動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
久々に土いじり
2012年04月27日 (金) | 編集 |
今日は「終日×」の日でした。
と言ってもお仕事ではなく、
サロンのお手入れの日でした。

もよちゃんがいなくなって早20日。
彼女がいたころは葉っぱをかじられたり鉢を倒されたりで、
お手入れしてもなぁ…ってところがあったのが正直なところ(^^;
もよちゃんも新天地でがんばってるんだから
私もしゃんとしなきゃ!ということで、
植木のお手入れからはじめました。

カランコエ・ミリオンスターとブーゲンビリアは
育ちすぎて鉢とのバランスが悪くなってきたので
大きい鉢に入れ替え、
もよちゃんにかじられて小さくなったオリヅルラン(笑)は
一回り小さな鉢に移し、
かごやのお母さんからもらったミントは
水耕栽培していたら根がでてきたので
別のオリヅルランと寄せ植えにして…。
朝から雨が降る中、
サロンの玄関前で黙々と土いじりをしました。

やっぱりお手入れすると雰囲気が良くなるね(^^)
サロン全体がスッキリして元気になった感じです。

今はどのお部屋にも何かしらのお花があって
とってもいい感じ♪

そんな中、明日はアニマルコミュニケーション勉強会の
フォローアップクラスです。
5月のさわやかな風の中、
楽しんで勉強したいと思います(^^)♪


                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
生きているうちに話を聞く大切さ
2012年04月17日 (火) | 編集 |
先日アニマルコミュニケーションのタイミングという
タイトルで、大切なお友達の猫さんのセッションのお話しをしました。
今日ご紹介するのは先日セッションを受けてくださった猫くんのおはなし。
お医者さんにそう長くないことを宣告され、
安楽死も視野に入れた話し合いをしたいということで
緊急のお申し込みをいただきました。
飼い主さんにご許可をいただきましたので、
セッション後の感想メールをUPさせていただきます。

苦しんでいるわが子を見るのは忍びない。
この子は残された時間で何がしてほしいのか。
私は何をしてあげられるのか。
などなど、最後の最後まで心を通わせるために
アニマルコミュニケーションという手段を選んでくださったことに
心から感謝します。
このレターはたくさんの方の心に響くことと思います。
固有名詞は伏せさせていただきますが、
あとは全文、いただいたままです。

----------------------------------
HANAn様

こんにちは、○○です。
○日のセッションでは大変お世話になりました。ボロ泣きでまともにお話出来ずお恥ずかしい限りです…。
△日の容態急変以降、全くゴロゴロ言わず、目も殆ど合わせず、相づちも打たなかった◇◇が、セッション後、毎回ではありませんが、反応を返してくれるようになりました。
自分のメッセージが伝わって安堵したのでしょうか・・・表情も不思議なほど穏やかになり、優しい子供っぽい顔に戻りました。

私を「お姉ちゃん」と呼び、「兄弟のように思ってくれると云々」というのが少し意外だったのですが、私は子供の頃から、親兄弟とあまりうまくいかず、家族の中では孤立しておりました。
自宅での温かな愛情に満ちた思い出というと、思い返してみれば◇◇の事や、◇◇を通して起きた出来事ばかりで、真実、私は彼に守られていたと感じています。
私は兄弟関係に自信を失ってばかりだったけれど、そうか、彼は私の弟のつもりでいてくれたのか…、と理解し、感謝と驚きでいっぱいです。
この殺伐とした我が家に、自ら来てくれるなんて、嬉しいとはいえ不憫な子だなぁと思っていたのですが、「ボクならできる」と覚悟の上で来てくれたと知って、涙が止まらなくなりました。

悲しみや罪悪感や恐れに押しつぶされそうだったのですが、セッションを通して、大切な弟でありパートナーである彼を、最後まで心をこめてお世話する勇気を頂いたように思います。
本当にありがとうございました。
またの機会の折には、よろしくお願い致します。

○○=

----------------------------------

そしてもう一通。
メール掲載のご快諾のときにいただいた文章も、
まさに私が皆さんに言いたいことを文章にしてくださいました。
本当にこのメールがおっしゃることにつきます。

----------------------------------

HANAnさま

こんにちは、○○です。

~中略~

本当に、他の飼い主さんにも、ペットが生きているうちに、してあげられる事があるうちに、是非セッションを受けてみてほしいです。
私も、この子がもっと元気なうちにセッション受けていれば…と悔やむ気持ちも多々あります。
この子の為に、私だからこそ出来る事や、一緒に楽しめる事、この子が気付いて欲しかったけど私が察してあげられなかったことが、たくさんたくさんあったんだろうな…と…。

HANAnさんが仰る通り、飼い主が言うのもなんですが、◇◇は本当にしっかりした凄い子です。
昨日今日も、この子がグッタリ横たわる傍で私がボロ泣きしていると、ニャッ!と声を上げたり、そんな状態にも関わらず突然起き上がって、もう立つ事すら難しい足で転びそうになりながらトイレに行って頑張る姿を何度も見せてくれる、ガッツのある猫です。
本当、頭が下がります…。

