FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
【とっても大事。基本のキ】 動物対話ってなに?
2019年08月23日 (金) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

イベントがあるといつもそれなりの振り返りをするのですが、
今回は一年に一度の大行事に参加!
事務局からは二日間で38,000人を超える
ご来場者があったと報告がありましたから、
それはそれは大きなイベントでした。
ということは振り替える内容もそれはそれはたくさんあって…。
少しずつ整理しながら
その内容を皆さんとシェアしていきたいと思っています。

今日はやっぱり「まずはここからかな」というところから
書きたいです。
「動物対話?それ何?」ってことから。


動物対話とは読んで字のごとく、
動物と対話するのが「動物対話」です。

それって霊感とか
テレパシーとか???って聞かれますが、

答えは NO です。
そんなことしなくても対話はできます。

動物達は日本語が話せないのに
どうやって対話するの?って思われるようですけど、
本当はみんなやってることなんだけどな…。


動物たちの動作に吹き出しをつけて、
それに対して返事をすること。
動物相手に言葉のラリーをすることを
動物対話と言います。


動物たちだって、

目で物を見て、
耳で音を聞いて、
鼻でにおいを嗅ぐ。
叩かれたら痛いし、
撫でられたら気持ちがいい。
喜怒哀楽の感情だってある。

140407芽依
桜を見てキレイだねと思う心もあります。

人間と何ら変わらないです。
毛の生え方とか、機能の優劣とか、
二足歩行か四足歩行か、
翼があるかないか…くらいの違いです。
しかも暮らしている場所も人と同じ…。
だったら思いっきり擬人化しても
おかしくないんじゃない?というのが
動物対話の考え方の基本です。

例えば、ペットさんと3年一緒に暮らしていたら、
人間の3才だったらどのくらいの言葉を理解していると思う?
それと同じくらい理解していても不思議じゃないよね。
なんで人間なら3年も生きていれば言語を理解できるのに
ペットだと同じ言語を聞いてても習得できないと思われるの?
同じ機能を持った体で同じ環境で生きているのに…。
そして、
犬の(猫の)3歳というと
人間なら20代半ばから30代くらいと言われています。
そのくらいの時間を生きている生き物として
理解してあげてもいいんじゃない?
動物対話はそういう考え方のもとに成り立っています。

つまり3歳の猫が人間だったら、
世間だったら20代半ばの立派な社会人として
世の中を生きていてもおかしくないということ。
たとえ幼少期に切ない時期を過ごしたとしても、
今は立派な社会人なんだからそれを認めてあげようよ、
というスタンスです。
みんな来てにゃ♪
なんちゃって♪…というごまかしはきかない年齢です(笑)

私たちは、
特に家の中で人間と一緒に住んでいる生き物たちには
どの子もその家族の言語は理解をしているという前提で接します。
そして、年齢相応に、そして、家族同様に、
例えば子供が偉い家があってもいいじゃないか的な考えで、
その家族が一番心穏やかに過ごすにはどうしたらいいかを
一般常識ではなく「個」の単位で考えます。
「個」の幸せが社会の幸せの大前提だと思うから。


なので、
「人間が立場的にトップに立たねばなりません」
というしつけの先生とは大きく考え方が違います。
けれど、そこは「餅は餅屋」。
あっちがよくてこっちが悪いとか、そういう話じゃない。
一緒に暮らしている毛深くてしっぽのある生き物たちを
「家族」とみるか「人間じゃない別の生物」とみるかで
どちらの意見を参考にしたらいいかを決めたらいいのです。
物事の線引きをどこでするかについては、
時代の多様性に乗っかっていいと思います。

まぁ、何事も「※過ぎたるは及ばざるがごとし」ですけどね。
※やりすぎは何もしてないのと変わらないよ、という意味※


そしてもう一つ。

動物対話を扱う「動物対話士」がよく誤解されるのが
「アニマルコミュニケーターさんでしょ?」って話。
似てるけど厳密には違う。
同業他社さんですよ、と答えています。

私たちが思うアニマルコミュニケーターさんは
「ペットの気持ちを届ける『通訳者』」。
通訳者たるもの通訳先の言葉を
忠実に相手方に伝えなければなりません。
そこに通訳者の気持ちや知識を絡めてはいけません。
そうでなければ通訳者と名乗ってはいけません。

私たちは「動物対話士」。
動物対話士は人とペットの両方のカウンセラーです。
ペットさんの気持ちを聞いたうえで、
必要とあらばペットさんにお説教もします。
もちろんペットさんへのお説教だけでなく、
必要とあらば飼い主さんへの言い聞かせもします。
つまり、通訳だけでは収まらない範囲まで受け持ちます。

和食の料理人と言っても、
お寿司屋さんとお蕎麦屋さんは違いますよね。
そんな感じで、
似てるけど厳密にみると違うんですよ~と話してます。

純粋に「うちの子の気持ちを聞きたいだけ」というなら
アニマルコミュニケーターさんがいいと思います。
いいことも悪いことも嘘偽りなく通訳してくれるのが
通訳業のお仕事ですから最適です。

うちの子と話し合って
もっといい状態を作りたいと思っている方は
動物対話士のほうがいいと思います。
「人とペットの対話」を重視していますから、
そのあたりの橋渡しは十二分にご提供できます。

動物対話は生きている子でも
お空組の子でも同じようにお話しできますが、
その辺は長くなるのでまた今度。

今日は一番大事な基本のキ。
癒しフェアで質問の多かった基本的な質問への回答を
改めて書いてみました。

いつだって
「今日初めて来ました」という方がいることを
忘れてはいけないなと癒しフェアに出て改めて思いました。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
動物対話が今の時代に必要な理由 その3
2019年06月03日 (月) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

過去の関連記事はこちら。
動物対話が今の時代に必要な理由 その1
動物対話が今の時代に必要な理由 その2

今日はその続き。
このテーマはひとまずここで一段落です。

今日は「動物対話が今の時代に必要な理由」の
最終話に続きます。

ペットと呼ばれる彼らは特に、だと思うのですが、
彼らは一様に
自分の人生を生きていると断言できる
生き方をしています。

多くの人たちが勘違いしている中の一つに
「ペット(うちの子)は私がいなければ生きていけない」
というのがありますが、
それは半分は当たっているかもしれないけど、
半分は(本当はほとんどは、と言いたいですが)
人間の驕った感情だと思っています。

私がいないと生きていけない?
本当に?です。

だって私がいないとあの子はごはんが食べられないでしょ?
っていうけどホント?
本当にお腹がすいたら食べられるものを探すはず。

一日に二回はお散歩に連れて行かないと
ストレスがたまるでしょ?
それってホント?
ペットさんたちにも環境適応能力は備わってます。
そういうの、もっと信じてあげていいと思うんだなぁ…。

などなど、私たちが作り上げているペットさんに対する
幻想って言うのも少なからずあって、
彼らはそれすらも受け入れながら日々を過ごしています。
しかも、どうしたら自分が過ごしやすいかを考えながら。

自分の意見は自分のものとしてしっかり持ちつつ、
譲れるところは譲りつつ、
譲らなくてもいいところや譲りたくないところはしっかり持っている。
それができない私たち人間は、ペットさんたちをうらやましがり
「こういうふうに生きていけたらいいなぁ」と思うわけです。
私も例に漏れず「私もうちの子になりたい」なんて思っているので、
自分のラジオ番組に「ペットのように愛されたい」なんてタイトルを
つけるわけです(笑)

私が私であるために私らしく生きること。

昔、どこかのCMで「 I らしく生きる 」という
キャッチコピーがありましたが、まさにそれ。
ネットで「自分らしく生きる」と検索すると、
たくさんのページがヒットするのね。
今回の記事を書いて調べてみて、びっくりしました。
自分らしく生きることはブームなようです。

ペットさんと暮らしていて、
「私もうちの子みたいに生きていきたい」と思っている人は、
まさに「私らしく生きる」を望んでいる人。
神様があなたにその子を差し出してくれて
「自分らしく生きるってこういうことだよ」を学ぶのに
教材として与えてくださったのですから、
大切に、そしてしっかりと学習しなければなりません。

元号も変わり、いろいろと人の感性も変わりつつある中、
私たちの生き方だって変わっていく必要があるのでしょうね。
だから、動物たちとのかかわり方も変わってきているのだと思います。

今、動物対話が必要なのは、
あなたが変わる必要があるからです。

この言葉が刺さったあなた。
変化の時が来ています。
大切な「うちの子」と一緒に上昇気流に乗ってください。

もはや時代は「動物より人が上に立たねばならない」なんて
言ってはいられない時代に来ています。
命はどれも平等に美しく必要なものであることを
認識しなければ先に進めない時代に来ています。
ペットと呼ばれる彼らがそれを私たちに教えてくれているのです。

これからの時代を軽やかにわたるために
動物対話は本当に必要なスキルなのです。

ほかの誰のためでもない、あなたのために。

もよちゃん


-----

一般社団法人動物対話協会


          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
動物対話が今の時代に必要な理由 その2
2019年05月24日 (金) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

昨日の記事続きです。
昨日は、動物対話ができるようになると
動物たちにもいろんな感覚があり、
言葉も分かっていることを知るので
残虐な事件を起こせなくなる、というお話しでした。

今日は別の視点から動物対話の必要性をお話しします。

ペットと呼ばれる彼らのほとんどは
私たちよりも生きている時間が短いです。

これがとても大事なことです。
この中には2つの大事なことが凝縮されています。

私たちより生きている時間が短いことが大事だというひとつめは
生きざまのすべてを見せられて学ばせてもらえる」。
私たちより後に生まれて、私たちより先に死んでいく。
その短い時間で、どう生きていくことが最善かを見せてくれます。
私たちはペットと呼ばれる彼らを深く深く愛してやみません。
それは彼らが「自分の生きたいように生きている」と見えるからです。
人間はどうしても周囲に足並みをそろえることを強いられがちですが、
ペットたちはそれを強いたところでイヤだと思えば断固拒否します。
その強さがうらやましいのです。
でも、生き方のロールモデルとして、そういうのもありだな、と気づいてくれたら
ペットたちはあなたと出会えたことに喜びを感じます。


私たちより生きている時間が短いことが大事だというふたつめは
死の恐怖は教育の結果である」ということを見せてくれることです。
本当は死に限った話ではないのですけどね。
彼らは周囲からの不要な刷り込みに私たちは翻弄されて生きているというのを
自らの人生を通じて見せてくれるのです。
現に、ペットさんたちから届いてくる死に対するイメージは
「そういうものでしょ」「なるようにしかならないからしょうがない」など
悲しみとはちょっと異質のもの
を感じさせられます。
一方で人間はというと、
今上の別れとして二度と会えなくなるさみしさに打ちひしがれます。


なぜそんなに違いが出るかというと、
明らかに子供のころからの周囲の刷り込みがあるかないか、です。
死を恐れないというか、生に執着を持たないというか…。
この潔さは私たちが見習うべきものの一つでしょう。
日々を悔いなく生きれば、明日死んでも悔いはないのです。
これは人も動物も同じ。
やることをやり切ったら「あがり」
すっきりとあの世に旅立てます。
その覚悟がほとんどの人間ができていない、ということは、
ほとんどの人間は日々を苦なく生きていない、ということ。
彼らを通じて「生きるとは」を考えさせられます。

非常に仏教的な考え方でもありますが、これを学べるのは、
私たちよりも生きる時間の短い動物たちと暮らすからにほかなりません。

そんなペットの彼らでも、
人と長く暮らし、死を悲しむ人間を何度も見ていると、
「死ぬとは今生の別れなのだ」と理解して
ペットのペットロス、という状態に陥ることもありますし、
別れを惜しんで人間のような悲しみに暮れることもあります。

20180424芽依とぼーず
芽依のお葬式の時の一枚。
台の下にいるのは芽依の同胎のぼーず。
彼は芽依の前に3頭の家族を見送っています。
なので、もう会えないというのを知っていて、
ボクは芽依ちゃんとずっと一緒にいたいんだ!というのを
台の下から動かないことで私たちに伝えてくれました。

今を生きる。
これが動物対話によって、見えてくる大切な教えの二つ目です。


さらに3つ目の
動物対話が今の時代に必要な理由に続きます。


-----

一般社団法人動物対話協会


          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
動物対話が今の時代に必要な理由 その1
2019年05月23日 (木) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

今日は私が動物対話を
なぜこんなにいいものだと感じているかを
改めて文字にしてみました。
動物対話はこれからの時代に
必要なスキルや考え方だからです。

なぜ動物対話が必要なのか。
それにはいくつかの大きな理由があります。
それをひとつづつお伝えすることによって、
何で私がこんなに一生懸命に
動物対話を広げたいかを知ってもらいたいです。

動物対話がどういうものかを知っている人は
改めての確認として。
最近知ったばかりの人はこれを機会に知ってください。


そもそも動物対話とは何か、と言えば、
動物と対話すること、なのですが、

この根源にあるのは、
人も動物も同じ生き物である
というところから始まっています。

つまり、ペットと呼ばれている人間と暮らしを共にしている
動物たちの耳に届いているのは
主として私たちと同じ言語である
ということ。
同じ音を、「聞く」という点で同じ機能を持つ「耳」で聞いているのであれば
言語の理解はできてしかるべきと考えです。

