ペットの気持ちを通訳するなんて当たり前!動物対話士(R)はそこから導かれる幸せへの道しるべと笑顔をご提供するのがお仕事です。伊東はなんの動物対話はペットさんの方言まで再現する的確な通訳で、ペットさんと飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えするのが得意技!
3つの魂のお見送り。偶然の一致。
2018年05月28日 (月) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています、
動物対話士の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。

先日、一日で2頭のワンコさんの訃報を受け取りました。
その時にフェイスブックに
追悼の思いを込めてアップしたのがこの写真。
3本のチューリップ
2頭のワンコさんのお見送りだったのですが、
この時は具体的な数を出したくなくてこの写真を選びました。

2頭のワンコさんのうちのお一人は
私が動物対話を始めたときからのご縁でしたし、
何度かお宅に伺ったこともあった方でしたので
仕事を終えて車でワンコさんに会いに行きました。

ひとしきりのおはなしを終えての帰り道、
昔なじみのお店に顔を出しに行きました。
そうしたら、私もよく知る常連さんが3月に亡くなったと…。
まじでーーー?!って、
お店のお母さんと思い出話にひたりました。
いつもご機嫌さんで、帰るときは季節問わずいつでも
「よいお年を!バイビー!」と帰る人。
握手しようって手を差し出されて握り返すと
手のひらをくすぐる茶目っ気たっぷりなおじさまでした。
大好きだったのになー。
もう一度会いたかったなぁ。

図らずも3つの魂とのサヨナラを写真で示していたことに
我ながらびっくりな一日でした。

みんないつかはお空に帰るんだよね。
わかってるんだけどね…。

改めて
肉体を離れた魂たちに、愛と光を送ります。
お疲れさまでした。
またいつかどこかで会いましょう。


            
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
情報発信せよ!
2018年05月17日 (木) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています、
動物対話士の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。

タイトルの言葉は
ここ数日間連続して言われた言葉です。
ブログの更新のこと…ですね。はい(^^;

ひとつ前の記事がすでに2か月半近く前です。
その後、本当にたくさんのことがありました。
ちゃんとお知らせしないとだめですね…。

反省しました。

明日から少しずつ、ブログを更新しなかった間のことを
書いていこうかなと思います。

まずは、いの一番にお知らせしなきゃいけないこと。
4月21日に芽依がお空に帰ったことから…。
ぴんぴんころりでとても立派でしたよ。
詳しくは明日UPします。


            
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
迎え火。養成講座。
2017年08月13日 (日) | 編集 |
こんばんは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。
今日からお盆です。
一応東京出身者としては7月なのかなぁとも思いますが、
なんとなく8月のほうがお盆っていうほうがしっくりするので
我が家は今日から15日までがお盆です。

「うちの子きずなノート」
おかげさまで全国書店、インターネット書店等にて絶賛発売中です!
売り切れ続出のようですので、店頭にないときはお取り寄せください<(__)>
かくいう地元の下高井戸駅の本屋さんでも売り切れでした(汗)


ということで、
今年のお盆、はなと志乃は新盆。
凛は13回目、萌は5回目のお盆です。
けど、迎え火してちゃんとお盆をしたのは今年が初めてかも。

本当は12日の夕方か13日の夕方にお墓から
お迎えするそうなのですが、
うちはまだお墓はないからね…。
そしてお盆は13日からと思っているし、
夕方は魔の刻に入りますし、
うちの子たち魔ではないから。

ということで、朝一番のお仕事が始まる前に
玄関先でおがらを焚きました。

20017年8月13日

フェイスブックのお友達からは
観音様が見えると言われました。
うん、ありかもですね。

今日はセッションがぎっしりだったので、
その少しの合間を縫って、何度かうたた寝をしました。
そのたびごとにはなと志乃が夢に出てきた気がします。
でも覚えてないの…。
でもいた気がするの…。
なんて、そんな一日でした。