末期の苦しみを目にして、一時は安楽死も考えましたが、私の場合は不安や喪失への恐怖のあまり、この子本来の明るいお日様の様な性格を失念していました。
悲しみに支配された心で判断を下す前に、セッションでこの子の意思を確認できたこと、「体は苦しくても、心は苦しくない」「今後、体は死に向かって変化していくけど、その状態につき合って欲しい」等、この子からのメッセージを伝えられたことで、どんな状態になっても傍にいて、自分ができることをしよう、という覚悟ができ、本当に良かったです。
正直、過去や未来のことを考えると、後悔や悲しみや恐れは止みませんが、セッションでの◇◇からのメッセージや、HANAnさんのあたたかな励ましを胸に、「今ここ」一瞬一瞬を大切に過ごしていきたいと思います。

またお世話になることがありましたら、どうぞよろしくお願い致します。
ではでは…、乱筆乱文ではありますが、失礼致します <(_ _)>

○○
----------------------------------

生きているからこそしてあげられることというのがあります。
猫くんの飼い主さんはそれをしてあげられて本当に良かった。
残された時間を思い残すことなく、濃密にお過ごしください。
「この子に出会えてよかった」という思いだけで見送れるように…。

かくいう私、実はちょっとしたペットロス中。
もよちゃんが福島に行ってしまってからというもの、
やっぱり落ちてます(^^;
いろいろ勝手が分かっているだけにツライというのも
正直、無きにしも非ずですが、
急いでそれを越えることもないと思ってます。

それぞれにおこることはそれぞれに必要だから。

そう考えると、私にはまだまだやらなければいけないことが
山ほど残されているようです。

ということで、近々もよちゃんに関する記事をUPしますが、
もよちゃんと私はただ今ホームシック&ペットロス中。
ひとしきり落ち着いたらUPするのでもうちょっと待っててね。
いいご家庭に決まりましたのでご安心くださいませね(^^)/


                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
もよちゃんのこと
2012年04月10日 (火) | 編集 |
昨日はブログの記事を見たという友人から
メールや電話、ツイッターの返信等で
たくさんいご心配をただきました。
みんな、本当にありがとう。
おかげでだいぶ落ち着きました。

ツイッターではつぶやいたのですが、
さすがに10ヶ月も密に暮らしていたらお別れは寂しくて、
ちょっとしたペットロス状態でした。
数多くのペットさんとお話しをして、
ペットとしての役割や
その家に行く理由などがあることは知っているはずなのに、
やっぱりお部屋の空気が静かなのは妙に寂しくて。
元に戻っただけなのにね。

もよちゃんのことを思うと、
彼女の身を案じる親心と
アニマルコミュニケーターとして
魂の成長が大事と思う心とが葛藤を始めます。
みんなは「ペットの気持ちが分かるっていいよね」って
言ってくれますが、分かるがゆえに悩むということもある。
特にわが子同然に育ててきた子なので客観視はとても難しく、
今日は一日中、私の中で二人の人間が議論している感じでした。

親心な私はこう言います。
「環境が変わることはストレスだろうから、
 やっぱり連れ戻したほうがいいのではないか」と。
一方、アニマルコミュニケーターの私は
「先を見据えると、結果はどうあれ新しい環境にいるほうが
 あの子の魂の成長に繋がる」と感じさせられています。
連れ帰りたい私と、もよちゃんの魂を成長させたい私。
どちらも正直で捨てがたい私の本音です。

昨日も今日も、今も、もよちゃんの心に気を配っています。
すると返ってくるのは決まって
「がんばってるんだからだまって見てて!」という思い。
けど、その裏には心細くて半べそなもよちゃんも届いてきます。
このガンコさ、私にそっくり…(^^;

そんな時、もよちゃんがある夜、私と入れ違いに
お外に出てしまった日のことを思い出しました。
ビックリしてあとを追いかけたり探したりしましたが、
ある瞬間ふと
「出たくて出たんだから、帰りたくなれば帰ってくるだろう。
 帰りたくなければ帰ってこなくても仕方ない。元々野良だったし…」
という思いがよぎり、捜索をやめてサロンに戻りました。
翌朝早くに猫の鳴き声がするので窓の外を見たら
もよちゃんがいました。
「ただいまー。ちょっとー。はやくあけてよー」
って威張ってる(笑)
相手を信じて任せるということの大切さと、
それをすれば悪いようにはならないというのを
このときすでに身を持って体験していたのです。
それを思い出してからは心配度が格段に減りました。
なるようになるさ。けせらせら。

福島に行く前の日、もよちゃんは最後のお散歩をしました。
もし、よそで暮らすのが本当に嫌なら家出してもよかったんです。
それが彼女の意思表示になるから。
そして数日たって帰ってくればよかった。
実際そういう話をもよちゃんにしたこともありました。
でも、呼んだらちゃんと帰ってきてくれました。
もよちゃんは自分の道を自分で切り開いてみる道を選択したのです。
その選択の結果が吉と出ても凶と出ても、
もよちゃんが自分で選んだ結果なら彼女も納得するでしょう。
私はそう思ってます。
がんばってみたけどダメだったならその労をねぎらって、
何事もなかったようにあたたかく迎え入れます。
それが親の役目。
がんばった結果、戻らずにすんだら
その努力と新しい門出を祝福するのもまた親の役目。
私はそう思います。
人間の親にはなったことがないけれど、
動物たちを通して子育てを体験させてもらってます。
きっと親ってこういうものなんだろうなぁと思いながら…。

