FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
うちの子とお話しする方法 最終章 素直に信じる 
2019年05月15日 (水) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

<初めてこのブログを目にされた方へ>
ようこそ。お待ちしておりました。
このシリーズは本ブログの中でも特に熱量が高いです。
けど、がんばってついてきてください。
その先にはきっといい事あるから。

このシリーズを読み進めていくうちに、
「動物と話すことは特殊能力でも何でもないんだよ」
と言っているのが伝わりますように…と
思いながら書いてます。

どうかたくさんの人が
動物との対話ができるようになりますように。
彼らの本当の姿が、あなたの目と心に
しっかりとした届きますように。

このシリーズでどんどん皆さんの思い込みを
壊していこうと思います。
だって、
思い込みこそが動物と対話する時の
一番の厄介者なんだもの。
そんなのなくていい。

ていうか、
そんなのないほうがい。


ここまで5つのコツと2つのコラムを書きました。
そんなにあったっけ?というあなたへ(笑)

うちの子と上手に話す方法 前書き
その1:形あるものは有限
その2:技術よりメンタル
うちの子とお話しする方法 ちょっと一息
その3:言葉より大事なもの
その4:目的を明確にする
その5:常識をあてはめない



情報としてはかなりボリューミーです。
これだけでもきっとちゃんとお話しはできるはず。
このシリーズは、動物対話士の仲間たちが
こぞって「ずるーい!」って言うくらい濃いものですから
相当なものです。

なので、
とりあえずこのシリーズは今回で完結としましょう。
本当はもっと小出しに長ーく続ければよかったんですけど、
もったいぶれないところが私の長所であり短所。
これより細かいことは個人セッションや動物対話基礎講座、
その先の動物対話士養成講座にて
がっつりお聞きくださいませ。
聞かれたことにはぜーんぶお答えしますよ!
楽しみにしててね。


で、
うちの子とお話しする方法の最終章は
「素直に信じる」です。

個人セッションを受けられた方の中でも
トップクラスに来る質問が
「うちの子、今のご飯気に入ってますか?」
「どこに行った時が楽しかったですか?」

です。
で、ペットさんからの回答を伝えたときの
飼い主さんの言葉は、ほとんどの方が
共通して「やっぱりですか~」なんです。

やっぱり、ってどういうときに使う言葉か
考えたこと





-----

一般社団法人動物対話協会


          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
うちの子とお話しする方法 その5 常識をあてはめない
2019年04月01日 (月) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

いつもお読みいただきありがとうございます。
まずはお知らせ。

     

自分で「うちの子」とお話しできるようになりましょう
動物対話基礎講座→http://hanan.jp/school
毎月月末の土日に開催。次回は4月27・28日。
その他、毎月平日に一日集中クラスを作りました。
4月17日(水)、5月18日(水)、6月12日(水)、6月23日(日)
内容は月末の2日間のクラスと同じです。
     

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を大募集!
こちらまで、「感想送ります」とお願いします。

     

インスタグラムはじめました。
https://www.instagram.com/ito_hanan/
フォローしてね。伊東はなんの日常がチラ見できます(≧▽≦)

     

<初めてこのブログを目にされた方へ>
ようこそ。お待ちしておりました。
このシリーズは本ブログの中でも特に熱量が高いです。
けど、がんばってついてきてください。
その先にはきっといい事あるから。

このシリーズを読み進めていくうちに、
「動物と話すことは特殊能力でも何でもないんだよ」
と言っているのが伝わりますように…と
思いながら書いてます。

どうかたくさんの人が
動物との対話ができるようになりますように。
彼らの本当の姿が、あなたの目と心に
しっかりとした届きますように。

このシリーズでどんどん皆さんの思い込みを
壊していこうと思います。

だって、

思い込みこそが動物と対話する時の
一番の厄介者なんだもの。
そんなのなくていい。

ていうか、
そんなのないほうがい。

ということで、


今日は
「うちの子とお話しする方法その5 常識をあてはめない」です。

よく
「うちの子、犬なのに呼んでも来ないの」
とか、
「猫なのにお手ができるんだよ」
として、
犬っぽくない・猫っぽくないから
どうしたらいいか分からない、という
お話しを聞きます。

