FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
宗教とは一切関係ないです…(^^;
2007年07月04日 (水) | 編集 |
「アニマルコミュニケーションというのは宗教の勧誘か何かですか?
 絵とか壷とか売ったりしないでしょうねぇ?」
と聞かれてびっくりしてしまいました。

実際につい最近、こんな会話があったんです。
「動物と話ができるっていうのがどうにも胡散臭い」というのが
先方さまの趣旨だと思います。
そういう類のものとは一切関係ないし、そういうことをする必要がない
ということを誠心誠意込めてお話させていただいたので、
分かっていただけたと思っているけれど…。

改めて考えちゃいました。
うーーーん、胡散臭いかな?
一人がそう思うということは、他にも似たような考えの人がいても
不思議じゃない…かもね。

ここから先は昨日のブログの続きになっちゃうけど、
(特にお座敷ペットの場合)動物と一緒に生活していると、彼らが
何を訴えたいかっていうのは自然に分かりますよね。
お母さんが赤ちゃんの泣き声で空腹なのかオムツの交換なのか分かるように、
お父さんの「おい、あれ」で、お母さんが新聞を取ったり、眼鏡の場所を
教えたりするように、
動物が尻尾を振って自分を見ているだけで、それがお散歩の要求なのか
ご飯の催促なのかは、見て分かりますよね…?
アニマルコミュニケーションってそういうものです。
具体的な答えを導き出すのは、そうしたことの延長線上にあります。

ただ「アニマルコミュニケーション」という聞きなれない言葉や、
「動物は言葉を発しない」という事(実は単なる固定概念なんだけど)が
あるから、そういうものを扱うのは
「非日常的=普通じゃない=おかしな宗教団体の人」という
イメージになってしまうのかもしれないなぁと思いました。
(念のために付け加えますが、HANAnは一切の新興宗教に属していません)

だからHANAnは、決しておかしな事業をしていないという証明のために、
・個人事業主として市役所に届けを出してあります。
・同様の事由として税務署にも届け出て青色申告してます。
・動物への指導はなくても、セッションにより状況改善に繋がる場合も
 あることから、市の保健管理センター(保健所)に動物取扱業(訓練)の
 届けを出して、正式に受理されています。
 (6月20日の記事をご参照ください)
と、ここまでしてます。
今の私で考えうるすべての届け出について、正式に受理されています。

きっと現時点でここまでしてる同業者はいないと思います。
それくらい私はこのお仕事を一生の生業としてやっていきたいんです。
どうぞよろしくご理解のほどお願いいたします。