動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月のホリスティック獣医さんとのコラボ治療会の予定
2015年12月12日 (土) | 編集 |
毎月定例で行っている
ホリスティック獣医さんとのコラボ治療会。
12月は20日の日曜日です。
お申し込みや獣医さんの詳細はこちらをご覧下さい。
たくさんの思いが詰まったページです。
http://hanan.jp/clinic

治療に際して主に使うのはバイオレゾナンスという波動調整器と動物鍼灸。
動物対話士がペットさんの同時通訳をしながら
獣医さんが治療をしていくという画期的な動物診療です。
月に1度しか治療日がないために、
次の治療までを補完するためにホメオパシーを使います。
そして状況に応じて時々アロママッサージも。

獣医さん曰く、
ペットたちの声はとても的確で、
「ここに鍼を打ってほしい」というリクエストの部位を触ると
確かに治療が必要な箇所を指しているため、
治療の必要な箇所を探す手間が省けるのがありがたい。
その結果、同じ治療をするならなら通常の半分以下の時間で治療ができる。
つまり、時間換算すると、普段の倍以上の治療をしてあげることができるんです、と。

「ペットたちは自分がどうしてほしいかを伝えることができない」という固定観念により、
獣医さんも飼い主さんも暗中模索していたところに、一筋の光が射したような感じでしょうか。
「あぁそうか。ここを治療するといいのね」というのが直接聞けるのですから、
こんなに治療しやすいこともないかもしれません。

鍼治療中
上の写真はある日の治療会でわんこさんに打った鍼。
こんなにたくさん鍼を入れても気持ちよさそうにじっとしています。

通常ではこんなにたくさん鍼は打てません。
理由のひとつは、鍼を打つ場所について
獣医さんが一箇所づつ探さなければならないので手間暇がかかるから。
もう一つはこんなに刺して大丈夫なのかという獣医さんの不安があるから。

けど、私たちの治療会では、ペットの声を反映しているので
そこまでしていいかダメかの判断をペット自身から聞ける安心感のもと、
問題のない処置ができます。

今月はまだ空き枠があります。
治療会とは言え、お時間中は何を聞いてくださっても構いません。
普通の動物対話のセッションで聴くようなこともどんどん聞いてください。
そのためにも私はいますので(^^)
そういう意味では本当にお得な時間だと思います。

治療中のペットたちの会話って楽しいですよ。
こんなこと考えながら治療されてるのか~なんて思うと、
一層彼らが愛おしくなってきます。

1月は10日、2月は14日と、第二日曜日が定例治療会の日になっています。
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://hanan.jp/clinic

そうそう!
動物対話士養成講座2期生の募集も開始されています!
単なるペットの通訳者で終わらない、
ペットと飼い主さんの絆を深めるお手伝いをお仕事にしたい方に
伊東はなんが全身全霊込めてお伝えしている講座です。
少しでも多くのペットさんを幸せにしたい!と思うのお申し込みをお待ちしています。
http://hanan.jp/school/yosei



                  

HANAn ~動物対話&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
スポンサーサイト
第3回コラボ診療終了しました
2015年08月09日 (日) | 編集 |
みなさまこんばんは。
動物対話士(R)の伊東はなんです。
いつもお読みいただきありがとうございます。
なかなか更新ができなくてごめんなさい!
やることがたくさんありすぎて、
ここ最近はちょっと一休み、のつもりが
朝まで本気寝になってしまいます(^^;

今月もホリスティック診療を得意とする出雲の獣医師、
丹羽先生とのコラボ診療が無事に終わりました。

今月のコラボ診療は、順調に回復している子あり、
感覚のなかった足が地面につけるようになった子あり、
飼い主さんとケンカを始める子あり…等々、
今月も様々なシーンを繰り広げつつ、 無事に終わりました。
やっぱり継続は力なり、ですね。

写真は飼い主さんのご了解をいただいたショット。
鍼治療中
後ろ足を着くのが辛かった子への鍼治療中のワンシーンです。

赤いのが鍼ですが、ちっとも痛みはないそうです。
最初はじっとしていたけど、
そのうち体内エネルギーの循環が始まったらしく
途中から「あつい~あつい~」って言い出して。

帰りは、足をつけるのが嬉しくてニコニコでした。

来月は9月13日(日)です。
募集は数日中に行います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。