FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
ちょっとご報告
2008年05月28日 (水) | 編集 |
このところ、メールや対面のセッションが立て込んでおり、
また、素晴らしい内容の打ち合わせも同時進行で動いているため
メールのお返事が遅くなっています<(_ _)>

メールセッションは今のところ
1週間以内のお返事をギリギリ死守しています。
メールセッションのお返事のお返事につきましても
いただいてから1週間以内にはお返事したいと思っています。

対面セッションのご依頼につきましては、
2~3日後くらいのお返事になっています。

プライベートな内容込みのメールはこれらが一段落した後に…(^^;

セッションウィークのお話しも順番待ちの子達で嬉しい悲鳴。
できるだけお待たせしないようにがんばっています。

今日は都内で「人とペットのリラクゼーションマッサージ」について
いろいろお話しを聞いてきました。
私と志乃が体験してきましたが、これはホントに画期的です!
二人とも心身のストレスを抜ききって帰ってきました。

この施術を受けて、今までアニマルコミュニケーションとレイキだけだった
「HANAn H&Aヒーリングセンター」に、新たな光が差し込んだ感じです。
ペットと飼い主さんがともに幸せになるステキな施術でした。
私もこの技術をきっちり身につけることにしました。
遠い遠い昔、確かにどこかで出会っていたと思われる
シニアアドバイザーさんが私の大きな味方です。

志乃ヒーリング中
シニアアドバイザーさんの施術を受ける志乃。
とろけてます(笑)

普段はよその子やにぎやかな環境が苦手な志乃さんですが、
足元では、ラブラドール、パグ、コッカー、Mダックスが
元気よく走り回ってます。
ヒーリング中はこんな環境でも全然平気!
人とよそのわんこがわさわさ・・・。でも平気。
施術が終わっても気持ちよすぎて
ベッドから出ようとせず…(^m^)
ちなみに足元にいたパグさんは、この施術で
「パグ脳炎」から奇跡の生還をしたそうです。
※パグ脳炎:
現在のところ進行を遅くすることが精一杯の治療法で、
ほとんどにおいて発症後半年以内で命を落とすことが多い、つらいつらい病気。
パグと名前はついているが、ヨークシャテリア、マルチーズ、ペキニーズ、シーズーなどにも発症例がある。
発症原因は遺伝、自己免疫疾患などが言われているが、本当の原因が何かについては現在のところ不明。
すごすぎる!!

志乃が社長に感想をインタビューされてます。
見つめあう二人・・・(笑)
社長にインタビューされる志乃
うちの子たちはこうやって話を聞く体勢を作るのが得意です(^^)


それにしてもこの施術はかなりの自己治癒力向上を
助けてくれるようで、私はものすごく期待をしています。
人間側は会社さんの方でいろいろな実績があるのですが、
ペットについてはまだまだこれからだそうですから、
ぜひHANAnが先陣を切っていきたいです。
てか、そうしましょう!そうなりましょう!!
ワクワクだなぁ。
これもレイキ同様、飼い主さんも簡単にできる施術ですので
私が習ってきたら、ガッツリお教えしますからね~。

こちらのお話しもぜひ楽しみにしていてください♪