FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
セッションで聞いていい事、悪いこと。
2008年09月09日 (火) | 編集 |
HANAnに寄せられるアニマルコミュニケーションセッション
多いご相談はこんな内容です。

・多頭飼いで仲が悪いペット達の仲介
・天使になった子へのお詫びや最後の状況の確認
・命のカウントダウンが始まった子の遺言聞き
など。

時にはペットさんの過去世の話になったり、
飼い主さんの状況改善で落ち着いたり、
実にいろいろです。
特に遺言を聞くセッションでは、
言いたいことを全部伝えられると
ペットも安心するのか思っていた以上に
がんばってくれることもあるようです。
また、それを行うことにより
飼い主さんのその後が違ってきます。
お空に帰ったことをご報告いただくこともあるのですが、
そのときにほとんどの方が「深いペットロスにならずに済みそうです」
とおっしゃいます。
ペットさんの言葉が最後まで飼い主さんを救ってくれる…。
なんてステキなことなんだろうと思います。

また、「うちに来て幸せだった?」というご質問も
多くいただきます。
それから「病気の治療法について」も多いご相談のひとつです。
基本的にいただいたご質問はそのままペットさんたちに
聞いています。
けれど、時として「質問の内容を変えてください」と
お願いすることもあります。