人間の赤ちゃんだって、言葉の意味なんてわからないまま
おぎゃーと産まれて、それでも1-2年もすると親の言ってることを理解するようになる。
だったら動物たちだってそれと同じだと思って何が違うの?ということです。

両親が外国の人だったとしても、その子供が生まれ育ったのが日本だったら、
その子は日本語を操れるようになります。
要は姿かたちは問題ない、ということ。

それがわかってくると、
動物にも感情があることだって当たり前だと思うし、
痛みだってきちんと感じる生き物だというのがわかります。
家族の一員として役に立ちたい気持ちがあるのも分かってきます

子供が親の真似をしたがったりほめられたがるのと同じです。

そうすると何が起こるかというと、人は動物たちに対して
虐待ができなくなります。

ちびっ子達うまれたて
ぼーずたちが産まれたばかりのころ。
こんなに小さくったってお腹はすくし、あくびもするし、
自分がどこに行きたいか、ちゃんと意思表示もします。



世の中を賑わせる残虐な殺人事件の手前には
100%と言っても過言ではない可能性で
動物の虐待・虐殺があります。
動物たちにも感情があることがわかり
彼らに手が出せないようになれば、
当然のように人間への危害も加えられなくなります。
つまり心を痛める事件が減るのです。



これ、とっても大事なことです。
みんな気づいてるけど、でもなぜか忘れてしまう大事なこと。
残虐な事件の前には動物の虐待がある
ということを忘れてはいけません。

だからこそ、
動物たちにも感情があって言葉だってわかるんだよ、というのを
ちゃんと理解しておかなければならないのです。
それができれば、目を覆うような事件は格段に減ります。


そして二つ目の
動物対話が今の時代に必要な理由に続きます。


-----

一般社団法人動物対話協会


          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
【ご感想】動物対話士とアニコミの比較について
2019年03月11日 (月) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
まずはお知らせ。

     

毎月3回目の日曜日の10時から
きずなノートの生まれ故郷、HANAn杉並サロンにて
うちの子きずなノートワークショップを開催します!
今回は第1回目。3月17日(日)10時からです。
たった8ステップで人生に対する考え方さえ変えてしまう
奇跡のワークブック「うちの子きずなノート」を使って、
無理なくあなたを取り戻しましょう。
詳しくはこちらのブログ記事をぜひ!
http://hananz.blog77.fc2.com/blog-entry-1951.html

     

今月もやってまいりました!
千葉県野田市のPETサロンAIAIさんでの
イベントセッションが3月24日(日)に行われます。
伊東はなんに会うために来てくださる常連さんもいる(!)ほどの
大人気イベントです!
ご予約枠は限られていますのでお早めに!
詳しくは本ブログにも掲載されてます。

     

自分で「うちの子」とお話しできるようになりましょう
動物対話基礎講座→http://hanan.jp/school
3月は30日(土)初級・中級、31日(日)上級 です。

     

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を大募集!
こちらまで、「感想送ります」とお願いします。

     

インスタグラムはじめました。
https://www.instagram.com/ito_hanan/
フォローしてね。伊東はなんの日常がチラ見できます(≧▽≦)

     

日付が変わってこんばんは。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

先日セッションを受けてくださった方が、
後日談として
別のところでアニマルコミュニケーションも受けていて、
そのあとで動物対話を受けてくださったとお聞きしたので、
もし違いがあったら教えてくださいとお伝えしたら
ご感想をいただきました。
ブログ掲載につきまして
「お役に立てるなら載せてください」と
嬉しいお返事まで♡
本当にありがとうございます。

私が違いを伝えることはいくらでもできます。
でも、実際に両方受けた人が感じたことのほうが
うんとリアルだし、読んでくださる方の心に届くと思うのです。
なので本来は「セッションレポート」のカテゴリですが
今回は「大事なこと」というカテゴリにしました。

今回もいつものように
個人情報は伏せて、あとは原文のままです。
※文字の色と太字、改行は伊東はなんがつけました。


一度しかセッションを受けていないので、
間違っているかもしれませんが、私なりの意見です。

正直、はなんさんのセッションを受けるまでは、
動物対話士とアニコミの差が分かりませんでした。

どっちも同じように、
動物の言葉を伝えるお仕事なんだと思っていました。


でも、セッションを受けて私なりの解釈としては、
動物対話士は飼い主と動物の感情の橋渡し役。
アニコミは、動物の気持ちを飼い主に伝える一方通行なイメージ。

動物対話士は、飼い主の深層心理にある”コリ”みたいなものを、
飼い主本人が動物の気持ちを聞いた上で、自分で答えを探させて、
自分自身なりに納得させる事を促すお手伝いをする
のに対し、
アニコミは動物の気持ちを伝える事で、飼い主の気持ちにただ寄り添う。
寄り添ってくれるのは心地良いけど、
そこから一歩前へ踏み出すきっかけを見付けるのは難しい。


人によっては蓋をして見ないように、気付かないようにしていた想いを、
動物対話士の導きで覗いた時、もしかしたら辛いかも知れません。
痛みを伴う事もあるかもしれません。
でも自分で腑に落とした物は、とても強いメッセージで
この先の生活を過ごし易いものにしてくれるはずです。

自ら気付きがあるかどうか。

ここが一番の違い
なのかなって、今は思います。

どちらが正解というのはなく、
その飼い主さんと動物の関わり方だったり、
今措かれている状況だったりで、
どちらを選ぶか選択すれば良いと思います。

普通に動物の気持ちが知りたいと言う人はアニコミで充分だろうし、
もっとこの子と判り合いたいというのであれば
動物対話士のセッションは必要になるだろう
し、
その人がどこまで求めているかによると思います。

いずれにしても、
飼い主が動物の気持ちを分かろうとする人がもっと増えたら、
幸せな動物が増えるのにって思います。



一回しか動物対話のセッションを受けていないのに、
こんなに伝えたいことをしっかりと受け止めてくださって、
本当にうれしい限りです。

一口に
動物の気持ちがわかる。動物の気持ちを伝える。

と言っても、

動物の気持ちを分かったうえでカウンセリングする
のと、
動物の気持ちを通訳する
のでは
似て非なるもの。

カウンセラーと通訳者は全く別のお仕事ですよね。

さらに動物対話士は
カウンセリングと言っても
人とペットの両方について
それぞれにカウンセリングをします。

つまりそういうこと。
それを今回の方は
しっかりと感じ取ってくださったのでした。

本文中にもあるように、
それぞれの用途や目的に応じて
使い分けてくださるといいと思っています。



-----

一般社団法人動物対話協会


          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
新米ママさんからのメール
2019年03月10日 (日) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
まずはお知らせ。

     

毎月3回目の日曜日の10時から
きずなノートの生まれ故郷、HANAn杉並サロンにて
うちの子きずなノートワークショップを開催します!
今回は第1回目。3月17日(日)10時からです。
たった8ステップで人生に対する考え方さえ変えてしまう
奇跡のワークブック「うちの子きずなノート」を使って、
無理なくあなたを取り戻しましょう。
詳しくはこちらのブログ記事をぜひ!
http://hananz.blog77.fc2.com/blog-entry-1951.html

     

今月もやってまいりました!
千葉県野田市のPETサロンAIAIさんでの
イベントセッションが3月24日(日)に行われます。
伊東はなんに会うために来てくださる常連さんもいる(!)ほどの
大人気イベントです!
ご予約枠は限られていますのでお早めに!
詳しくは本ブログにも掲載されてます。

     

自分で「うちの子」とお話しできるようになりましょう
動物対話基礎講座→http://hanan.jp/school
3月は30日(土)初級・中級、31日(日)上級 です。

     

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を大募集!
こちらまで、「感想送ります」とお願いします。

     

インスタグラムはじめました。
https://www.instagram.com/ito_hanan/
フォローしてね。伊東はなんの日常がチラ見できます(≧▽≦)

     

こんばんは。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

今、数年来の友人が出産のため里帰りしています。
そのときに
「これって動物対話と同じことを言っているのかもしれない」
というシーンがあったそうです。
それをメッセージしてくれました。

ご本人の許可を得て掲載させていただきます。
掲載はいつものように個人情報を伏せて
あとは原文のままお送りします。

Yちゃんありがとうね(^^)

こんばんは
前お話しした動物対話っぽいと思った出来事を。

2月に息子が突然おっぱいを飲まなくなったことがあり、(地名)にある桶谷式母乳相談室に行ってきました。助産師さんは◇◇さんと言って(県名)の助産師さん全員が、知っている程凄い人です。
◇◇さんに心当たりを色々と聞かれたり、カレーや刺激物を食べなかったか等色々ヒアリングを受けながら、おっぱいマッサージをして貰っている途中で、赤ちゃんそばにいた方が、反応見て原因がわかるかも。泣いてもいいから、連れてきてと言われ、車でじいじと一緒にいた息子を連れてきて再度、ヒアリングとマッサージをしました。

