き始めます。
言ってしまえば昼夜逆転なのですが、
夜が持つ独特な雰囲気も彼を不安にさせる要素の一つでしょう。
目が不自由になると他の感覚が鋭くなるのは人間も同じ。
気配にとても敏感になります。

芽依&ぼーず
4年前のぼーずと芽依。
このころからすでに見えにくくなっていたのだけど…。

そんな昼夜逆転気味のぼーず兄さんが、
先日の夜、玄関に向かって勢いよく吠えていたので
何事かと玄関に出てみましたが人の気配はなく。
一応、おお麻を玄関の外で焚いてお清めしましたが、
その時にぼーずが珍しくすり寄ってきたんです。

どうしたの?って聞いたら、
「かーちゃんの事、守るからね」って…。
ど~したのーーー?!ってよくよく話を聞いてみたら、
「ボクのことも守ってね…」って心細そうに言んです。
こんな弱気なぼーずは滅多にありません。
かーちゃんはびっくりするやらドギマギするやらです。


実はぼーず、昨年の夏前に
瞼にメラノーマができて除切手術をしてます。
それが最近再発して、急激に育ってきてて、
かかりつけの獣医さんで検査や相談をしてたところ。
来週には大学病院で精密検査の予約が入ってます。
なのでね、やっぱり不安なんです。
「ボクどうなっちゃうの?」って。
去年お空に帰った同胎の芽依も
ガンで2度も手術をしているのを見てるから
なおさらです。

自分の病気の不安が夜特有の不安と相まって
まるで自分の中の不安を追い払うかのように
玄関に向かって吠えていたのでした。
これはさすがに怒れない…。

それにしても、ぼーずは立派な男の子です。
男の子っていうより年齢的にも精神的にも
子供じゃなくて「男性」なのです。
元々「かーちゃんはボクの彼女!」って言うくらいですし。
なので、自分の事より彼女の心配をするわけです。
「守ってあげるからね」って。

吉とぼーず2019

でも、
今、本当に守ってほしいのはボクの事なんです。
強がりの奥の心細さを感じたときに、
「大丈夫だよ。かーちゃん、ちゃんとそばにいるからね」
って言いました。
何度も何度も言いました。
しばらくそうやってギューッとしてたら落ち着いたのか、
自分のベッドに戻っていきました。

なんかね、切なくなっちゃいました。
心の奥に大きな不安を抱えていながら
それを見せないぼーず…。
自分はさておき、まず私の心配をするぼーず。
健気だなぁって思いながら、
できるだけ彼のそばにいて
安心させてあげなきゃって思いました。

私がこう思えたのも、
ぼーずがちゃんと「ボクのことも守って」って言えたから。
彼が何も言わずにいたら気づけなかったかもしれません。
すごく手前味噌だけど、
ぼーずがちゃんとSOSを伝えてくれたのは
私を信頼してくれていたからに他ならないと思うのです。
信頼できない人には「助けて」なんて言えないもんね。
私とぼーずの14年はだてじゃないと安心しました。


守られながら守る。
守られるばっかりじゃダメ。
守るばっかりでもダメ。
お互い様の関係の中で、
バランスを取って生きていこうって改めて思いました。

こうしてぼーずを通じて、
男心というのを学ばせてもらうわけですね(笑)
こんなぼーずと暮らしているのですから、
きっと今の私は「男心のよくわかるいい女」なはずです。
けど、ぼーずほどいい男もなかなかいませんから
それを凌ぐような男気のある男性じゃないと
心は揺らがないでしょうねぇ♡(笑)

-----

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
まだまだ大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、
「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----

インスタグラムはじめました。
まだ使い方がよくわからなくて、
フォローとフォロワーの関係とか、
じょうずな改行のしかたとか、
そういうの、全然わかりません(^^;
けど、フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

たぶんいろんなものの中で一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
けど、愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。

-----

一般社団法人動物対話協会


            
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
【ご感想】期待7割、不安3割
2019年02月14日 (木) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています、
動物対話士の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。


