FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
白文鳥さんとアニマルコミュニケーション
2010年12月07日 (火) | 編集 |
先日予告させていただいた
白文鳥の男の子くんとのセッションレポートです。
まずは「うちの子でよければぜひ…」と言って
ブログ掲載のお申し出を下さった飼い主様に感謝です。
ありがとうございます<(_ _)>
このようなお申し出は本当にありがたいです。
どんな生き物も感じる力があって、表現する能力があって、
それぞれの個性を遺憾なく発揮できるというのが分かると
ペットたちの存在がより身近になります。
それをセッションレポートを通じてお伝えできるのは
本当に嬉しいし、ありがたいです。

白文鳥くんの飼い主さんは
約1年前のセキセインコのブッチ君の記事を見て
「セキセインコが話せるならうちの子はどうかな…?」
と思ったそうです。
同じ鳥だから聞けるかもしれないと思ったけど、
本当に聞けるかしら?と不安にも思ったそうです。
不安の理由は「体重がブッチ君より軽かったから…」。

こういうセッションレポートを通じて
アニマルコミュニケーションを受けてみたいという気持ちや
アニマルコミュニケーションそのものが広がっていくんだね。
セッションレポートのご快諾を下さる飼い主様たちには
いくら感謝してもしきれません。
本当に、本当に、ありがとうございます。
ブッチ君のママもこの記事見てくれてるといいな。
ブッチ君とママさんとのコミュニケーションが
他の方の背中を押してくれてることを知ったら
さぞかし嬉しいだろうなぁ(^^)

さて。
HANAnのアニマルコミュニケーションは
「私の言うことは盲信しないでくださいね」
というところからはじまります。
まずは飼い主さん的視点での
答え合わせコミュニケーションをして、
その内容からその子らしさを感じられればセッション開始。
もしピンと来なければ、事務手数料(2500円)を引いた
全額を後日お振込みにてご返金という制度を採っています。
これにより、相互納得のうえで
アニマルコミュニケーションを進めることができるわけです。

ということで、
今回の白文鳥くんもきちんと答えあわせセッション後、
通信できているようだというご確認を頂いてから
以下のお話しに入りました。