さて。
動物対話士養成講座の初級から上級までの
募集が始まっています。

最近特に個人セッションで感じるのは
動物対話士(R) としての存在の必要性です。

単なる通訳ではなく
飼い主さんとペットさんの両方ともが
納得するセッションをすることが
求められていると痛感します。

というのも、このところ立て続けに
セカンドオピニオン的なセッションを
求められることが多くて…。

私は胸を張って言うことができます。
「動物対話士(R)たちは
納得のいくセッションをご提供します」と。

動物対話士たちは
1年半という長い時間をかけて学びを深めます。
半年ごとの進級では、それはそれは見事な成長を見せてくれます。
語り合い、励まし合いながら培ってきた人間性は
そう簡単に壊れません。
動物対話士同士のタッグも強いです。
困った時には助け合える信頼感も生まれています。

動物対話協会代表理事として、
動物対話士を束ねていく立場として、
こんなにうれしいことはありません。
どこに出しても恥ずかしくない仲間たちばかりです。

これから受講を検討している方たちへ。
動物対話士になるということは
単にペットの役に立つ仕事ではありません。
もっともっと心の深いところまで
人としてかかわり合うことで成長し合える
大切でステキな機会です。
自慢の先輩たちがいることで
安心して学びを深めてほしいと思っています。
今まで自分がしてきたことに自信のない方、
新しい自分になりたい方、
ぜひ私たちと一緒に成長していきましょう。
あたりまえだけど新しい、
そんな世界にご案内します。

たくさんのご応募、お待ちしています。

            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー2頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
はなと志乃が夢に出てきました
2017年08月09日 (水) | 編集 |
みなさんこんにちは。
今日はスーパー猛暑って言うんですってね。
暑い暑い…。
今日はあらかじめ電話セッションのみとしていましたが、
それで正解でした。

そんな中、朝一番で芽依の病院に行ってきました。
その途中で思い出したことがあります。
あまりにも自然すぎて、それが夢だと気づくまで
少しのタイムラグがあったくらい…。

昨晩というか今朝方というか…、
はなと志乃が夢に出てきました。
めったに夢は見ない(覚えてない)私なので、
とても珍しいことです。

夢の中で、

はなと志乃が二人で一つのケージに
立ち姿で入ってるんです。
生前は一緒に入るなんてことは一度もなかったので、
私はそれがとてもうれしくて、
「えらいねー。一緒に入ってるんだ~。かわいいかわいい♡」
って褒めてるんです。
そうすると、二人とも照れくさいのか、
我先にと外に出ようとして
同じタイミングで外に出ようとするものだから
出口で突っかかって…(笑)
で、また元に戻る、みたいな。
志乃のほうがイケイケだったなぁ。
はなは相変わらずマイペースでおっとりしてて。

で、今朝、芽依を病院に連れて行く道すがら、
そういえばはなと志乃がケージに入ってる姿はかわいかったなぁ
って思った時、そういえばあの子たち、もういないんじゃん!って
気がついた次第…。

夢の中で、それが夢だと気づいていたら
あちらの世界の話とかいろいろ聞けたのでしょうけど、
そんなこと思いもしないほど、
実に自然に二人がそこにいました。

二人が夢に出てきてくれたその日は
折しも私の夢だった社団法人設立から
丸一年の記念日でした。
お盆には5日も早いけど、お祝いに来てくれたのかな。
そう考えるだけで、うれしくてありがたくて
泣きそうになります。
やっぱり大好きです、この二人。
私の大きな大きな心の支えでした。
このまま盆明けまでうちにいてくれるといいな。

今年のお盆は、はなと志乃が二人とも新盆です。
つまり二人ともこの一年の間にお空に帰ったということ。
ペットさんたちの生き死にとそれに向き合う飼い主さんと
日々向き合うお仕事をしていても、私だっていち飼い主です。
うちの子が一年に二人もいなくなるのはつらい…。
そんな時に夢に出てきてくれるあの子たちは
本当に自慢のうちの子です。

