FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
殺処分日が決まっていたワンコ-番外編 どこから迎える?
2019年10月15日 (火) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から殺処分予定日が決まっていた犬を
新しい家族として迎えました。
備忘録としてつらつらと書いています。

「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
「殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定」
「殺処分日が決まっていたワンコ-3 動物対話士目線で見る縁って…?」
「殺処分日が決まっていたワンコ-4 先住ペットたちの反応」
「殺処分日が決まっていたワンコ-5 過去、現在、未来」


ということで、
かながうちに来るまでと
来た後のことを書いてみました。

今回私は初めて
保護団体さんから迎え入れる
という選択肢を取りましたが、
迎え入れる先はどこでもいいと思います。
大事なのは迎え入れたあと。
その子とどういう人生を歩むか、です。

なぜかわからないけど無性に心が動いてしまった…。
私はこれこそが本物の出会いだと思います。
その相手こそが運命を変える必然の出会いだと。


セッションをしているとしばしば
「ペットショップから迎えてしまったのですが…」
と申し訳なさそうに言う方がいます。
「本当は保護施設から引き取りたかったのですが…」と。
時代が「生体販売反対!」とか
「ペットショップから買うのは非道!」と
声高に叫んでいるからです。
そんなところから迎え入れてしまった私は
よくない人だ…とご自身を責めておられる方も
少なくありません。

でも、出会いって運命ですから、
「~ねばならぬ」から始まったストーリーは
いい結果にならないです。

もちろん命は売り物ではありません。
そこに値段をつけて売買するのはつらいです。

もし私が売り物で、なかなか売れなくて
セール品になってしまったら、
恥ずかしくてショーケースにいても
前を向けないかもしれません。
そしてさらにタダ同然に値下げされて、
「かわいそうに」という同情の思いで
買われるかもしれません。
同情されながら一生を過ごすのはイヤです。
堂々と胸を張って生きていたいです。


私自身、最初の子はペットショップにいました。
出会ったのは2001年1月。
彼女は12万円でした。
今でもはっきり覚えています。

でも、その子のおかげで今の私がいます。
その子との生活を通して
いろんなことがあったけど、
でも、人生を変えてくれた子に出会えたのは
ペットショップでした。

そしてその子に子供を産んでもらいました。
素人でしたけど、できる限りの勉強をして
2回出産してもらいました。
産んでくれた子はどの子も里子には出さず、
最後までうちの子でした。
その最後の最後がぼーずです。


ペットだけじゃない。
人との出会いだってさまざまです。
でも、ありですよね。どんな出会いも。

ナンパで知り合った人もいるでしょう。
でも、だからと言ってみんな軽いわけじゃない。
そこに運命の出会いを見つけた人もいるはず。

学校の同級生な人もいますね。
ずーーーっと何十年も一緒に居ても
それでも一緒にいられるのは運命です。

大人になって飲み屋さんで知り合って
そのまま親友になってる人もいるし、
仕事で出会ったはずなのに
プライベートまで一緒の人もいる。

人の紹介で出会って仲良くなったら、
紹介してくれた人とは疎遠になってきた…という
縁結び係の友達もいます。

つまり
出会いは一つじゃない、と言いたいわけです。

出会いのカタチはどんなでもいい。
心が動かされる出会いを手にしてください。

そしてもし、
ペットを迎えたいと思ったあなたの気持ちに
考える視野と余裕があったら、
明日どうなるかもしれない子たちに
目と心を向けてみてください。

私も運命の出会いを信じて
成犬からの共同生活を実践してみます。

ペットとの暮らしはそれだけで
人生を何十倍にも豊かにしてくれます。
私も人生が豊かになった一人です。
だから動物対話の世界を形にしました。
この世界をたくさんの人に知ってほしいから。

