FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
ココちゃんの選択
2007年12月30日 (日) | 編集 |
「おばの家のワンコがとても苦しそうで、年も年なので
ワンコが私たちに伝えたいことがあれば全部聞きたい…」ということで
メールセッションのご依頼がありました。
お話しのお相手は「ココちゃん」と呼ばれている13歳の男の子ワンコ。

12月に入ってからココちゃんのケースのようなご依頼が増えました。
季節柄かもしれませんが、ひとつの命が終わりそうなことへの悲しさと、
最後の思いを汲んでもらえるありがたさを感じる季節となりました。

ココちゃんは本当に立派でした。
会いたい人がいるからそれまでは死ねないといい、
最期はいつもどおりにしててほしいし、
みんなが寝てるときに逝きたい…と言い、
一生懸命生きたから心配しないで見送ってほしいという言葉を
ご家族に伝えてからお空に帰りました。

そして、ご家族はその言葉を元にそれぞれの思い出話をしました。
ココちゃんがきっちりお約束を果たしてからお空に帰った姿を見て、
深いペットロスにならずに済んだとおっしゃってくださいました。
これがココちゃんが選んだ、彼なりの幕の引きかただったのかと思うと
とても心を打たれます。

以下、ココちゃんからの言葉です。