まだうちには、はなの血を引いたぼーずと芽依がいます。
けれど彼らもこの秋で13歳。
芽依は同胎で先にお空に帰った萌と同じ場所に同じがんを患い、
ぼーずは視力のほとんどを失い、おそらくは認知症も出かかってる。
二人ともどう考えても10年後にはこの世にいない存在。
考えても考えても、その時の私が想像できずにいます。
うちの子きずなノートでしっかりと心を作っておかなきゃね。

本当は昨日水戸市で行われた
新刊出版記念講演&サイン会のことを
記事にしようと思ったのですが、
それよりなにより、はなと志乃に会えたことがうれしくて
こちらを先に記事にしちゃいました。

とってもリアルなあの夢。
思い出すだけで幸せな気持ちになれます…。

2004年末。凛・はな・志乃
この子たちはみんなもうあちらの住人になっちゃったんだなぁ…。
2005年の年賀状用に撮った写真。
左から、凛・はな・志乃

140427稲荷山公園
2014年春、はなと稲荷山公園にデートに行ったとき。
うれしそうな笑顔でしょ(^^)
クールな子だったので、こんなお顔は珍しいのです。

志乃
私の中の志乃がこんなイメージです。

まもなくお盆ですねぇ…。
迎え火も送り火も、ちゃんとしてあげるからね。

            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー2頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
続くときは続く…
2017年05月26日 (金) | 編集 |
こんにちは。
伊東はなんです。

続くときは続く、というのが今日のタイトルですが、
ここのところ、おもしろい偶然が続いています。

ある日はヨーキー祭りでした。
ヨークシャーテリアのセッションばかりで
一日が終わりました。

また別のある日はそらちゃん祭りでした。
そらちゃんという名前のペットさんの次のセッションは
空(くう)ちゃんという名前のペットさんでした。

続くときは続くもんだなぁと思います。

そのほかにも「保護動物祭り」とか
「エンジェルペットさん祭り」なんかもあります。

おもしろいなぁと思います。

写真は関係ないけど今の様子。
手元にはちーちゃん。
おひざにはもよちゃん。
猫祭りです(笑)
20170526ちーちゃん
20170526もよちゃん


            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
志乃のその後
2017年05月16日 (火) | 編集 |
こんばんは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

ここ数日、我が家のワンコのことで記事を続けてしまい
失礼しています。
今日、ちょっとだけご報告をさせてもらったら
明日からは日常の記事に戻しますので、
あとちょっとだけお付き合いください。

基本的に、わがままなお願い事項は
継続して行きたいと思っていますが…、

おかげさまで、奇跡のV字回復を見せています。
と言っても
小康状態を保っている、というところですが…。

日曜日に一瞬でも呼吸が止まったことを考えると、
今こうしていること、そのものが奇跡です。
今日の夕方にはこんな表情を見せてくれるまでになりました。
20170516志乃

明日もいい一日でありますように。


            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ
いとこがなくなりました
2017年05月13日 (土) | 編集 |
こんばんは。
動物対話士(R) の伊東はなんです。

なんだか唐突ですが、
数日前にいとこがなくなりました。
…という話を今日聞きました。
お通夜も告別式も終わった後でした。

悔しいなぁ。
寂しいなぁ。
私も最後のお別れしたかったなぁ。

私よりひとまわり年上で、
とっても面倒見が良くて優しいお兄ちゃんでした。

ついこの間、
また遊びに来なさいねって言われてて、
いつ行こうかなーって思ってたところなのに。

死への理解は仕事柄じゅうぶんあるはずだけど、
それでもやっぱり不意に知らされる連絡には
心が揺れます。

慣れるものではないし、
慣れてはいけないことだと思うけどね。


ゼラニウム
にいちゃん、どうしたんだよぅ。
びっくりしたじゃんー。
けどにいちゃんもびっくりしたよね。
ちょっとそっちに行くには早かったもんね。
せっかくだからゆっくり休んで。
おつかれさま。
また会おうね。
無事に光の元に行けますように。
M


