FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
お馬さんとのおはなし
2008年05月11日 (日) | 編集 |
母の日の今日、乗馬クラブのおうまさんとお話しをしてきました。
28歳で平均寿命はすでに超えているので、安楽死について
どう考えているのかを中心に聞いてほしいとの事。
当初はメールでのご相談だったのですが、私自身がかねてから
馬と直接話をしてみたいと感じていたため、お願いして
クラブで対面セッションをさせていただきました。

最初にメールをいただいた時は
28歳と聞いてもピンと来なかったのですが、
安楽死という言葉を聞いて慌てて馬の寿命を調べました。
最初は20年くらいというデータを見つけたのだけど、
おうまさんとお話しして、家に帰ってからさらに調べたら
「競走馬は25歳くらい」というのを見つけました。
ハイセーコーは26歳、シンザンは36歳というからビックリ。
馬の種類によっても違うのかもしれませんね。
そしてシンザンは競馬ファンならずとも知っている馬ですから
それはそれは大事にされたことでしょう。
しかし、いずれにしてもいいお年であることは間違いありません…。

では、おうまさんとのお話しです。
今日はちょっと長くなります。
あったかくてかわいらしいレポートになりました。

お馬さんは騏驥(キキ)という名前の28歳の去勢した牡馬くん。
お年のせいもあって目が覚めてはうたた寝…を繰り返します。
そして口をモサモサと動かす動作も多く見られました。
お尻としっぽの辺りは腫瘍ができていて、
たまにそれが破けたりするそうです。
今日は私がちょっと遅れてしまったこともあり
到着した時はお手入れの真っ最中…。スミマセンでした(^^;

お話しはお手入れをされながらの状態で伺いました。
飼い主さんが一番聞きたいことは安楽死について。
自分で最後を決めたいか、それとも安楽死がいいか…。
そのほか、体の不調についてや生活していく上でのリクエストなど。

お手入れしている最中は私とキキさんとでお話しをし、
一通りお手入れが終わったところで飼い主さんにそれをお伝えする
という形でセッションを行いました。

実は私、こんなに近くに来るのは初めてで、
ドキドキワクワクでした。