実はこれが
うちの子と上手に話すことを遠ざけているのです。

犬だから忠実。
猫だから気まぐれ。
そんな目でしか見てもらえないと
彼らも困ります。
気まぐれな犬だっているし、
忠実な猫もいるんだもの。

吉くん
ボクはかーちゃんの言うことはちゃんと聞きます。
お名前呼ばれたらちゃんと行くし、
お外に出ちゃだめよって言われたら
ちゃんと言いつけ守るもん!

ぼーず兄ちゃんと吉。
ある日の朝の吉とぼーず。

猫はドアが開いてるとすぐに出ていく、というのも
猫あるあるですが、すべての猫がそうだとは限りません。
我が家はぼーずは出ていいけど、
猫たちは玄関から出てはいけないと教えています。
そしてそれをちゃんと守ってくれます(^^)

吉が玄関の向こうを覗き見しているのは
臆病だからではありません。
だって彼はお客様が来れば机の上に乗って、
おでこを撫でてと催促するくらい物おじしない子。
でも玄関から出ません。
かーちゃんとの約束だし、
お姉ちゃん猫たちもそうしているからです。
かーちゃんに褒められるのが嬉しいから
これ以上出ません。

お外に出たいときに出る!としている気まぐれな犬と、
出ちゃだめよと言われているのでそれを守る忠実な猫。

一般的ではないかもしれませんが、これが現実です。

見るべきは常識ではなく、
目の前の「うちの子」です。


常識に縛られた目でうちの子を見ている限り、
本当の意味での対話はできません。

あなたが「うちの子」と対話したいのはなぜ?
そこにスポットを当ててみれば
何をどうすればいいのかわかるはず。

ということで、
今日のテーマはここまで。

また明日、ね。



-----

一般社団法人動物対話協会


          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
うちの子とお話しする方法 その4 目的を明確にする
2019年03月08日 (金) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
まずはお知らせ。

     

毎月3回目の日曜日の10時から
きずなノートの生まれ故郷、HANAn杉並サロンにて
うちの子きずなノートワークショップを開催します!
今回は第1回目。3月17日(日)10時からです。
たった8ステップで人生に対する考え方さえ変えてしまう
奇跡のワークブック「うちの子きずなノート」を使って、
無理なくあなたを取り戻しましょう。
詳しくはこちらのブログ記事をぜひ!
http://hananz.blog77.fc2.com/blog-entry-1951.html

     

今月もやってまいりました!
千葉県野田市のPETサロンAIAIさんでの
イベントセッションが3月24日(日)に行われます。
伊東はなんに会うために来てくださる常連さんもいる(!)ほどの
大人気イベントです!
ご予約枠は限られていますのでお早めに!
詳しくは本ブログにも掲載されてます。

     

自分で「うちの子」とお話しできるようになりましょう
動物対話基礎講座→http://hanan.jp/school
3月は30日(土)初級・中級、31日(日)上級 です。

     

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を大募集!
こちらまで、「感想送ります」とお願いします。

     

インスタグラムはじめました。
https://www.instagram.com/ito_hanan/
フォローしてね。伊東はなんの日常がチラ見できます(≧▽≦)

     


おはようございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

<初めてこのブログを目にされた方へ>
ようこそ。お待ちしておりました。
このシリーズは本ブログの中でも特に熱量が高いです。
けど、がんばってついてきてください。
その先にはきっといい事あるから。