            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:日々のできごと
ジャンル:ライフ
年を取るということ
2017年05月10日 (水) | 編集 |
こんばんは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

最近、年を取るということについて、
本当によく考えます。
白髪は出てくるし、体力は落ちてくるし、
目は見えなくなってくるし…(苦笑)

これ↑は私のことですけど、
ペットたちも同じですよね。
年を取れば白髪は出てくるし、体力は落ちてくるし、
目は見えなくなってくる…。

我が家のワンコたちも、
気がつけばみんなお年寄りチームです。
志乃はあと1か月弱で14歳。
ぼーずと芽依はこの秋で13歳。

人間年齢に換算すると72歳と68歳。
昨年暮れに16歳で亡くなったはなは80歳相当。

えてしてペットと呼ばれる彼らは
私たちより遅く生まれて、私たちより早くあちらに帰ります。
その姿は「いかに生まれ死んでいくか」を見せることで、
私たちに学びを与えてくれているのではないかと、いつも思います。

はなは10歳前後で認知症を発症しました。
昼夜逆転、いきなりの遠吠え、トイレシートをくしゃくしゃにする…。
どれも若いころにはしなかったことでした。
最初は集合住宅だったこともあって
とにかく「やめなさい!」って止めるばっかりでしたが、
その現象にだいぶ慣れてきたころ、
「はな、どうしたの?何かあった?」って聞くようになりました。
そうしたら「え?どうしたの?」って…。
あれぇ???って思って、獣医さんのところに行きました。
「今までしなかったことをし始めて、注意するときょとんとするんです」
って。
そして獣医さんはこういいました。
「残念ですが認知症です。犬にもあるんですよねー」と。

それを聞いた私、ほっとしたのを覚えています。
「なんだ。ぼけちゃったんならしょうがないか」って(笑)
急に受け入れ態勢のスイッチが入ったんです。
それ以来昼夜逆転中の遠吠えが始まっても、
「はいはい、大丈夫よー」って
落ち着くまで抱っこして時間を過ごしました。
今となっては懐かしい時間です。

200802はな
このころはまだ普通だったんだよなぁ…。

今は志乃と芽依が重度の心臓病で、
志乃は時々失神を起こすようになってしまったし、
芽依は心臓病独特のひどい咳をします。
ぼーずは目がほとんど見えなくなっています。
それぞれ何かを抱えていますが、
みんな明るく過ごしてくれているのがありがたいです。

人間でも年を取ると赤ちゃんに戻っていくと言われますが、
人の手が必要になる機会が増えてくるという点から見ても
きっとペットたちも同じなんでしょうね。

私、はなの介護期にこう思いました。
「やっと恩返しができる」って。
今まで苦労かけてきた分、たくさん甘えさせてあげたいし、
全部のわがまま聞いてあげよう、って思ったんです。

今度は志乃の番。
私と同じで頑張り屋さんで我慢しちゃうから、
まずは私がゆるくなるところからはじめないと!!


            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
自由とは考えることを許されること
2017年05月09日 (火) | 編集 |
こんばんは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

今日は動物対話士養成講座4期生の
初級クラス第2回目でした。

杉並サロンにお越しくださったことのある方は
ご存知だと思いますが、
シーズー3頭、日本猫2匹が
いつもみなさんと一緒にいます。

この子たち、お客様が来ようと来まいと関係なく
いつも自由にしています。
今日はみんなと一緒に話を聞きたいと思えば1階にいるし、
今日は接待したくないのって思うと勝手に2階に上がります。

動物と暮らすのは、人間と暮らすとの
基本的には何も変わらないのでは?と思うのです。
人も動物も、あんまりルールでがんじがらめにしたら
考えることを放棄してしまうのでは?と。