だから私はもよちゃんを信じて日曜日を待ちます。
私はもよちゃんがどっちに転んでも
快くその状況を笑顔で受け入れますよ。
手塩にかけて育てた子だもの。あったりまえさー♪

だから皆さんも「大丈夫かなぁ(はらはら)」ではなく、
「最善の道を選択するに決まってるじゃんねー」って
あたたかく見守ってあげてください。
ただ、親心として「くれぐれもムリしないでね」と思いつつ…。


                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
もよちゃん里子トライアル開始
2012年04月09日 (月) | 編集 |
もよちゃん、昨日より福島県二本松市にて里子トライアルを開始しました。

土曜日は雪がちらついたという福島県中通り。
それがトライアル開始の日曜日には軽く汗ばむような快晴になり、
まるでもよちゃんの新しい門出を祝福してくれているかのようでした。
私はお天気を見て物事の判断をすることが多々あります。
いい天気のときは「その選択は間違ってない」という感じ。

これから1週間、何ももんだいがなければ
来週の日曜日に正式譲渡です。
その後の動きがあれば皆様にもご報告しますね。
もよちゃんは「みんなのもよちゃん」ですから(^^)
今日の記事はあっさりだけど、これはトライアル中だから。
いろいろがはっきりしたら
アニマルコミュニケーター的見解も含めて改めて詳しくお伝えしましょうね。


                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
もよちゃん里子トライアルまであと5日
2012年04月03日 (火) | 編集 |
ツイッターではつぶやいたのですが、
福島ボランティアで保護されて
サロンの主と化していた猫のもよちゃんが
ついに里子トライアルに出ることになりました。

昨年6月に保護してから早10ヵ月。
福島県二本松市の方から「この子を飼いたい」という
ご連絡が入ったのは3月上旬のこと。
私の都合がつかなかった事もあり、
1ヶ月もお待たせしてしまいました。
誰もがこのままHANAnの看板猫になるだろう、いいえ、
すでに看板猫であると誰もが思っていた矢先のことでした。

まずは1週間、お試しで合宿してもらい、
もよちゃんと里親希望さんの両者の合意が得られれば
そのまま福島の猫となります。
福島から来て福島に帰る。
ある意味里帰りです。
もし受け入れがNGになったときには、
いよいようちの子として
マイクロチップを入れようと思っています。

というわけで、とりあえずのところ
もよちゃんと一緒にいられるのもあと5日。
いつもどおりに過ごそうと思います。
例えばこんなふうに…(^^)

もよちゃん120401




                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
セッション受付時間、元に戻します
2012年04月02日 (月) | 編集 |
4月になりました。
いろいろお伝えしなければいけないことも増えてきていますが
いっぺんにお披露目するには盛りだくさん過ぎるので、
お伝えできることから順にお披露目していきます(~^)

● セッション受付時間を戻します ●
しばらくの間、最終受付を15時にして
様々な確認や勉強をさせていただきました。
たくさんの方にご協力いただけたこと、
心から感謝いたします<(_ _)>
おかげさまでその結果、
15時以降でもいろいろな意味での
確実なセッションを行う方法が分かりましたので
営業時間を元に戻します。
セッション可能時間は10時~20時。
20時以降でも受付いたしますが、
別途時間外料金がかかりますことを
あらかじめご了承ください。

    

セッションって、霊的世界に関わることもしばしばです。
肉体があるかないか。
些細なことのようでとても大きな違い。
当然住む世界が違うわけです。
そうすると無闇に人がでしゃばってはいけない部分も
あるのはお分かりいただけると思います。

私がアニマルコミュニケーションで目指しているのは
「種の違うものがお互いに心地よく共存すること」。
人と動物に対してそれを心がけているのであれば、
人と霊魂との関わりもそうしたほうがよいのは一目瞭然。
エンジェルペットさんとのお話しもすることですしね。
…ということで、霊的世界の方々とのかかわり方について
いろんな角度から考察させていただいた次第。
この間、実践練習として15時以降のセッションもしていました。
そして「第一段階」相当の着地点を見つけたというわけです。

今月からまたいつもどおりのお仕事のペースに戻します。
おかげさまで遠方からのご依頼もたくさん頂いていて、
出張好きの私には嬉しい次第♪
もちろんサロンでのセッションも、
自分のテリトリー内で落ち着いて行えることを考えると
これはこれでとっても安定したセッションができてGOOD。

新たな企画も続々あがってきていて、
それを形にするために試行錯誤しつつ、うれしたのしの日々。
こういうの、好きなのよねー(笑)
萌芽の季節の到来とともに、
ますます活動的に楽しくお仕事してまいりますぞ☆


                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/