人とペットが
今よりもっと幸せに暮らせる社会が
一日も早く実現しますように。

人とペットがともに暮らすことのすばらしさを
ひとりでも多くの人が体験されますように。

そう願ってやみません。


これで
「殺処分日が決まっていたワンコ」シリーズは
ひとまず終えます。
だって、もし私がかなだったら、
いつまでも「殺処分対象だった子」なんて
言われたくないもの。
でも、今回は経緯を知ってもらいたくて
あえてこのタイトルにしました。


過去の話をされたくないのは
福島出身のもよちゃんもぼーずも同じでした。

もよちゃんは
「震災猫で里子に出したけど帰ってきた」
という話をされるのが大嫌いです。
その話をするとすごく寂しそうな空気を醸して
その場を離れます。

ぼーずは唯一の男の子だったので
里子に出そうとしていました。
彼はずいぶん大人になるまで
「ボクおうちにいていいの?」と
気を使っていました。
動物対話を理解する前の時代のこととはいえ、
その言葉を聞くたびに私が辛かった。
ぼーずに悪いことしたな…って。

今を生きている動物たちだって
過去のことは覚えています。
そして心に傷を作ることもあります。
人がそれを理解しないから
彼らは人知れず傷ついて、
でもその傷を隠しながら
今を懸命に生きています。

かなが愛護センターにいた話は過去のこと。
今は、はなんファミリーの一員として
我が家のルールを覚えてもらうことが
最重要課題です。

大事なのは今。
今どういう状態なのか。
どうなるのが最善なのか。
それを考えて
最善の道を実践していくことが
幸せになる方法だと思います。

これも
ペット達から教わった
「人生をよりよく生きる方法」の一つ。


今、あなたは理想の状態にありますか。
理想の状態にしようとしているところですか。

YESだったら間違いなくいい人生を歩んでいるはずです。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
殺処分日が決まっていたワンコ-5 過去、現在、未来。
2019年10月15日 (火) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から殺処分予定日が決まっていた犬を
新しい家族として迎えました。
備忘録としてつらつらと書いています。

「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
「殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定」
「殺処分日が決まっていたワンコ-3 動物対話士目線で見る縁って…?」
「殺処分日が決まっていたワンコ-4 先住ペットたちの反応」


…ということで、
新人シニアシーズーのかなが来るまでと
かなが来てからの10日間について、
ざっくりと書いてみました。

人見知りしない。
犬見知り猫見知りもしない。
体調も特に問題なさそう…ということで、
今のかなには特に問題はありません。
保護犬という視点で見ると
大変恵まれていたと思います。

けれど、ひとつ大問題が…。

トイレトレーニングが全くできていません。
ケージ暮らしがメインだった台メスあるあるです。

※台雌(だいめす)
繁殖用(出産専門)の女の子ワンコ。
対して繁殖用の男の子は種牡・種犬と呼ばれる…。

 
トイレシートは寝るところだと思ってる…。
それが使用済みであっても。
シートの肌触りが心地いいようです。
糞尿は全く気にしません(^^;

なので用を足すのは床の上…。
トイレシートがあってもあえて外す。
寝床を汚すのはイヤだという意識はあるようです。
トイレシートは寝床ではないんだけどね…(^^;

これこそ動物対話士の出番ですね。
まずは「トイレシートとは何か」を
伝えるところから始めなければなりません。
今までは優しく伝えていたけれど
今回はがっちり叱りました。
叱られるとわかった時のかなの逃げ足の速さ!
これはずいぶん前から繰り返し続けていて、
怒られることを知っている動作です。

・・・。

知ってて直さない推定7歳。
つまり7年(人間で言うと50年近く)の間
ずっとそれでよかった生活をしていたということ。
これをひっくり返すのは
相当な長期戦になりそうです(-_-)
でも「対話」の心を忘れずに、
かなと関わっていこうと思います。

動物対話士として、
そして、家族の一員として。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
殺処分日が決まっていたワンコ-4 先住ペットたちの反応
2019年10月14日 (月) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から殺処分予定日が決まっていた犬を
新しい家族として迎えました。
備忘録としてつらつらと書いています。

「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
「殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定」
「殺処分日が決まっていたワンコ-3 動物対話士目線で見る縁って…?」