ネットニュースで今年は異常気象だと書かれていました。
本来は一番寒い来週2月中旬に
15度を超える日があるだろうと予想されるとか。
本当にこのところ毎日過ごしやすくて
それはそれでありがたいのですが、
やっぱり寒い時期にはちゃんと寒いほうがいいとも思います。
寒ければ寒いで「寒すぎるー」って文句を言うでしょうにね(笑)
私はとっても贅沢者です(≧▽≦)


さて。

先日電話セッションを受けてくださった方から、
その翌日にご感想をいただきました。

「失礼な書き方かもしれませんが、本心を書くことが
セッションを迷ってる方の後押しになると思ったので書きました。」
って。
いえいえ、とんでもないです。
本当にありがたいです。
まっすぐな気持ちを書いてくださることが
セッションを受けようか迷っている方にとって
何よりも参考になるんです。

HANAnの個人セッションは
最初の10分をお試し時間として、
こちらが感じられることをお話しさせていただきます。
もしその時間中にあまりにも適当すぎると思ったら
ご返金するシステムを取っています。
その目安はお伝えする内容のうち
お心当たりが6割以上あったら…とさせてもらっています。
もちろん6割以上に相当するか否かは
飼い主さんであるクライアントさんが決めること。
私は腹をくくってクライアントさんのご判断を真摯に受け止めます。
これはHANAnだけでなく、
動物対話士はみんなそういうシステムです。

ここでクライアントさんがこのまま進めていいと感じてくださったら
その先はお互いの責任の下、返金なく時間いっぱいまで
クライアントさんの時間としてお使いいただけるようにしています。
この制度があるので安心して申し込めるという方も少なくありません。

そんな中、このようなご感想をいただけることは本当にありがたく、
動物対話士冥利に尽きます。

セッション後すぐにご感想を頂けたことも、
思ったことを正直に書いてくださったことも、
ありがたい、ありがたいと、
本当にパソコン画面に向かって手を合わせました。

これからも引き続き、伝わってきたことをまっすぐに、
飼い主さんとペットさんが今以上にいい関係になれるように
努力していこうと思います。

では、
期待7割、不安3割で臨まれセッションのご感想をご覧ください。
個人情報が特定できそうなところは伏字にしましたが、
あとはいつも通り、頂いた原文そのままです。

昨日※/※(※曜日)☆時のセッションでお世話になりました◎◎◇◇です。

○○ちゃんの霊視と会話ありがとうございました。

先生からお電話を頂く前はとても緊張して、ちゃんと○○ちゃんはお話してくれるかな、スピリチュアルなものを割りと信じる私でもHANAnさんは亡くなっている動物の霊視ってほんとにできるのかな?と期待7割、不安3割でした。
失礼な書き方かもしれませんが、本心を書くことがセッションを迷ってる方の後押しになると思ったので書きました。

実際、セッションを受けて本当に本当に良かったです!!

亡くなってまだ2週半しか経っていなくて、正直心もまだ安定しないところもありましたが、早いうちに○○ちゃんの思いを知りたい!と思ったのでネットで霊視できる方を色々調べ、HANAnさんに辿り着きました。

電話で最初に○○ちゃんの性格や生活の中での話など、具体的に伝えられた時にはそうそう、そうなんです、と頷いていました。
そして「○○ちゃんは◎◎さんのことを、ママではなくお姉ちゃんと呼んでいますね」と言われた時は本当に涙が止まりませんでした。
○○ちゃんとお話しする時は、自分のことをお姉ちゃんと言っていたので、○○ちゃんもそういう認識でいてくれたのが嬉しかったです!

あとはHANAnさんから「食べたい物をお腹いっぱい食べられなかったんだよー、って言ってます」と言われました。
実は○○ちゃんの食べ物に関する思いも気にかかっていたことではありました。腎臓が悪かったので、大好きだった食べ物もある時期からあげられなくなりました。長生きしてほしい一心で治療食をあげてましたが、やっぱり不満だったんだな、と申し訳ない気持ちと、やっぱりそう思ってたんだという苦笑いみたいな思いがありました笑

セッション中、終始○○ちゃんが「いつも通り、今まで通りにして、って言ってます」と言われたのがとても救われた気がします。

亡くなってから毎日、何で一人で逝ってしまったんだろう、と辛い日々を送っていましたが、先生にセッションをお願いして、○○ちゃんを近くに感じられて良かったです。

内容を伝えた母も号泣でした。またお世話になることがあるかもしれないので宜しくお願い致します。

◎◎◇◇



セッション中は便宜上、
女性クライアントさんは「ママさん」、
男性クライアントさんは「パパさん」と
お呼びしています。
けれど、ペットさんの通訳をしていると
それとは違った呼び方でクライアイントさんのことを
言っていると伝わってくることがたびたびあります。

クライアントさんが私を信頼してくれないと
ペットさんも私を信頼してくれませんから、
間違えては失礼にあたる必要最低限の情報
(お名前・性別・年齢)はいただきますが、
それ以上はこちらからは求めません。

そんな中で行われるセッションで、
クライアントさんが家族しか知らないはずの情報が
私の口から出た時、大抵の方は涙腺崩壊後に
この上なくうれしそうな笑顔になります。

それがペットさんにも伝わると、
そこから一気にペットさんの口数が増えるし、
伝えてくれる情報も鮮やかで明確なものになってきます。

今回は「お姉ちゃん」というフレーズが
そこに相当したのですね。
なので、
クライアントさんであるお姉ちゃんの心が開き、
それを感じたペットさんの心が開いた次第。
だからこそ、
ご飯の量が少なかったことや、
普通にしてほしい
(今はやりすぎなのでいつも通りに)
などというリクエストが届いたりしたのでした。

私たちは単なる通訳者ではなく、
人とペットさんの両方のカウンセラーとして存在しています。
どうぞ、ペットさんとのかかわりの中で
やりきれない気持ちが出てきたときには
動物対話士を使って上手に解消してください。

飼い主さんが元気でないとペットさんは元気になれません。
それは生きているペットさんはもちろんのこと、
お空に帰ったペットさんの魂だって同じことです。
私たちは人とペットさんの両方が笑顔になるために
全力で、できる限りのことをします。

ママさん改めお姉ちゃんへ♪
お礼のメールにも書きましたが、
今度はぜひサロンに遊びに来てくださいね。
下高井戸は春になると桜がきれいですよ。
下高井戸の桜


今、一緒に暮らしている子とのお話しも、
お空に帰って何十年も経った子とのお話しも
下記↓動物対話基礎講座でできるようになります。
よろしければどうぞ♪
今月は特別スケジュールにて行います。

-----

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

今月は2月23日(土)に初級と中級、24日(日)に上級です。
特に今月は遠方からの受講生のたってのご希望で
イレギュラーなタイムスケジュールを組みました。

2月23日(土)
10時-13時 初級
14時-17時 中級
17時半-20時半 初級

2月24日(日) 上級

飛行機が朝一番のクラスに間に合わないとのことで
急きょ組んだクラスです。
本来は初級から順に受けたほうが
きちんと理解できるのでお勧めです。
なのでこのようなスケジュールは組みません。
13年やってきて初めてのことです。

ではなぜこのようなスケジュールにしたのか。
それは受講希望者の方と
きちんと対話ができたからです。

どうしてもどうにかしてほしいという理由を
きちんと伝えてくださったので、
それならば!と私ができうる最大限のことをしました。

正直、クラスの受講順番が違うことで起こる弊害は予想できません。
だって予想と実際が同じとは限らないから。
でも、そこまでしてでも受けたいと言ってくださった方の
熱意にこたえたいと思いました。
きっとこの方なら大丈夫。
そう信じます。

次回また同じことができるかはお約束できません。
なのでもし、初級が朝一番じゃなかったら
私も受けられる!受けたい!という方がいたら
この機会をものにしてください。
まだお席の準備はできます。
お申し込みお待ちしています。
http://hanan.jp/school#i-3

-----
 
伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
まだまだ大々的に募集しています!
「私も感想送りたーい!」とか、
「まだ書いてないわー!」という方、
ぜひ皆さんのお声を聞かせてください。
皆さんの声が、文字が、たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。


インスタグラムはじめました。
まだ使い方がよくわからなくて、
フォローとフォロワーの関係とか、
じょうずな改行のしかたとか、
そういうの、全然わかりません(^^;
けど、フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

たぶんいろんなものの中で一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
けど、愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。


一般社団法人動物対話協会


            
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット