FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
必要なときに必要なことが起こる…ということ
2009年02月25日 (水) | 編集 |
先日、お義母さんの確定申告と郵便局&市役所への
各種手続きに同行してきました。
そのとき、お義母さんが思わず身震いをしてしまうほど
ステキな出来事があったので、皆さんにもご報告します。
と言っても私にはいつものことだったのだけど…(^m^)うふふ♪

●身震いその1
まずは税務署に確定申告をしに行きました。
建屋の近くの駐車場は満車。第二駐車場も満車。
第三駐車場は前日からの雨でぬかるんでて歩きたくない感じ。
不意に「この先の学校の手前にも駐車場がありますよ」と
もうひとつの駐車場を案内されました。
ヤダナァって顔したのがばれてしまったようです
でも、嫌な顔せず案内してくれたことに感謝して
第四駐車場を目指したら遠い遠い!
気を取り直してもう一度第一駐車場から順に
挑戦することにしました。
すると、実質的に第一駐車場よりも入り口に一番近い第二駐車場の、
その中でも一番手前が空いていて見事その場所をGet!
このときはまだ「ラッキーだったね~」で終わりました。

●身震いその2
確定申告の提出も無事に終わり、ランチを取ることに。
道を間違えて、とんでもない田舎道を走ることになりましたが、
田舎道を抜けると目的のお店の目の前でした。
なんとなくすごいじゃん♪って感じに…(^u^)v

●身震いその3
郵便局に手続きに行ったら、
市役所で発行してくれる書類が足りないとのこと。
「行ける時に行っちゃいましょう♪」ということですぐに市役所へ。
車が多く、遠くの駐車場しか空いていないと思っていたら、
ちょうど出入り口の目の前に停めていた車が出るところ!
もちろんありがたく停めさせていただきました。
ここでお義母さんは偶然の連続に身震いが…(^^)

●身震いその4
私たちが必要としていた書類について
役場の人といろいろ話をしていたら、
その書類は翌日には法務局に搬送されることになっていました。
一日遅かったら隣町まで取りに行かなければならなかったのです。
駆け込みセーフ!
なにやらとてつもない力が働いていることに
お義母さんは身震いが止まらないと言っていました。
でも奇跡はまだ続くのです☆

●身震いその5
書類がそろったので再び郵便局へ。
状態が整い次第、郵便局の貯金を銀行に移す予定でした。
お義母さんが「お金を持ち歩くのはイヤだわ~」とぼやいてたら、
郵便局の方が「即時払いができなくなってしまったので
こちらでご指定の口座に振り込んでおきます」とのこと。
少し時間がかかってしまうそうだけど、
お金を持ち歩かなくて済んだことはラッキー☆
お金を持ち歩きたくないという願いが現実になりました。


時間換算したら、45分に1回の割合で
ラッキーがあったことになりました!
その日の私たちにはどんな力が作用したのでしょう?

何が作用したかは分からなくても、
「必要なことは必要なときに起こる」というのを
地で体験した気がします。
お義母さんはお義父さんのために、
私はお義母さんのために。
それぞれ私利私欲のない行動でしたので
それを続けなさいよ、というお知らせかなと思いました。

つまり、
確定申告の駐車場の話も、
郵便局から銀行への振込みの話も、
市役所の書類取り寄せの話も、
いずれにも共通しているのは
「自分のためでないものに力を注ぐことへのご褒美」だと
感じたのです。

こういう体験をすると、これという宗教を持っていなくても
「神様はきちんと見ておらっしゃる」と思っちゃうわ☆
もうちょっと襟元を正してみようっと。
もっといい事あるかも!←この根性がダメなのよね(笑)
純粋にいきましょ。純粋に♪(^-^)♪
テーマ:スピリチュアル
ジャンル:心と身体