ある程度の自由を認めて、
こちらの思いと違うことが起これば
「そういうことをするのはどうして?」と聞きながら
こちらがどうしてほしいかを伝えることで、
お互いがお互いのことを考えるのではないかな、と思います。

これは人対人だって、人対動物だって同じこと。
ペットと言われる動物たちにも耳はありますから、
私たちが何を言っているかは理解しています。
それを信じるかどうか、で成果が大きく変わってくるのですが、
信じている人とそのペットさんは、
本当に見事に意思の疎通ができていますし、
相手を尊重することを知っています。
犬だから人に忠実、猫だから人の話は聞かない、ではないのです。

実は今日の講座でもよちゃんがたいそうなわがままを言いました。
それは困ると伝えたら、すねちゃいました。
で、さっきのさっきまで、私は2階、もよちゃんは1階にいて
別々の部屋でした。

けど、もよちゃんも反省してさみしくなったらしく、
階下から私を呼んだので、どうした~?って降りていったら、
とっても反省してしょげた様子で近寄ってきました。
「さっきはごめんね」って。
ここまで来たら許さないわけにはいきません。
ちゃんとごめんねが言えたんだもん。

人だってなかなかそうはできませんね。
それができたもよちゃんはさすがです!
なので「お仕事中はわがままはダメだよ」って言って、
2階に行こうね♪って言ったら、喜んで駆け上がってきました。
そのあと抱っこして、もう一回念押して伝えて仲直り、です。
このブログを書いてる今も、私のお膝の上で一緒です。

行動する自由を与えられたということは、
自分の意思を持って考えることを許されたということ。
そうすると、話し合いの大切さを
自らの体験をもって知ることができます。

しつけ本に書いてある、
「動物たちは3~4歳くらいの知能しかありません」というのは
信じない方がお互いのためだと思うのが、
私がこの仕事を通して感じていることです。
彼らは実に思いやり深く、素直でユーモラスです。

私がインターネットラジオゆめのたねで
「ペットのように愛されたい」というタイトルで
ラジオ番組をしているのは、
そういうところを真似していけば
間違いなく愛されて大切にされるだろうなと
うちの子たちを見て思うからです。

そうやってだんだんペット化してくる
動物対話士(R)伊東はなんでした(笑)


            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット
久しぶりの家族孝行
2017年05月05日 (金) | 編集 |
こんにちは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

今日はこどもの日。
いつ振りだろうってくらい久しぶりに家族孝行してきました。
うちの子という名の、私より年上のワンコさんたちとピクニックです。

志乃の体調があまり良くないので少しだけ車で遠出して、
都立野川公園に行ってきました。
さすがゴールデンウィークだけあって、
駐車場に入るまでに1時間も並んでしまいました。
あんまり退屈だったので、
公園の中に入ってから食べようと用意していたおむすびを
車の中で半分超食べちゃいました。

久しぶりの広いところはみんなとてもうれしかったみたい。
みんなニコニコでした。
一眼レフカメラを持って、
何年越しかの撮影の練習も一緒に。
170505ぼーず&芽依
1705105志乃ぼーず芽依
それぞれ、あんまり遠くに行かない程度に自由に、
のんびりと時間を過ごしました。
暑くもなく寒くもなく、本当にいいお天気でした(^^)

170505芽依後姿
近くでは親子連れがテントを張って陣地取り。
あんまりにぎやかで、芽依がびっくりしてました。

170505志乃
志乃も今日はとってもいいお顔でした。
今日のメインは志乃さんだったので私もうれしい限り。

170505芽依
芽依はいつでもフォトジェニックです♡

170505ぼーず
どこでも寝られるぼーずの特技は私と同じ(笑)
これは寝落ちる数秒前の写真。

次にみんなで行けるのはいつかな。
たのしかった~♡

                  

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット
プロとして第一線で活躍するということ
2017年03月02日 (木) | 編集 |
今日は、俳優や声優さんとして、レ・ミゼラブルのマリウス役や
アナと雪の女王のハンス王子役としてご活躍の
津田英佑さんの「ミュージカル風雲新撰組~熱誠~」を観て来ました。
土方歳三を津田さんが演じています。

セーラームーンのセーラーヴィーナスやマレフィセントなど
その出演作を数え上げたらきりがない、声優の深見梨加さんとは、
このお仕事を始めたころからのお付き合いで、
今回は梨加さんのご主人でいらっしゃる津田さんの主演ということで、
開演前の楽屋にもごあいさつに入れていただき、
終わった後にご飯もご一緒させていただき、
とてもありがたい時間を過ごしてきました。

舞台が終わってほっとした後のお食事で。
津田さんと梨加さんと

舞台の内容は実際に見ていただくのが一番ですが、
かなり史実に基づいて作られている感じがしました。
生オーケストラでのミュージカルというのもすごかったです。
俳優さんたちの迫力と生演奏の迫力で、ずっと鳥肌立ちっぱなし。
幕末の登場人物は特に熱血漢が多いと感じるのですが、
その熱量に「あなたは一生懸命生きているか?!」と
問われた気がしました。

また、ストーリーとは別に、プロとして活躍しているみなさんを見て
本物に触れることの大切さを改めて思いました。
例えばステージでの津田さんの歌う姿。
津田さんだけでなく出演者の皆さんそうでしたけど、全く芯にブレがない。
新撰組がテーマなので、決しておとなしい舞台ではないのです。
立ち回りもかなり激しいのに、それでも声も姿勢もぶれない。
あとで聞いた話では、いくつかのハプニングもあったそうですが、
そんなことがあったなんて気づかせないアドリブ力。
さらに舞台が終わった後のお食事では、
津田さんの低音の秘密(!)もお聞きできたり、
奥様の梨加さんののどに対する心配り何かもお聞きできたり。
プロとして生きるってことを改めて考えました。

私は何のために生きているのかな。
一生を賭して守り抜くものはあるかな。

そんなことを考えながら、3月2日の夜は更けていきました。
いい時間だったな。
津田さん、梨加さん、本当にありがとうございました。

ミュージカル風雲新撰組~熱誠~は3月5日までです。
急いで見に行ってください!
個人的にとってもおススメです!


                  

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:人生を豊かに生きる
ジャンル:心と身体
2016年初日の出
2016年01月02日 (土) | 編集 |
みなさま、あけましておめでとうございます。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

2016年が始まりました。
昨年はみなさまにとってどんな一年でしたか?

2015年、私にとってはあっという間の一年でした。
とにかくいろんなことがあって、
TVもラジオもいくつも出させていただきました。
そのおかげかどうなのか、セッションのご依頼や
講座受講をご希望なさる方がうんと増え、
とても充実した年でした。

反面、その影響でメールのお返事が追いつかず、
年の瀬も、今年のメールは今年のうちに…と思いつつ
年をまたいでしまったものも数多くありました。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
明日から事務仕事を開始しようと思っています。
一生懸命お返事しますので今しばらくお時間をください。

そんな中、1月1日にお勉強仲間からお誘いを頂いて
新宿京王プラザホテルで初日の出を見てきました。
初日の出なんて何年ぶり?!ってくらい久しぶりでしたが、
とてもパワフルで清々しくて、しみじみ見てしまいました。
一眼レフカメラを持って行ってよかったです(^^)
2016年初日の出@新宿
(クリックすると拡大されます)

4ワン2ニャンも相変わらず元気です。
かーちゃんが忙しすぎてシャンプーしてあげられないまま
2016年を迎えてしまいました。

カレンダーは元旦で新年ですが、
私時計は旧暦を一年の始まりとしています。
なのでこのあともう一度、
改めて新年を迎えることになります(≧▽≦)
二十四節気というのも活用しています。
カレンダーを使い分けるとなかなか楽しいです。
そして、「やっぱり私は日本人でよかった♪」と
しみじみ思えるようになるのです。