このシリーズを読み進めていくうちに、
「動物と話すことは特殊能力でも何でもないんだよ」
と言っているのが伝わりますように…と
思いながら書いてます。

どうかたくさんの人が
動物との対話ができるようになりますように。
彼らの本当の姿が、あなたの目と心に
しっかりとした届きますように。

このシリーズでどんどん皆さんの思い込みを
壊していこうと思います。

だって、

思い込みこそが動物と対話する時の
一番の厄介者なんだもの。
そんなのなくていい。

ていうか、
そんなのないほうがい。


ということで。


今日のテーマは「目的を明確にする」です。
何のためにその話をするのか、という
話の芯をもってお話ししようね、ということ。

ときどーーーき、
今となっては本当に時々ですが、


今となっては、って書いたのは
前はこういうことが頻繁にあったからです…


セッションで聞いた話を笑いのネタにしたい
飼い主さんがお見えになることがあります。

うちの子、パパより偉いと思ってるんだってー(爆笑)
とか、
ボールを飲みこんで大変だったのに
懲りてないんだってー(≧▽≦)
とか。

こういう流れになるのは主に
家族内順位系の話と過去の事件を忘れた的な話に多いです。

このお仕事を始めたばかりの時は、
クライアントさんからのご要望だから…と
真面目に聞いて真面目に答えをお伝えしていました。
でも月日が経つにつれ、
その質問が笑いのネタにしかならないことを理解したとき、
家族の、お友達の、笑いの的にされている彼らの心が
重く苦しく届いてきたんです…。
辛かった…。
その時、その重く辛い気持ちを受け取ったのと同時に、
私がそういう目に遭ったらどう思うだろうって考えました。
私も人に笑われるために答えるのはイヤだなって思いました。

何のためにそれを聞くのか。

それによってペットさんとあなたの未来は
大きく変わってきます。

笑いのネタにするためなのか。
より良い関係を築くためなのか。
ブログのネタにしたいからなのか。

あなたはどんな質問をしてくれる人に
信頼を置きたいと思いますか?

それが答えです。



-----

一般社団法人動物対話協会


          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
うちの子とお話しする方法 その3 言葉より大事なもの
2019年02月20日 (水) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

いつもお読みいただきありがとうございます。
まずはお知らせ。

     

2月22日(金)、今度の金曜日です!!
福島県郡山市で講演会があります。一般の方もご参加可能。
2時間ので1000円という破格値で、動物対話のあれこれを語ってきます。
Facebookのイベントページが詳しいです。

     

自分で「うちの子」とお話しできるようになりましょう
動物対話基礎講座→http://hanan.jp/school
毎月月末の土日に開催。次回は2月23・24日。この週末だよ!!
3月2日は特別に1日集中講座@横須賀。

     

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を大募集!
こちらまで、「感想送ります」とお願いします。

     

インスタグラムはじめました。
https://www.instagram.com/ito_hanan/
フォローしてね。伊東はなんの日常がチラ見できます(≧▽≦)

     

<初めてこのブログを目にされた方へ>
ようこそ。お待ちしておりました。
このシリーズは本ブログの中でも特に熱量が高いです。
けど、がんばってついてきてください。
その先にはきっといい事あるから。

このシリーズを読み進めていくうちに、
「動物と話すことは特殊能力でも何でもないんだよ」
と言っているのが伝わりますように…と
思いながら書いてます。

どうかたくさんの人が
動物との対話ができるようになりますように。
彼らの本当の姿が、あなたの目と心に
しっかりとした届きますように。

このシリーズでどんどん皆さんの思い込みを
壊していこうと思います。

だって、

思い込みこそが動物と対話する時の
一番の厄介者なんだもの。
そんなのなくていい。

ていうか、
そんなのないほうがい。

ということで、


今日は
「うちの子とお話しする方法その3」です。

今日のテーマもなかなか深いです。
日頃私は「言葉って大事だよ」ってお伝えしています。
大事なものだから丁寧に使ってね、と。
乱暴な言葉や省略語は
できるだけ使わないほうがいい、と。

言葉が雑な人は所作が雑です。
所作が雑な人は心が雑です。
心が雑ということは、
丁寧に過ごす余裕がないということ。


「ペットは飼い主の写し鏡」といつもお伝えしていますね。
あなたの雑な言葉から派生する雑な心が
全部ペットさんに反映されてしまう
としたら…?

こわいこわい・・・。

だからやっぱり言葉は丁寧に、が基本です。

でもペットさんたちは日本語が話せません。
そこに飼い主さんたちは心を痛めているのです。
「あの子が日本語を話せたら、もっと分かり合えるのに」と。

けどね、

ペットさんたちだって、共通言語を持てれば
どれほど楽なことか…と思って、

ないです!(笑)

長年このお仕事をしていますが、彼らから
「なんでボクはママと同じ言葉が話せないの?」
という悩みを受けたことは一件もありません。

そんなことしなくても分かり合えてると思っているか、
伝えても伝わらないんだからしょうがないよ、で
諦めているかのどちらかです。
ないものねだりをしてもしょうがない。

ほとんどは前者ですが。

彼らはわかってる。
言葉がなくても分かり合えることを。

キラキラした目。
よく動くしっぽや耳。

全身で気持ちを表すそれは
まるで子供のようにまっすぐに
私たちに届いてきます。

その動作ゆえに
「動物の知能は幼稚園生並み」
なんて言われてしまうけど、
それはあくまで見た目の話。
心の中や頭の中はしっかりと
年齢相応に成長しています。

だから、どう動けばどう伝わるかを
彼らは熟知しています。
その話はまたあとで丁寧にお伝えしますが。

言葉がなくても、
それを補う豊かな表現力がある
ことを
家族であるあなたがまっすぐに受け止めてあげてください。

その表現力こそが彼らの言葉です。

気のせいにしないでください。

合ってるかどうか自信がなかったら
ペットさんに確認してください。

イエスとノーの違いくらい、
飼い主さんだったら分かるよね?

彼らがイエスとかノーとかって
答えやすいように聞いてあげてください。

私たちが話している言語に頼らないで。
彼らの活き活きした表現を見逃さないで。

彼らは「対話」がしたくてうずうずしています。


ということで、
今日のテーマはここまで。

また明日、ね。


珍しく今日は画像を差し込まなかったね。
たまにはそういう日もあり、かな(笑)


-----

一般社団法人動物対話協会


          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
うちの子とお話しする方法 ちょっと一息
2019年02月13日 (水) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています、
動物対話士の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。


熱量高い記事が続きました(笑)
どうしても一つの記事にかける時間が長くなって
最終的にはもよちゃんに怒られます(^^;

ここ二日、もよちゃんから
こんな顔して背後から見られてました。
もよちゃん
いつまでやってんのよ…


なので時々一息つきながらお話しを続けていこうと思います。
一息のテーマは、

そもそも私が何でこんなことを仕事にしようと思ったのか
とか、
たくさんのペットさんと会うからこそ体験できた
普通はなかなかあり得ないエピソード
とか、
上手にお話しできるとこんなことが起こるよ
とか。

そんなのを時々挟んでみようと思います。


という前振りで、
今日はここまで。

もよちゃんに夜更かしを付き合わせてばかりは
申し訳ないのでね☆


-----

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
まだまだ大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、
「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----

インスタグラムはじめました。
まだ使い方がよくわからなくて、
フォローとフォロワーの関係とか、
じょうずな改行のしかたとか、
そういうの、全然わかりません(^^;
けど、フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

たぶんいろんなものの中で一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
けど、愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。

-----

一般社団法人動物対話協会


            
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
うちの子とお話しする方法 その2 技術よりメンタル
2019年02月13日 (水) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています、
動物対話士の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。


<初めてこのブログを目にされた方へ>
ようこそ。お待ちしておりました。
このシリーズは本ブログの中でも特に熱量が高いです。
けど、がんばってついてきてください。
その先にはきっといい事あるから。

このシリーズを読み進めていくうちに、
「動物と話すことは特殊能力でも何でもないんだよ」
と言っているのが伝わりますように…と
思いながら書いてます。

どうかたくさんの人が
動物との対話ができるようになりますように。
彼らの本当の姿が、あなたの目と心に
しっかりとした届きますように。

このシリーズでどんどん皆さんの思い込みを
壊していこうと思います。

だって、

思い込みこそが動物と対話する時の
一番の厄介者なんだもの。
そんなのなくていい。

ていうか、
そんなのないほうがい。


ということで。


これからどんどん
あなたの思い込みを壊していきます。


「うちの子」と上手に話すには
ペットさんとの対話技術を身につけるよりも
飼い主さんの状態を整えるほうが先です。

まえがきの記事中に
こんな話をお伝えしたのを覚えてますか?

ペットを幸せにしたければ
まずあなたが幸せになるべきです


と。

ここをおろそかにしてはいけません。
実は単なるまえがきではありませんでした。
まずは
あなたがいつも笑顔でいられる生活をしてください
これが動物と対話するうえで最も重要なポイントです。
基礎中の基礎です。
物事は何でも基礎がしっかりしていないといけません。


ハイヤーセルフとか瞑想とかで
上の世界とつながるのも悪くないけど、
ペットさんたちがいるのはそんな世界じゃないでしょ?
今流行りの?チコちゃん流に言うと
「ボーっと生きてんじゃねーよ!!!」的な?!(笑)
見るのは雲の上じゃないよ、ってことが言いたいのです。
大事のはそこじゃない。

ペットさんと対話するのに本当に大事なのは
彼らとの通信手段よりも
あなたの精神状態です。
できるだけ平らでいてください。


けれどもし、あなたの心にさざめきが起こったら、
ペットさんと一緒にそのさざめきを感じてください。

ペットに愚痴を聞かせると早死にするなんて
都市伝説ですから!!


そりゃあ人間だって、
来る日も来る日も愚痴ばかり聞かせられたら
気がおかしくなります。
想像に難くないですね。
ペットだからとか人間だからとか、
そういう次元の話じゃないんです。

もし大好きな家族が落ち込んでたら、
あなたならどうしたいですか?

そばにいて慰めてあげたいですよね。
愚痴を聞いて、寄り添ってあげたいですよね。
ペットさんだって家族の一員です。
あなたがそうしたいと思うのと同じように
あなたの力になってあげたいと思っています。
どうか一緒に喜怒哀楽を体験してください。


ペットさんが飼い主さんの病気を引き受けるって話、
これもよく聞く話ですね。
もし、ペットさんを病気から遠ざけたかったら、
ペットさんを人間の家族のように扱ってください。

家族のように扱うというのは、
かわいいねとか愛してるとか、
そういう言葉がけをたくさんするだけじゃなく、
(もちろんそれもとっても大事だけど)

酸いも甘いも一緒にかみ分けてください。
大好きな相手だからこそ、同じ時を生きてください。

ということです。

「私はどうでもいいからうちの子を幸せにしたいんです」
という人のペットさんはどうしたって幸せになれません。
ペットと呼ばれる彼らには
自分だけ幸せになれればいいという考えは
ありません。
家族丸ごとが幸せじゃないと
自分も幸せじゃないと思っています。

これはペットさんの種類に関係なく、です。
うちは猫で自分勝手な生き物だから
そんなことないでしょ、なんて思ったあなた。
今すぐそんな考え方はやめてね。

一緒に暮らしているというのはどういう意味かを
よーく考えてあげてください。
あなただって嫌いな人と一緒に暮らしたくないでしょ?
大好きな人と一緒にいたいでしょ?
あの子があなたと暮らしているのは
そういうわけですからね。


かーちゃんお話し聞かせて
「かーちゃん、ボクお話し聞くよ。」
「あたしだって!」


人間の子育ても同じです。
いつもニコニコしている家族に育てられた子と
いつも不安に取りつかれている家族に育てられた子と、
どっちが情緒豊かで感受性豊かないい子になると思います?
答えは聞かなくても分かりますよね。

だから、
ペットさんを幸せにしたかったら
まずは飼い主のあなたが幸せになりましょう!
」と
今まで十数年もの間、ずーっとずーっと
同じことを言い続けてきました。

これがわかっている人の日常は
きっとキラキラした毎日です。


さあ、
これが理解できた人から
次のステップに移りましょう。

それでもまだ「自分を平らにする」の意味が
わからないよ、というあなた。
ぜひ動物対話基礎講座に来てください。
あなたのために、そしてそれはすなわち
あなたのペットさんのために、
納得いくまでとことん向き合いますよ。
はなんとのガチンコ勝負、楽しいよー(≧▽≦)



-----

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
まだまだ大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、
「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----

インスタグラムはじめました。
まだ使い方がよくわからなくて、
フォローとフォロワーの関係とか、
じょうずな改行のしかたとか、
そういうの、全然わかりません(^^;
けど、フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

たぶんいろんなものの中で一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
けど、愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。

-----

一般社団法人動物対話協会


            
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
うちの子とお話しする方法 その1 形あるものは有限
2019年02月12日 (火) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています、
動物対話士の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。

昨日は
「うちの子とお話しするために大事なこと」の
長いまえがきをお読みくださって
ありがとうございました。

たくさんのいいねをいただきました。
期待に応えられる記事になるといいなと思います。

いよいよ本編に入ります。
このシリーズはきっととても熱量が高いです。
けど、がんばってついてきてください。
その先にはきっといい事あるから。

このシリーズを読み進めていくうちに、
「動物と話すことは特殊能力でも何でもないんだよ」
と言っているのが伝わりますように…と
思いながら書いてます。

どうかたくさんの人が
動物との対話ができるようになりますように。
彼らの本当の姿が、あなたの目と心に
しっかりとした届きますように。


実はさっきその1をアップしました。
けど、読み直していたら
内容が複数にわたっていたので
分割しました(^^;


ということで改めて…。


私は2016年の12月から半年ごとに1頭ずつ
うちの子をお空に見送りました。
だからこの2年間は毎年新盆でした。

子犬のころからうちにいて、
なぜかわからないけど
「この子は10歳まで生きないかもしれない」なんて
うっすら思っていた子が16歳まで生きました。

この子は老犬介護を私にさせるのがお役目だろう
と思っていた子は14歳でお空に帰りました。
まだまだ介護したりなかったし、
むしろ介護し始めて間もなくのころでした。

ついさっきまで私の作ったかぼちゃの煮物を
一緒に食べてた子が、その10分後に
眠るように静かに息を引き取りました。
13歳半でした。

どの子も命の時間は想定外でしたが、
お手本のように素晴らしい生き方と逝き方でした。

世間では動物の気持ちがわかる動物対話士ですが、
うちの子たちからすればただのかーちゃんです。
昨日までいた子がいなくなるのは信じられないし、
ご飯のお皿をい亡くなった子の分まで出してしまって
「あ…」って思ったりもしました。
もしかしたら一緒に暮らしていたこと自体が
幻だったのかもしれないなんて思うこともしばしばでした。

2012年暮れのごあいさつ@HANAnファミリー一同
ワンコず、こんなにたくさんいたのに
今はぼーずだけ…。
猫はもよちゃんしかいなかったのに
今は千晴と吉もいる…。

あると思っていたものはいつまでもあるものではなく、
手に入るはずがないと思っていたのに
いつの間にか手元にあったり。
そうやって何事も特別と思って暮らしていると
すべてが愛おしくてキラキラしてくる…。
一瞬たりとも粗末にできないな、と思うわけです。

天使とか前世とか、
そういうところにキラキラした世界を求めているうちは
最も大切な現実のキラキラしたかけがえのない
有限の時間を見落としてしまって片手落ちです。

私も見えない世界にはとても興味があります。
今でこそ、仕事柄を通しての知識や経験で
いろいろな情報を持ち合わせていますが、
そうなる前は、
見える人にだけ見える世界ってどんなだろう
って思ってました。
そうしているうちに
だんだんわかってきたことがあります。

見えない世界は無限です。
見ようと思えばいつだってみられますし、
いつだってそこにあります。
でも、見える世界は有限です。
形あるものは有限なんです。
これが現世のルール。

生まれたら死ぬ。
これもルール。

私は「絶対」という言葉は好きではありません。
現実は変えられると思うから。
でも、この現世のルールだけは
何がどうあっても絶対なんです。

そうすると「あとでいいや」という、
一見すると”ぐーたら”と思われる時間こそが
実は最大の贅沢だというのがわかってきます。

かたちあるものはいつかなくなる
それを知っているのに
どうしてそれがあるうちに活用しないの?
手元からなくなってから
「あれがあれば…」と思っても遅いんです。
昔の人はよく言ったもので「後悔先に立たず」です。
まさに、です。

瞑想とか天使に導いてもらうとか、
そんなのは形がないものなんだから
いつでもできる。

今しかできないことを今やらなくていつやるの?

予備校講師の林先生が流行らせた
「今でしょ!!」はまさに言いえて妙です。

まず動物と対話するために一番大事なことは
「目の前の様子をちゃんと見る」ということ。
これをおろそかにしては先に進んでも
信憑性の薄い、底の浅い対話にしかなりません。

まずはここから始めてみてください。


で!

そんなこと言ったら
うちの子はとっくにお空に行ってしまったんだから
どうしたらいいのよ!!!と
微妙にご立腹だったりがっかりしちゃったあなたへ。

見捨てるわけないじゃないですか。
お空組を家族に持つあなたにもちゃんとアドバイスがあります。

あなたがそこまで感情を動かすほどに大切な子だったら、
あなたのイメージの中でその子を動かすことはできますね?

おはようの時はどういうあいさつをしてくれたか。
仕事に行くときはどういうふうだったか。
お帰りなさいの歓迎はどんなだったか…。

思い出せますよね?

「もしうちの子が生きていたら」という
想像で「うちの子」を動かしてあげてください。
まずはそれでいいです。

詳しくはお話しが進んだら出てきますから
今はただ、大好きなうちの子をあなたの頭の中で
動かす練習をしてください。


今回はひとまずここまで。


コメント欄に感想いただけたら嬉しいです♪


-----

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
まだまだ大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、
「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----

インスタグラムはじめました。
まだ使い方がよくわからなくて、
フォローとフォロワーの関係とか、
じょうずな改行のしかたとか、
そういうの、全然わかりません(^^;
けど、フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

たぶんいろんなものの中で一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
けど、愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。

-----

一般社団法人動物対話協会


            
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
うちの子とお話しする方法 まえがき
2019年02月11日 (月) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています、
動物対話士の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。

今日からしばらくの間、
「うちの子とお話しするために大事なこと」
についてお話しをしていこうと思います。
たぶん長くなると思いますけど、
お付き合いくださるとうれしいです。

というのも、
ここに来てやっと、このブログの立ち位置というか
存在の意味というのが分かってきた気がするからです。

そのきっかけとなったのが昨日・おとといと、
インターネットラジオでは二日続けて
出演させていただいたことでした。
正確に言うと、昨日までの一か月間は
毎週土日の夜はいつもラジオに出てました。
土曜日は自分の番組でパーソナリティとして。
日曜日は友人の番組にゲストとして。
どちらも動物とかかわることの楽しさについて
お話しをしました。

放送を聞いてようやく
今のブログが単なる日記になってる…
ってことに気がついた次第。
遅すぎるーって話ですが、ここはひとつ、
ラジオを通して客観的に自分を見るという
大切さを知ったってことで…(^^;

けど実際のところ、
自分の関わっている番組やいろいろを
見聞きするたびにいつも思うんです。
「なんでこんなことしてるのかな」って。

ペットだって家族なんだから対等に!を
啓蒙するためだよ、という
私にとってはごく当たり前の思いから始まり、
では
なぜ啓蒙が必要なのかな?
に続き、
結局ペットはまだ家族の位置に到達していないから
という
切ない堂々巡りの三段落ちになる…。

本当かな。
本当にそのためかな。

ぐるぐる考えると、
いつも落ち着く先は
結局

うちの子を大切にしたいから

というところ…。
そこに落ち着く、というより、
それより先に進むための質問も答えも出なくなる
という感じ。
なので
今のところの私の行きつく先の答えは

この仕事をしているのは
うちの子のため

になる。

で、
私のおうちの子は
私にとっての「うちの子」なんだけど、
あなたのおうちの子も
あなたにとっての「うちの子」だよね?

ってなって、

だったら一緒に、みんなが幸せになるための
いい道筋を考えようよ。
というのが今のお仕事の理由。
そう考えると、がぜんやる気が出てくるのです。
だからこれが本当の私のやりたいお仕事の意味で
合っていると思います。

これね、
この仕事をする前の私を知ってる人からすると
ありえない私の思考です。
昔は「戦う女」(笑)でしたから、
みんなで【一緒に】【平和的に】考えよう、なんて
言いそうな気配すらありませんでした。
人って変わるんだねぇ。
自分を見てつくづく思います。

でも、
変わった姿をちゃんと披露しないと
変わったことが伝わらない。
私も変わったんだよ、って思ってるだけじゃダメなんです。
幸い私はこうやってお仕事で披露できたり
ブログで思いを発信できるからよかった。
それでもまだ「そんなの信じられない」って人は
たくさんいるかもしれないけど、
それは、それくらい長く戦いの時間があったってこと。
しょうがないね、自分の中の事実だもの。
でも、今は違う。


この変遷があったからこそ、
「うちの子とお話しする」ことが
できるようになったんだと思います。

そもそも私はしっぽたちとの暮らしは
三十路デビューです。
遅すぎるスタート。
でも、今、ありがたいことに
動物と対話することだけで
単独生計を立てているということにおいて
国内では最古参の部類に入ります。

それにしては地味よねーと気づいたあなた、
正解です!(笑)

私たち動物対話士は、
テレパシーとかハイヤーセルフとか、
そういうキラキラしたところには
ほとんど立ち入りません。
ある意味とても地味で泥臭いです。
人々の憧れとは別の意味でちょっと遠いところにいます。
だからどうしても、「天国からの○○」とか
「守護霊様が~」系のキラキラと比べると地味なんです。
私たちのそれはあまりにも日常的過ぎるから。

でも、
だからこそ役に立っているんだという自負は
どこの誰よりも強く持っています。
だって本当に必要なことだもの。
それが日常の中にあるんだもの。
それはまるで、
呼吸することや食事をすること、
トイレに行って排泄することと何ら変わらない
日常の中にあるんです。

日常って最も大切で、
でも
もっとも気づきにくいもの。
後悔先に立たず、です。
あたりまえがいちばんしあわせ

「あたりまえがいちばんしあわせ」
私の座右の銘のひとつです。
字も私(^^)

だから、
泥臭くて当たり前の
「健康に感謝しましょう」というのと同じように、
「ペットさんとの暮らしを大切にしましょう」と
声を大にして、
地味だけど同じことを
十数年も言い続けているのです。
感謝したいけどどうしたらいいかわからない、
という方のために個人セッションや講座を開いています。

感謝の気持ちをどう表したらいいのかがわかると
それを実践したくなるのが人の心。
そして、それを実践した人から
明らかに人生が変わっていきます。
自分に必要なもの、不必要なものが
明らかになってきます。

ペットを幸せにしたければ
まずあなたが幸せになるべきです

とは、私が動物対話を専業にする前の
インターネットショップのスローガンでもありました。
2002年から5年ほどペット用品のネットショップをしていたんです。
上記スローガンの反映として、
ペットフードだけでなく、ペットのイラストの入った
オーナーズグッズも多数扱っていました。

動物対話にしてもネットショップにしても思いは同じ。
まず飼い主であるあなたが幸せになって!
です。

いろいろ書いてたら長くなりました。
いや、いつものことなんですけどね…(^^;

ということで、
次回からゆっくりていねいに
「うちの子とお話しする方法」を書いていきます。

で、それに連動して、
ブログタイトルを変えました。
わかりやすくていいでしょ?(笑)



-----

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
まだまだ大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、
「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----

インスタグラムはじめました。
まだ使い方がよくわからなくて、
フォローとフォロワーの関係とか、
じょうずな改行のしかたとか、
そういうの、全然わかりません(^^;
けど、フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

たぶんいろんなものの中で一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
けど、愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。

-----

一般社団法人動物対話協会


            
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット