動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
沖縄でアニマルコミュニケーション勉強会!
2012年02月25日 (土) | 編集 |
2012年5月12日(土)、13日(日)に沖縄県金武町で
アニマルコミュニケーション勉強会を開催します♪
わーーーい(≧▽≦)♪
きっかけは
「アニマルコミュニケーションを勉強したいけど
そちらまで行くにはなかなか難しい。沖縄まで来てくれますか?」
というお問い合わせです。
もちろん答えはYES!
人さえ集まれば世界各国津々浦々まで行っちゃいます。
ということで、沖縄での勉強会開催を決めました。

アニマルコミュニケーション勉強会@沖縄

 日程
入門編:2012年5月12日(土)10時~16時
フォローアップ:2012年5月13日(日)10時~16時

 料金
入門編のみ…3万円
入門編+フォローアップ…5万円
(通常は2クラスで6万円。うちなー価格です)

 場所
やちむん家ー アトリエ うながぁぶんぶん 
(金武町字金武田慶志原5971)
Tel:090-9787-4626/098-968-2615 FAX:098-968-2615
Mail:myuutwuu33@yahoo.co.jp

 レッスン内容詳細
千葉県のサロンで行われているレッスン内容と
同様同レベルのものをお伝えします。
http://comm.hanan.jp/seminner/benkyo/index.htm

 最少施行人数
入門編とフォローアップクラスの合計で10名以上
開催決定です!!(^▽^)!!

 お申し込み方法
以下の内容をcomm@hanan.jpまでご連絡ください。
・お名前
・ご住所
・勉強会当日の連絡先(携帯電話が理想)
・メールアドレス(PCアドレスが理想)
・参加クラス(入門編のみ/入門編+フォローアップ)

 受付から開講までの流れ
メールにてお申し込み
  ↓
HANAnから受付完了&ご入金のお願いメールが届く
  ↓
お振込み&入金完了メールをHANAnに送信
  ↓
確認できた順にHANAnから
当日の場所や持ち物等に関する
ご連絡メールが入ります。
  ↓
勉強会当日。

4月30日までにお申し込み数が
最少施行人数に満たなかった場合は
本勉強会は中止となります。

開催決定です!!(^▽^)!!
お友達とお誘い合わせの上ぜひご参加ください。

ご質問はHANAnまで、お気軽にどうぞ♪



                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
追悼:チビ君のこと
2012年02月24日 (金) | 編集 |
先日お空に帰ったチビ君のこと、
なんだか分からないけど
いろいろ書いておきたいなぁと思って、
珍しく毎日UPしています。
これもチビ効果!(笑)

日曜日の夜に息を引き取ってチビ君。
火曜日に無縁仏としてだびにふされる可能性もあったのですが、
月曜のお昼過ぎに飼い主さんが保健センターに電話をして
「赤い首輪のワンちゃんだったらお届けがありますよ」
ということで無事、火葬前におうちに帰れた次第。
そのことを動物病院の先生からご連絡いただき、
ぜひあってお礼をしたいとのことで、お会いしてきました。
私のずうずうしさ(汗)と飼い主さんの計らいとで
チビ君の骨を拾うところまで一緒にいさせていただきました。
だびにふしている間に飼い主さんから聞いたチビ君は
こんな感じでした。

彼は12歳の老犬だったそうです。
現役の猟犬の時代はお父さん(おじいちゃん)と一緒に
狩りに出ていたのですが、
獲物をくわえて持ってきても、お父さんに渡さず
バリバリ食べちゃうようなユニークな子だったそうです。
飼い主さんいわく「全然猟犬じゃないですよねー(笑)」って。
で、お父さんはチビ君の口をこじ開けて
「渡せ!」「イヤだ!」ってやってたそうです(^^)
とっても食いしん坊でお散歩のときはいつも下を舐めるようにして
「何か落ちてないかなー」って歩いていたとのこと。
なのでお散歩から帰ってくるといつも口元が真っ黒だったそうです。

外を歩くとなぜか人の目と心をひきつける子だったようで、
「なんか普通の犬と違うのよねー」ってよく言われてたんですよ、って。
確かに放っておけない何かを持っている子でした。

お外が大好きで、隙あらば散歩に行きたがっていたため、
家の中でもお外でもリードをつけていたとのこと。
(食べ物を扱っているお店屋さんだったため、基本は外生活でした)
けど、保護した時にはノーリードでした。
これを飼い主さんはとても不思議がっていました。

しかも、先述のようにとっても食いしん坊で
ご飯の途中で場を外すことなんて今までなかったのに、
その日はご飯の途中でいなくなってしまったとのこと。

ご飯はお父さんがあげる係で、お父さんのことが大好きで
お父さんのそばから離れることなんてなかったのに
その日は不意にいなくなったとのこと。
お父さんは「オレから逃げた」ってショックでその日は
起きていられず、早々に床に就いたそうです。

そんなことを聞くと「自業自得だよ」って言ってた
チビ君の言葉がやけに納得できるから不思議。
チビ君はこんな風に人と楽しく暮らしてきたので
自分がいるのに車が止まらないわけがないと
心底から思っていたのでした。
つまり人間を信じていた、ということ。
そういう意味では命を落とした原因は
人間に裏切られたから、となってしまいますが、
人に助けられ、看取られ、
家族が探して見つけ出してくれたことは
「やっぱり信じて正解だったね」に繋がります。

彼の死に顔はとても穏やかでした。
痛い思いをしたのにとてもやわらかで、
苦痛のかけらも感じられないお顔でした。
彼の一生を現していると思いました。

彼は何かに導かれるようにお外に出たイメージを見せてくれます。
決して自死のためではないのだけど、
死ぬために外に出て、その方法が結果として
交通事故だった…という感じ。
だからこそ彼を轢いた車はそのまま走り去ってしまったんだ。
きっとあのドライバーは1ヶ月もすれば
このことなど忘れてしまうでしょう。
でも、チビ君いわく「それでいいんだよ」って。
逆に申し訳ないと落ち込まれたら困る、って。
こんなこともあるんだなぁとおもいました。

最初は「自業自得だからしょうがないよ。これでいいんだよ」
って言ってたチビ君ですが、一日経ち、二日経ち…のうちに
ちょっとずつ心境が変わってきたのが届いてきます。
「ちょっと早まったかなぁ?(苦笑)」って。
もう少しすれば老衰で逝けたかもしれないというのが
分かったようなのです。
でも、それでもやっぱり彼は自分の死を受け入れてますけどね。

このように、死を迎えてからでも
考えが変わることは人も動物も同じようにあります。
今から10年以上前、同級生が、付き合っていた彼に
二股を掛けられたことを苦に自死しました。
彼女は当時「これで楽になれる」ってホッとしていましたが、
日が経つにつれ
「もう少しがんばっていればやり過ごせたかもね」
に変わってきていました。
彼女は今、あちらの世界で生きることと死ぬことについて
お勉強をしているように感じられます。

時間が経って考えが変わるのは、人も動物も同じ。
生きていても死んでからも同じなんだなぁ。

なので、HANAnのセッションでは
基本的にご依頼にNOは言いませんが、
状況に変化がありそうだと感じられた時には
もう少し待ってみたら?とご提案する事もあります。
お互いに落ち着いていいお話しをするためには
「時間薬」が必要な事もありますから。

なんて深いこともチビ君はほんの短時間で教えてくれました。
まさにスーパードッグ!出会えたことに感謝です。

ちなみにこの子は私の田舎にいるチビちゃん。
やっぱり猟犬。でも女の子です(^^)
再開から40分後のちび-2
伯父と猟に出て「うれしいー☆」って駆け出して
止まっている軽トラに体当たりして足を強打。
右後肢を膝下から切断したという超おてんば娘です(^^)
でもやっぱり賢いのよねー。
何年も会っていなくったって数分で思い出してくれる。
猟犬のチビってみんなそうなのかな?(笑)

チビ君、いい一生だったね。
12年間おつかれさま。
また早くこの世に遊びにおいでね♪

とかいいながら、実はまだまだ
ご家族や私のそばにいるつもり満々のチビ君です(笑)


                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
犬のひき逃げ…
2012年02月23日 (木) | 編集 |
昨日の記事の続きです。

「マジありえない話」とは…、
ひき逃げの瞬間を目撃してしまったのです。
車と犬の交通事故。
犬を轢いた車は停まることなくそのまま逃走。
犬は起き上がることなく倒れたまま…。
それを目撃した私は慌てて犬を後部座席に乗せ、
犬に聞こえるように大きな声で励ましながら
近くの動物病院に運びました。

急に身元不明の犬を担ぎ込まれた病院の先生は
嫌な顔ひとつせず、とても懸命に処置してくださいました。
私は待合室で待たされていましたが、
しばらくして処置室に呼ばれたので行ってみると、
汗だくの先生と心臓マッサージをされているワンコの姿が…。
その瞬間「自業自得だなぁ(苦笑)」という
ワンコの声が聞こえてきました。
ちょっと低めの落ち着いた感じの声で、
この状況のすべてを分かりきってる感じ。
同時に「もういいよ」っていうワンコの声も届いてきました。
その声と前後して、獣医さんの説明が聞こえてきます。
現在心電図の波形が動いているのは
心臓マッサージで動かしているから。
この手を止めると心臓も止まるだろう。
状態から察するに肺をつぶされてしまって
ほぼ即死に近い状態だった。
…などなど。
つまりは私の終了宣言待ち、ということ。
飼い主さんがいない状態で
私が心臓を止める許可を出していいものか悩みましたが、
彼(オスワンコだったのです)がもういいよといっているのだから
無理することないのかなと思いました。
そして先生に
「もういいよ、自業自得だなって言ってるので…。」と言って
心臓マッサージの手を止めてもらいました。
ほんの十数分前まで自分の足で歩いてたのに…。
こんなにあっけなく目の前で心臓を止めてしまうなんて…。
なんだかとても不思議で信じられない光景でした。
私は「ばかだなぁ。ホントにばかだなぁ」と言って
ワンコくんの手足を触っていました。
幸いだったのは体に目立った外傷がないことと
お顔がとても穏やかだったこと、でした。
本当に「当たり所が悪かった」としか言いようがない。
そんな感じでした。

ワンコくんについて獣医さんと相談をした結果、
1泊2日までは彼を病院に置いてくれることになりました。
それまでに飼い主さんが見つからなかったら
合同葬として私が近くのペット霊園にお願いすることにしました。

ワンコくんは首輪こそしていたけれど、
観察札も連絡先もなく、
マイクロチップも入っていませんでした。
これは黒ラブちゃんと同じ。
でも、横断歩道を渡ろうとしていたその姿は
決して家出のそれではなく、
きっとおうちに帰れるだろうと思いました。
なので徹夜して飼い主さん探しのポスターを作り、
早朝散歩の人にも見てもらえるように
朝5時には現場近くの電信柱に張りに行き、
9時には市役所、警察署、保健所等々、
最寄りの5つの機関に連絡を入れました。

案の定、お昼過ぎに動物病院から
飼い主さん現るの連絡が入りました。
ダビにふす前に飼い主さんが見つかって本当によかった。

飼い主さんに彼がいなくなったときの状況を聞いたら
いろいろと不思議なことだらけでした。
でも、病院で彼が「もういいよ」「自業自得だよ」って
あっさりと死を認めたことにも合点がいきました。
彼の魂レベルでは最後に人に助けられて死ぬところまで、
すべて計算ずくだったようです。

体重20kgの元猟犬のチビ君。
とってもステキなワンコでした。
ほんの一瞬だったけど、彼に関われたことに感謝。

この事故、きっと私がこの仕事をしていなかったら、
「大丈夫かなぁ…」って気にしながらも
そのまま通り過ぎていたと思います。
私が救助活動できたのは
アニマルコミュニケーターをしていたから。
たくさんのセッションを通して
ペットたちの純粋な心に触れ続けていたからこそ
とっさに体が動いたのだと思っています。
ペットと関わるということのすばらしさを
またひとつ、身を持って体験させていただきました。

とても奥深い体験でした。

ひき逃げなんて決して許されるものではないけれど、
そこからたくさんのことを学ばせていただきました。
ものごとにはすべてに意味があるというのを
改めて実感させられた一件でした。

チビ君はまだご家族と私のそばにいます(^^)


                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
黒ラブちゃん無事譲渡完了
2012年02月22日 (水) | 編集 |
いろんなことがありすぎて
すっかり更新が遅くなってしまいましたが
改めて皆様にご報告します。
11月に保護した黒ラブちゃん、
結局飼い主さんは現れず、2月13日を持って
完全に私の犬となりました。
嬉しいような残念なような複雑な気持ちですが、
結果オーライです。

前の飼い主さんの犬ではなくなったということで
簡単に黒ラブちゃんの過去のお話しをしましょう。
「アニマルコミュニケーターだったら
犬に自宅を聞けばいいじゃん」という声や思いに
お答えするためにも…。

黒ラブちゃんは決して幸せなおうちの子ではありませんでした。
おうち的にはそれなりに裕福だったイメージは伝わってきました。
けど、彼女はあくまでも犬であり、家族ではありませんでした。
座敷犬が当たり前になってきた昨今、犬は単なる動物ではなく、
家族の一員としての位置を確立してきました。
そんな中、彼女の元の家は人と犬との敷居が高いおうちで、
そういう意味ではとても寂しい子でした。
特にお父さんはとても厳しく、
叩いて言うことを聞かせることもあったようです。
その甲斐もあってか、確かに聞き分けのイイコに育ちましたが…。
なので、おうちに帰るためのお散歩は嫌々だったのは致し方なく。
でも、だからと言って家に帰さないのも良くない。
飼い主さんがいらないと明言しない限り
勝手に自分のものにすることができないので、
飼い主さんの「いらない」発言をもらうための活動として
街頭でのチラシ配りやお店へのチラシ張り依頼をしていました。

そして、晴れて飼い主不詳のまま一時預かり期間が過ぎた次第。
名実共に私の犬となりました。
しかし我が家はすでに定員オーバー…。
以前より一時預かりさんが
黒ラブちゃんを新しい家族として迎え入れたいと
挙手をしてくださっていたので正式譲渡契約のために
一時預かりさんのお宅に行ってきたのが19日の日曜日でした。

いろいろお話しをして、黒ラブちゃんの様子も見て、
彼女的にもここを終の棲家にすると決めたようだったので
譲渡契約書を取り交わしてきました。

お写真も撮ったけど、室内&夜&携帯カメラという
悪い条件がそろってしまったため、
とてもお見せできるような代物ではなく…(^^;
でも、とってもいいお顔してましたよ(^^)
終の棲家として腹をくくった証拠として、
自分の気持ちを「後追いをしない」という姿で
分かりやすいように伝えてくれました(^^)
うんうん、さすが賢い子だね。
元気でいるんだよ♪

・・・なんてほっとしていた帰り道、
とんでもない現場に遭遇してしまいました。
ツイッターではつぶやいてたんだけどね…、
マジありえない。

この「マジありえない」事件は明日UPします。



                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
黒ラブちゃんの飼い主現れず。
2012年02月13日 (月) | 編集 |
昨年秋より当ブログでもたくさんのご連絡を頂いておりました
保護犬の黒ラブちゃんですが、2月11日を持ちまして
拾得物保護期間を終了しました。
土日閉庁という警察の事務手続きの都合上、
引き取り期間が今日からとなっていたため
週末明けの本日、さっそく手続きに行ってきました。
これにて黒ラブちゃんは私が飼い主となりました。

さて、今後の黒ラブちゃんについてですが、
ありがたいことに彼女の一時預かりさんが
「このまま彼女を家族にしたい」と言ってくれています(^^)
近々黒ラブちゃんの正式譲渡契約という名目で
黒ラブちゃんに会いに行ってくる予定です。
会えたら写真UPしますね(^^)
本当にたくさんの方に心を寄せていただき感謝感謝です。

まずは警察の手続きが終わったご報告まで♪


                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/

感謝祭無事終了
2012年02月04日 (土) | 編集 |
おかげさまをもちまして、
昨日で無事に6周年感謝祭が終わりました。
今日からはまた通常価格にてセッションを行いますが、
内容は日に日に変化しているように感じています。
アニマルコミュニケーターとして丸5年を終え
6年目の今年、一段と飛躍の年になるようがんばります。

本当は立春の今日を境にホームページも一新!
…と思ったのですが諸々あって間に合わず(汗)、
水面下(?)で昨年の引き続きを行っております。

例えば、
現在は被災地限定となりましたが、
3.11起因によるペットの状態についての電話による
15分無料のアニマルコミュニケーションは継続中ですし、
仮設住宅にいらっしゃる飼い主さんへの
心のケアを目的としたご相談にも乗っています。
…という感じで現在も福島支援も引き続き行っています。

また、昨年秋に保護した黒ラブちゃんに関しても
相変わらず警察や保健所への問い合わせを入れたり、
チラシを見たんだけど…という方への対応もしています。
彼女は来週、拾得物預かり期間が終了します。
現在お世話をしてくださっている一時預かりさんが
このまま家族に迎えたいと言ってくだされば
そのまま譲渡する予定です。
(実際は期間明けに黒ラブちゃんに会ってから決めます)

保護系のおはなしで言うと、
昨年夏に保護した福島猫のもよちゃんは
現在はサロンの主として鎮座ましましている(笑)ので
そろそろHANAnファミリーにくわえることを
本気で考えなければなりません。

昨日の感謝祭ではこんな嬉しいお言葉をいただきました。
「実は何人かのコミュニケーターさんに見てもらったのですが、
はなんさんの言葉が一番スッと入ってきました」と。
もう、感謝感謝しかありません。

「伝える」という仕事に終わりはありません。
お話し内容を伝えてくれるのはペットさんだったり
霊界の皆々様だったりするのですが、
その思いや言葉をいかにダイレクトに分かりやすく
語彙を変えずにお伝えするか…について、
いつも「今日のベスト」を尽くしつつ、
だけど試行錯誤の毎日です。

アニマルコミュニケーションを
アニマルコミュニケーターの特権とせず、
「本当のアニマルコミュニケーションとは何か」を
多くのみなさまにしっかりとお伝えできるよう、
今日からまたがんばります。

さぁ。
今日もそろそろ朝一番のクライアントさんを
お迎えする時間です。
張り切ってまいりましょー☆


                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/