四季と礼節を大切にする日本人。
今年はそんなところに
自分の心を据えてみようかなぁと思います。

で、旧暦新年までには
ワンコ達をピカピカにしたいと思います(汗)

本年もよろしくお願いいたします。
(たぶん旧暦元旦にも同じごあいさつをすると思います(笑))


                  

HANAn ~動物対話&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
お世話になった方の死に思うこと
2015年12月10日 (木) | 編集 |
みなさま、いつもご覧頂きありがとうございます。
動物対話士(R)の伊東はなんです。
すっかり冬になりました。
みなさまいかがお過ごしですか。
HANAnファミリーはみんな元気です(^^)

そんな私のつい先日の夜のこと。

久しぶりの方からメールが来ました。
…が、内容は訃報。
もよちゃんと出会った福島の避難所の担当さんが
お亡くなりになったとのこと。
若干26歳。
心筋梗塞だったそうです。

この方がいなかったら
福島での動物対話の震災ボランティアができなかったし、
避難所で保護されたもよちゃんとは出会っていませんでした。

今ではもよちゃんもすっかり大御所の風格で、
大切な大切な我が子です。
ですから、担当さんにもよちゃんの姿を見せたくて
連絡を頂いた翌日早朝に、
もよちゃんと一緒に福島までご葬儀に行ってきました。
キャリーバッグの中でいい子にしてくれてて
とっても助かりました。
もよちゃん4歳半。福島に行く道中。

往復600kmの車移動はさすがにこたえました。
でも行ってよかった。
福島ボランティアでお世話になって以来、
なかなか連絡ができなかった方々みんなに会うことができました。
担当さんのおかげだねって、みんなで口々に言いました。

今回のご葬儀、
エンジェルペットさんとの対話もするという仕事が役に立ち、
担当さんといろいろお話ししてきました。

26歳という年齢ですから、
ご両親はもとよりおばあちゃまもご健在で、
年寄りっ子の私にはそれが何より辛かったけど、
担当さんの魂は別段悲しそうな感じではなく
ご葬儀のあいだ中、式場の上をふわふわと飛びながら
みんなの様子を温かく見守っていました。

参列者のお焼香の段になり、
私の順番が回ってきた時に担当さんに
「あの時の猫、大きくなりましたよ。今日は連れてきたよ」
って話をしたら、
「まじっすか♪見たいっすー!」って
嬉しそうな思いが伝わってきました。
あー、4年前と何も変わってないなぁって、嬉しく思いました。
この言葉を聞いて、担当さんは悔やんでないし迷ってないし、
きちんとやることやったし行くべき所に行けるんだね、って思いました。

精進落としの時に、生前の担当さんの話をたくさん聞きました。
陰徳を積むってことを自然にやっていた人でした。
「やることをやったから逝ったんだね」と感じたことの裏付けを頂いたようでした。
きっと、神様に「おかえり」って言って温かく迎えられたんだろうなと思いました。
…とは言っても、やっぱり残された側はさみしいですけどね。

ご葬儀が終わり、車に戻ってもよちゃんに
「誰か来た?」って聞いたら、
「うん、知らない人が私のことをじーっと見てたよ」って。
伝わって来る感じが担当さんでしたから、
ちゃんともよちゃんの成長っぷりを見てくれたんだなって思いました。
それを感じ取ったもよちゃんも偉いね。
なんだろなーと思いながらじっとしてたそうです。

普段のお仕事で行うエンジェル動物対話の時も今回も、
同じことを思いました。
死ぬってとっても大変なことで
辛くさみしいことだと思っている人が多いけど、
逝く側からすると、ハレの舞台なんだなと。
肉眼で、耳で、その存在を知ることは難しくなるけど
この世での学びを終えた卒業式なんだから
お疲れ様、ありがとう、で見送ってあげたいなと。

お別れは、家族も他人も、人もペットも、相手が誰であろうと、
何度経験しても慣れるものではないけれど、
でも、すこしずつ心の中で死に対する理解が深まっているなぁと感じました。

その理解をたくさんの人に伝えるべく、
これからも世間のお役に立つお仕事をしていきたいと改めて思いました。

Mさん、ステキなご縁をありがとう。
心から感謝しています。
またいつかどこかで。

                  

HANAn ~動物対話&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
テーマ:人生を豊かに生きる
ジャンル:心と身体
強制クールダウン
2015年11月04日 (水) | 編集 |
みなさま、いつもご覧頂きありがとうございます。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

なんだか最近バタバタで…。
強制終了で倒れちゃう前に、強制クールダウンをしてきました。

カメラを持って風通しのいい街へ。
初めてすすきに色気を感じました(笑)

20151103-1

20151103-2

20151103-3


おかげさまでリフレッシュ完了です!
明日もあさってもてんこ盛りの予定ですが、
張り切ってまいりましょう!


                  

HANAn ~動物対話&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
テーマ:人生を豊かに生きる
ジャンル:心と身体
はなに表彰状
2015年10月22日 (木) | 編集 |
2015年10月のはなと芽依

みなさまこんばんは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。
ブログ記事のご無沙汰が続いていますが、
私もワンコ達もニャンコ達も元気です(^^)

…といいつつ、
ここ最近、志乃と芽依の調子が良くなくて、
週に一回、病院に通っています。
おかげさまでお薬はいらないねーって感じなので
大したことはないのですけどね。

で、今日は通院日でした。
伊東さーんって呼ばれて窓口に行ったら…。

じゃじゃーん。
はなに表彰状
はなちゃんのご長寿の表彰状です、って。
思いがけず泣けてしまいました。

はながまだまだ若くって、
私がこんな仕事をしていない頃。
理由はないけど、なぜかぼんやりと
「はなは10歳まで生きないんだろうなぁ」って思っていました。
だから無事に10歳になった時は心底ホッとして、
これからはおまけの人生だから楽しもうね、って決めました。
その後心臓が悪いことが分かり、
このままでは一年持ちませんという余命宣告が出てから、
今年、3度目の夏を超えました。

そして実は、
この夏は本当にお空に帰っちゃうかと思うほど
大変な時期がありました。
このまま逝かせたら私が後悔する!と思って、
あわててはなと二人きりの一泊旅行をセッティングしました。
はなの出産後、二人っきりで何かするってことが
ほとんどなかったから、
しっかりお礼を言わないとって思って。

空気のおいしいところで同じご飯を一緒に食べて、
ずーっとふたりっきりでいて…。

そうしたら、そこから奇跡のV字復活を遂げました。

けど、15歳のお誕生日まで
あと1ヶ月という最近になって
また咳がひどくなってきました。

そんな時にこの表彰状だったので、
びっくりするやらありがたいやら。
改めておまけの人生のありがたさを感じました。
あとはいつ何があっても「いつもどおり」で過ごせる。
そう思いました。

この「いつもどおりに」という言葉は、
セッションで実に多くのペットさんが
(特に病気を抱えているペットさんが)
飼い主さんに伝えてほしいという言葉。
あちらに行くのは自然なことだから
気にしないで大丈夫だからね、という
思いが込められています。

この言葉、私もとってもよくわかります。
だから、それを伝える立場の私だからこそ
しっかりと実践していきたい。
そう思ってます。

TOPの写真は数日前のはなと芽依。
はなは「あたしのベッドなのにぃ~…」って。
子供たちには強く出られないのがはなのいいところ。
こんな感じで「いつもどおり」に過ごしています。

平和が一番、ですね。

                  

HANAn ~動物対話(アニマルコミュニケーション)&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。