暫くして◇◇さんが、抱っこ法をしてみようと言って、今からいっぱい泣かすね。泣いてもいいんだよ~と赤ちゃんに言うからね。と。
おっぱいをあげるように抱っこして、赤ちゃんは、必ず目を逸らして逃げるから、逃げないように軽く顎を持って必ず目を合わせてと。
まず、◇◇さんがやりました。
◇◇さん「○○~(息子の名前)、いっぱい泣いていいよ。僕がおっぱい飲まなければママが楽になると思ったの?○○は優しいねぇ。」
息子、突然大泣き。
◇◇さん「そうなの~。ママが楽になると思ったの。○○優しいねぇ。」
そんなやり取りが暫く続き、わたしが抱っこ。
もう、何を話し掛けたか忘れましたが、◇◇さんに言われるまま、息子に話し掛け、おっぱいをあげましたが、まだ飲まず。
まだ泣き足りないんだね、とのことで暫く泣かせてとんとんと落ち着かせ、おっぱいをあげると飲んでくれました。

◇◇さん「ありがとう。ありがとう」
わたし「ありがとう。ありがとう」
◇◇さん「○○、上手。上手」
わたし「上手。上手」
そうしてやっと、いつも通りにおっぱいを飲みました。

◇◇さんには、原因は気持ちだったね。と言われて納得。
実家でのストレスや一番上の姉から育児について凄く色々言われて、おっぱいも早く辞めさせないと!と授乳中にも言われ、本当に辛くて自宅に帰りたくて授乳中久々に泣いていたんです。
◇◇さんは、赤ちゃんは本当に敏感で色んなことに気づくよ。赤ちゃんが、そんなこと分からないだろうって思う人も多いけど、赤ちゃんは大人の話しも聞いてるし、大人になっていくと無くなる感覚もちゃんと持ってるんだよ。と。
また飲まなくなったら、抱っこ法やってみてね。必ず、~~~かな?~~~なの?と赤ちゃんの気持ちを代弁して口に出すこと。大好きだよとか大事だよとかは、それをいっぱいやってから、本当に最後の最後に言って途中では言わないでね、とのことでした。
帰ってきてからは、やってませんが、目の前で起こった出来事に凄く不思議な感動がありました。

◇◇さんが、当たり前のように息子に話を聞くこと、赤ちゃんを赤ちゃんだからとするのではなく、個として尊重していること、敬意を持って対話していること等々。
たくさん理由はありますが、本当に素直に動物対話ってこんなことなのかもなってその場で思ったんです。

その後、全く関係なく地域の保健師さんが、夜泣きについて新生児にはそこまで知能がないけど~..と話した時に、知能がないと言ったことに物凄く違和感を感じて、余計に~~~だから分からない、~~~だから知能がない等、頭から相手を否定して可能性を否定することが、対話を不可能にしてるんだなって思いました。



言葉が話せないからこちらの言っていることも
分からないだろうと思って接するのではなく、
分かっているはずという態度で相手に尊厳をもって接する。
これに人も動物も違いはないよね。

相手に尊厳をもって接すること。
これができれば大抵のことはうまくいくと思うのです。
これが動物対話の大切にしているところです。


-----

一般社団法人動物対話協会


          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
【大事なこと】動物対話は現実重視です
2018年12月17日 (月) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています、
動物対話士の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。

今日はちょっと苦言を呈します。
私にしてはとても珍しいことだけど、
こういうのはちゃんと伝えなきゃいけないと思って。
だから今日のカテゴリは「大事なこと」です。

今日はちょっと苦言を呈します。
私にしてはとても珍しいことだけど、
こういうのはちゃんと伝えなきゃいけないと思って。
だから今日のカテゴリは「大事なこと」です。


ある日、サロンに一本の電話がかかってきました。
「アニマルコミュニケーションを教えてくれるところを探していて、
仕事としてそれをやっていきたいんですけど…」と。

「動物対話士養成講座というものは開いていますが」
とお話ししたところ、
「前にアニマルコミュニケーションを受けて、
いろいろ当たっててすごいと思ったので
私もそういう仕事をしたいと思って、
今までいくつか教えてくれるところに行ったのですが、
自分に合うところがなくて…」とおっしゃる。

なんとなくお相手の求めていることが何であるか
ピンときちゃいました。

で、こう言ったんです。
「テレパシー能力や霊能力でペットの『声』を聞きたければ
うちで教わると期待外れになりますよ」と。
すると電話の向こうの声は途端に声のトーンが落ちました。
「そうですか…」と。

ピンときたその感覚は大正解でした。
「この人は霊感を鍛えたかったんだ」…。
残念ながら当方では
霊能力開発スクールの運営はしていないので
ご期待には沿えません。

これが今日の記事を書こうと思ったきっかけでした。
以下に動物対話の基本的な考え方を書きます。
知ってるよという方は改めて、そして、
他と何が違うの?という方はじっくりと
お目通しいただけると嬉しいです。


動物対話は「誰でもどんな人でもできます」と謳っています。
霊感や超能力は一切不要です。
それでもペットさんとの対話は問題なくできます。
もし霊感以外で必要なものがあるとしたら、
「うちの子大好き」という愛情と
「気持ちを分かりあいたい」という思い、それだけです。

そもそも
「対話ってなんだろう」
「コミュニケーションってなんだろう」
から始めるのが動物対話の基本です。
ここをとても丁寧に大切に扱っています。

電話の向こうの方は
今まで何件かお勉強に行った様子でしたが、
この「基本」を教えてくれる先生が
誰一人いなかったのですね。
コミュニケーションの意味がわからないのに
誰と何をどう話をするというのだろう。
私にはわからないです…。

これは電話をくださった方の問題ではなく、
その方が習ってきた先生の意識の問題ですが、
そういう先生たちの多いことが
私たちの仕事が誤解されている大きな理由だと
改めて思いました。

目の前の子とテレパシーのみで話すということ自体、
動物対話ではNGです。
状況により「やむを得ず」テレパシーを使うシーンはありますが、
基本は「テレパシーのみ」ではありません。

テレパシーの回路を開くとか伝授する、とか、
瞑想して広場を作って…というのも
方法の一つとしてはありだと思いますが、
特に目の前にいる子に対しては、
しっかり見てあげることのほうがうんと大事です。

「口がきけないかわいそうな子たちを救いたいんです」
「一人ではご飯も食べられない弱き生き物がペット」
というような(意識的か無意識かは別として)
人間の方が優位だという考え方や、
「動物たちの純粋な心を、くすんだ人間たちの心から守りたい」
という妙な美化した考えだと、事態はおかしくなるばかり。
人だろうが動物だろうが、
この世に生きている生き物としては対等です。

人にも動物にも目があって耳があって鼻がある。
目で物を見て、耳で音を聞いて、鼻でにおいをかぐのは同じ。
口から食べて肛門から不要物を出すのも同じ。
人は目で物を見るけど動物は目から物を食べる、とか、
人は耳で音を聞くけど他の生き物は耳から不要物を出す、
なんてありません。
そして、喜怒哀楽という感情があるのも同じです。
優しくされたら嬉しいし、理不尽に怒られたら哀しい。
これだって同じ。
そういう基本的なところから見ていこうよ、というのが
動物対話の精神です。

前世からのご縁とか、天使の導きというのもいいけど、
よっぽどのことがない限り、
基本的にはそんなのはどうでもいい話。
人も動物も今を生きている以上、見るべきは「今」です。

だから、
目の前のことを見ずに、
テレパシーに憧れてその能力だけを鍛えて
ペットと話そうとしている人は早かれ遅かれ失敗します。
「失敗」とはペットさんの本心と向き合えない、という意味です。 
ご自身が一番やりたいことができない、という意味です。

伊東はなんの動物対話セッションを受けてくださった方なら
分かっていただけると思う「現実主義的セッション」は、
多くの飼い主さんたちに新しい見方と考え方をご提供しています。
その結果、みなさんとてもステキなペットライフを送っています。
…というか、もはやそれはペットライフではなく、
家族として平等で対等な家族としての共存となっています。


「うちの子とお話しがしたい」という方に改めて問います。
あなたがやりたいのは「本当の意味でのペットさんと対話」ですか?
それとも「霊能力開発の結果のペットさんとのやり取り」ですか?
それによってどこで何を学ぶかが変わってきます。

動物対話基礎講座も動物対話士養成講座も、その点を踏まえて、
がっつり現実を見て、そこから状況を理解していくことが基本です。
だから「誰でもできる」と謳っているのです。

現在、全国に20名ほどの動物対話士がいますが、
動物対話士を名乗れるメンバーは全員、
前者の意識をもってペットさんたちとの対話に向き合っています。

見えない世界を見る力は
しっかりと現実を見据えたときに自然に必然的に身につきます。
それができないうちから見えない世界をのぞこうとすると
あとで手痛いお勉強が待っています。

私は痛いのは嫌いだし、
うちの生徒にもそういう思いはさせたくないので、
まずは現実をちゃんと見ましょう、とお伝えしています。
現実を見ることができるようになった人から順に
見えない世界と仲良くなることができるような流れにしています。

だから動物対話士養成講座では農業体験を取り入れています。
まずは現実ありき、ですから。
農作業に一生懸命な受講生たち


かなりいろんなことをまわりくどく、しつこく、厳しく書きました。
私の伝えたいことが正しく伝わることを祈っています。


最後に。
お電話くださった方に最適な講座が見つかりますように…。



-----

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
まだまだ大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、
「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----

インスタグラムはじめました。
まだ使い方がよくわからなくて、
フォローとフォロワーの関係とか、
じょうずな改行のしかたとか、
そういうの、全然わかりません(^^;
けど、フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

たぶんいろんなものの中で一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
けど、愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。

-----

一般社団法人動物対話協会


            
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
【大事なこと】動物対話士とアニマルコミュニケーターの違い
2018年12月02日 (日) | 編集 |
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています、
動物対話士の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。


先日、とある異業種交流会に出ました。
何年か前はよく行ってましたが、
最近は全然行かなくなっていました。
そんな中、
以前に異業種交流会でお会いして以来
仲良くしてもらってる方からお誘いをいただいて
久しぶりに行ってきました。

そこで、やっぱりというか案の定というか
今回も聞かれたのが今日のタイトル。
「アニマルコミュニケーターさんじゃないんですか?」
という言葉。

うん、違います。
似て非なるものです。
アニマルコミュニケーターを
日本語にしただけの人だよといっている人がいたら
それは大きな間違いです。

ペットの思いを伝えるという点では同じなのだけど、
和食といってもお蕎麦とお寿司くらい違う。
小麦粉で作った麺類といってもうどんとパスタくらい違う。
…。
私の言いたいこと、伝わってる?(笑)


アニマルコミュニケーターさんは
動物の気持ちの通訳者。
多くのアニマルコミュニケーターさんのホームページには
そのように書かれているようです。
だとしたら、
通訳者として人間の通訳をしている人なら
当たり前のことと分かっていただけると思うのだけど、
通訳者は伝わってきたことをそのまま
まっすぐに伝えるのが正しい通訳者としての仕事。
通訳者が通訳しながらカウンセリングなんて
してはいけません。

そこへいくと動物対話士は
人とペットのカウンセラーです。
ペットさんの気持ちを聞いて通訳をするのはもちろんだけど、
内容にもよりますが、
聞いたことをそのまま伝えるだけでは片手落ちです。
両者の言いたいことをよく聞いて
それぞれの立場に立って話し合いを進めなければ
カウンセラーとして存在している意味がない。

ご質問くださった方に向けてそれを丁寧に説明すると
なるほど~と分かってくださるのですが、
それを異業種交流会の30秒の自己紹介では
とてもとても言い切れない!!!

でも、少なくともこのブログを読んでくださる方には
その違いを分かってほしいです。
そして、じっくりでいいから
両者の区別がつかずに
混同している人に説明してほしいです。
そう思って今日の記事を書きました。

敵とか味方とか、同じとか違うとか、
そういうことではなく、
必要に応じた使い分けができるといいなと思って
この記事を書いています。
お医者さんだからといってひとくくりにせず、
風邪をひいたら内科、鼻炎なら耳鼻科、みたいな

「使い分け」。

ペットと呼ばれる彼らが何を言いたいのかを
知りたいだけなら
アニマルコミュニケーターさんに。
自分だけではどうにもなりそうにないと思う人は
動物対話士に。
そして、
それぞれとの相性もあるでしょうから、
最終的な判断はご自身の感性で。


いつかペット業界を総合病院みたいに一か所で
まあるくひとつに取りまとめて、
それぞれの専門分野に任せられるような
環境が作れたらいいなと夢見ています。

そして本音を言えば、
ひとりでも多くのアニマルコミュニケーターさんが
動物対話士になってくれるといいなぁと願っています。
そのくらい、カウンセリングの重要性を実感しています。

という大きな夢を語ったところで、今日はここまで。


-----
 
伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
まだまだ大々的に募集しています!
「私も感想送りたーい!」とか、
「まだ書いてないわー!」という方、
ぜひ皆さんのお声を聞かせてください。
皆さんの声が、文字が、たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。

-----

インスタグラムはじめました。
まだ使い方がよくわからなくて、
フォローとフォロワーの関係とか、
じょうずな改行のしかたとか、
そういうの、全然わかりません(^^;
けど、フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

たぶんいろんなものの中で一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
けど、愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。


一般社団法人動物対話協会


            
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー1頭、猫3匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット