FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
指示をしない
2010年05月29日 (土) | 編集 |
先日、2ヶ月弱前から予定を入れてた方のところに
お話しをしに行ってきました。
いろんなお話しをさせてもらったけど、
「これは心に留めておかなきゃなぁ」と思ったのが
今日のタイトルでもある「指示をしないこと」の大切さ。

セッションのときは
「HANAnさんがこう言ったから」で動かれないように
細心の注意を払いながらお話しをしてたけど、
先人のお話しによると、
本人がどう思っていようと周囲は本人との意志とは無関係に
いろんな事を感じ、考えるとのこと。
確かになぁ…と思いながら話を聞いてましたが、
だからこそ、そういうところで霊能を使って
第三者(私でいうところのペットや霊界の人たち)の
言葉をそのまま伝えるのが必要なんだと言われました。

私はセッションに来ても、
「ああしなさい」「こうしなさい」は言いません。
まずは「あなたはどうしたいの?」と聞きます。
話はそれからです。
でもこれって難しいなぁとしみじみ思いました。
セッションに来ると何か変わるだろうと思って期待している人を
目の前にしてしまうと、力になりたいと思ってアドバイスしてしまう…。
でもそれが指示になってはいけないんだね。
でも今までは指示になっていたのかもしれない…。
指示・指導をしないでアドバイスにとどめることを
意識してお話ししていると思っていても、
まだまだその努力が全然足りてなかったんだね。
反省、反省。

でも、これはとっても大事なことだわ。
だって私は「自分で考える飼い主さん」が
増えてくれたらいいなぁと思ってるから、
「HANAnに言われたから…」って飼い主さんに思われるようではダメよね。

「HANAnさんのところに行ったら何とかしてくれるだろう」ではなく、
「HANAnさんのところに行ってペットの声を聞くことで
 私に何ができるか考えなきゃ」という飼い主さんを増やすことが
大事だと改めて思いました。
それには言葉の使い方だけでなく私自身の意識も変えていかなくちゃ。

なので、ちょっと厳しいと思われるかもしれないけど、
私が何かしてくれるという期待をされても
それには答えられませんので、あしからずご了承ください。
どうしたらいいかは御自身で決めてください。
私は彼らの答えを伝えることと、
クライアントさんから聞かれたことに対して
霊界の方にお聞きしてそれをお伝えするのみです。
だってクライアントさんがお連れになるペットさんは
私が責任持って生涯の面倒を見ることができないんですもの。
「うちの子」と思ってきちんとお話しを伝えることはするけれど、
その先のことはしてあげることができない…。
だから大事なのは私からの指示・指導ではなく飼い主さんの気持ちなのです。

今回のお話しではいかに私が無力であるかを教えてもらいました。
ペットとお話しできるということは
たまたま割り振られただけの才能ってだけ。
同じ才能だったらお部屋の整理整頓の才能がほしかった~(苦笑)

先人は「無力だからこそ霊界(またはペット)の声を伝えられるんだよ」
って言ってくれました。
そして、「無力だって事に気づけてよかったね」って言ってくれました。
人生も中盤から後半に差し掛かってきてやっといい人間関係が築けそう。
これから今まさに花開こうとしてきた感じで嬉しいな。

ではでは、今日も丁寧にお仕事してきます♪



←登録してみました♪ステキなブログがたくさんです(^^)

                     
HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/

---
アニマルコミュニケーション・各種ヒーリング・パワーストーンなら
HANAn H&Aヒーリングセンター http://comm.hanan.jp