8月5日の月曜日に
「今週末には殺処分予定です。誰か預かって!」
という呼びかけ投稿から6分後に
「預かりではなく引き取りたい」
という連絡をしてからちょうど2か月目に
沖縄から東京にやってきた新人シニアシーズー。
沖縄弁で「かわいい」という意味の「かなさん」から
「かな」と名付けました。



我が家に来た翌日には、
すでに先住ペットたちを尻目に
私のお腹を枕にして寝る大胆さ。

そんな新人をうちの子たちはどう迎えたのか。
そして、
新人を迎えるまでにどんなことをしたのかを
綴ってみます。


まず、改めてうちの子たちをご紹介。

シーズーの
ぼーず兄さん。15歳♂

なんで横になるんだ???(^^;

ぼーずは目が不自由です。
なので新人さんが来ても
ほとんど気にする様子がありませんでした。
本当はかなとくっついてくれたら
ワンコ一人という環境から抜け出せるから
ぼーずにとっていいかなぁと思っていたのですが、
そこはかなの役目ですね。
かなに
「かーちゃんじゃなくて
ぼーず兄さんのところのほうがいいよ」
と言ってますが、
私のあとばかりついて回るので
私の言葉を覚え始めたばかりのかなには
まだ理解が難しいかな、と(^^;

もよちゃん。8歳♀


千晴さん。4歳♀


吉くん。2歳♂


この3猫たちの中ではちーちゃん@千晴さんが
一番変化がありました。
我が家いちのツンデレで、
滅多に甘えてこないちーちゃんでしたが、
かなが来てからというもの、私のそばにいることが増えましたし、
抱っこしてーとゴンゴン頭をぶつけてくることが多くなりました。
「猫はいつも誰か欠けてて3匹一緒にいることが少ない」
というのはちーちゃんのことでした(^^;

それが、人の目を気にせずに
「私ここにいるの!かわいいかなちゃんここにいるの!!」
って主張してくるかなを見て、
「あ、そんなことしてもいいんだ」って感じ。
うちの子たちは犬も猫もみんな
かなほど強く甘えてくる子はおらず、
サラッとしたかかわり方が普通と思っていたんです。
なので、かなからカルチャーショックを受けたと言っても
過言ではないのでしょう。

そんな彼女、一見我関せずだけど
ちゃんと距離感をはかっています。
吉とのかかわりで新人の迎え方の加減を覚えた感じ。
かーちゃんとしては意外な嬉しさを感じています。
…とはいうものの、相変わらず吉には厳しいけれど…(^^;

今ちーちゃんは
「自分の感情に素直になる」
という練習をしています(^^)


そしてもう一匹、意外だったのが吉。
なんだか威張ってるんです(笑)
「オレの方が先輩なんだからなー!」って。
で、
お姉ちゃんたちにされたように
通りすがりに猫パンチを出してみたりして(笑)
けどかなはほとんど動じない…。
最近では威張っても無理と分かったのと
追いかけっこができないと諦めたのとで、
においを嗅いでどんな生き物なのかを
確認する作業に移行しました。
これから寒くなりますし、
お団子になって寝る姿を見るのも
そう遠くないことと思います。

もよちゃんは相変わらずです。
どんなときでも自分が最優先されるのを知っているから。
でも、かなに「私が先輩なんだからね」という
アピールはしっかりしています。

かなが我が家に来て10日。
今のところ大きなトラブルもなく
それぞれがそれぞれのペースで過ごしています。

次はかなのこれからの課題についてを書いて、
このシリーズは終わりにしたいと思います。



続く




-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
【災害SOS電話】ペットさんたちの不安を取り除く方法 その2
2019年10月13日 (日) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

台風19号の関東通貨から一夜明け、
各地から被害の様子が聞こえてきています。

幸い杉並サロンは何一つ被害なく、
いつも通りの朝を迎えました。
台風一過。2019.10.13

台風王国沖縄に住んでいる友達から譲り受けたシーサーは
今回も門の上で悠然としていました。
サロンはこの子たちに守られていると言っても過言ではないでしょう。
台風19号を耐えたシーサー

昨日のブログ記事では、
ご家族がペットさんの不安を取り除く方法をUPしました。
今日は私がペットさんの不安を取り除く方法をUPします。

毎回災害が起こるたびにさせていただいてますが、
今回もいつもと同じように
被災地域の方限定で電話による無料セッションを行います。


今回の台風被害で不安や異常行動がみられるペットさんへ、
動物対話協会本部にて無料の電話セッションを行います。

<自然災害に伴う無料電話セッション詳細>

●対象となる方:
・このたび(台風15号19号共)の自然災害によって
 ご自身またはペットさん、またはその両方が不安で仕方がないという方。
 ペットさんのいつもと違う行動が心配な飼い主さん。

今回から、
東日本大震災や熊本地震をはじめとする自然災害によって
仮設住宅からまだ戻ることができない方も対象範囲に含めました。


対応時間:(当面の対応です)
9-20時で伊東はなんの空いている時間
(10回鳴らして出なかったら対応できない時間だと思ってください)

●電話のかけ先:
03-6304-3138(HANAn内)

●料金:
ご自身の通話料のみご負担ください。セッション料は不要です。

<1通話15分程度以内をめどにお願いします>


一日も不安から脱出できますように…。



私にできることは限られています。
だからこそ、できることをできるだけ行いたいと思っています。


もしこのセッションがお役にたって
お礼をしたいという気持ちが湧きましたら、
ぜひ伊東はなんの存在を多くの方に広げてください。
私が役に立つ機会を与えてくださることが一番嬉しいです。

お外組のしっぽたち、犬猫だけじゃなく、
鳥もウサギも、虫たちも、
もちろんお外組の人たちも、
みんなみんな無事でありますように。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
殺処分日が決まっていたワンコ-3 動物対話士目線で見る縁って…?
2019年10月10日 (木) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から殺処分予定日が決まっていた犬を
新しい家族として迎えました。
備忘録としてつらつらと書いています。

「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
「殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定」

-----

「代表も私も、はなんさんとこに行って欲しいです!
実は、ヘリをチャーターしてお迎えに行きますというお申し出もあったんです。
でも、私達は最初からはなんさんのとこに送り出す気でしたので…。
最初からはなんさん家に行かせるつもりでしたから、名前もお願いしました。」
…という保護団体理事さんのありがたいお言葉で、
我が家の一員になることが決まったシーズーさん。
かなという名前になって、新しい生活をすることになりました。

この子をうちの子にしたいと思ってから
実際に我が家に来るまで丸2か月を要しました。
短頭種だったため、飛行機に乗せることができなかったのです。

短頭種と夏場の移動(飛行機)については
私が調べた限りの情報ですが次の記事でまとめます。


で、
縁って何だろう…なわけです。

私が思う縁とは「関わり」のことを指します。
縁が深いというのは「関わり方が深い」。
縁がないというのは「関わりがない(知らない)」。

それがいい結果であろうとなかろうと、
関わりがあったということは縁があったということ。

それは今世で出来た縁もあるし、
過去世からのつながりが今に影響を及ぼしているものもある。
動物対話士としてペットさんと飼い主さんの関係改善の
お手伝いの仕事をしている私ですが、
その一環として「霊査(スピリチュアルカウンセリング)」もしています。
そうすると、今世で出来た縁と思っていたものも
紐解いてみると過去世からのご縁の続き…ということも
よくある話だったりします。

でもね、
過去世からの縁だとしても、今世で出来た縁だとしても、
実はそれを探る必要なんてあんまりないです。
知ったほうがいい時って、
どうしても解決したい問題があって、
でもその糸口がどうしても見えなくて
途方に暮れてしまった時くらいです。
それ意外は「今起こっている出来事」に集中すればいい。
過去にすがって過去のせいにしたところで
何の解決にもならないもの。

大事なのは過去より今。
いい今の積み重ねがいい過去になり、
いい未来を作る土台となるのだから。

私がかなと出会ったのも縁。
芽依に似てるという今世レベルのところにピンと来たのか、
もっと深いところで繋がっていたのか…、
私自身は知る必要はないと思ってます。
それより大事なのはこの子を迎えたいと思った気持ち。
そして、この子が加わった事によって起こる
既存のしっぽの家族たちの変化のフォロー。

でも、それだけじゃつまらないよね(笑)
普段はうちの子にはしないけど、
せっかくの機会なので私とかなの関係を紐解いてみました。


まず一つ言えるのは、芽依の分霊だろうということ。
やる事なす事のいちいちがそっくり。
でも、生まれ変わりではないのです。
彼女がお空組になったのは一年半前のことなので。
そのころかなはすでに何回も出産している大人ワンコだったから。

私のいうところの分霊というのは
ソウルメイト、みたいな感じ。
元は同じ一つの魂だったけど、
生まれ変わるときにそれぞれの目標に応じて
しかるべきところに生まれる、みたいな。
元が同じだったから特徴も似ていたりするというわけ。
分霊が集まってくるということは、
それだけ私に伝えたいことがあるということなのね。

彼女たちが伝えたいこととは、
「もっと無邪気に生きていいんだよ」ということ。
まだまだ我慢の多い生き方をしてるみたいです、私。
で、もう少しさかのぼってみてもいいけれど、
私の内側暴露大会になりそうなのでやめておきます(笑)

今は私とかなの関係を見てみたけれど、
どんな人間同士の出会い(縁)も、人と動物との出会いも、
互いへの影響力を持った者通しが出会うというのは
決まっているみたい。

「袖すりあうも他生の縁」

っていうしね。

※袖すりあうも他生の縁
袖が触れ合う程度のすれ違いでも、
過去世で会っている証拠なんだよ
という意味


かなが私のところに来た理由は
もちろん「対話」を学びに、です。
対話を学んだ先にある楽しさを知るために
私のところに「今」来たのです。

もし芽依と同じタイミングでうちに来ていたら
わたしはまだまだ上手に動物対話はできなかったし、
そもそもそれを仕事にもしていなかった時期でしたから。
でも今、動物対話について社団法人を立ち上げて
それを世に広めようとしているくらいまでになったので
やっとかなは安心して対話を学びに来れた、という次第。

だから対話が必要な状況も合わせて持ってきています。
彼女、トイレのしつけが全くできてない…(^^;
用を足すのはいつも床の上。
目の前にトイレシートがあってもあえての床の上。
しかもおしっこしてあるトイレシートの上で寝るし…。

よく考えたら私、トイレトレーニングなんてしたことないわ。
うちの子たち、みんな気がついたらいつの間にか
トイレシートをちゃんと使ってたしなぁ…。

これはもう、動物対話協会の代表として、
是が非でも覚えてもらわねばなりません。
それとも私が根負けするかな?
対話を重ねることで結実するということを、
今一度実践する場を与えられました(^^;

これも縁、ですね。
この出会いには、私にもかなにも
必要な学びが用意されていました(笑)

次はかなが来てからの
先住さんたちの変化について書いてみます。


続く




-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定
2019年10月09日 (水) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

前回の記事
「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
の続きです。

2019年8月5日にこの記事を目にしたことから
私の中のいろいろが動き出しました。
かな-1
かな-2

一見して昨年4月にお空組になった芽依の目を思い出しました。
芽依の年齢と保護された子の年齢を考えると
120%ありえないのですが…。
(でも分霊というレベルで考えれば、ありえなくもないのよね。
 この辺は長くなるので、いつか気が向いたら…)

170505芽依

たまたまこの保護団体の代表さんと知り合いだったので、すぐに電話しました。
「この子、どうなりました?まだお声がなければうちで引き取りたいのですが」と。
8月5日の夕方。
記事が投稿されてから6分後のことでした。

当然そんなにすぐでは、まだ何のアクションもなく、
私が問い合わせの一番乗りだったそうです。
あまりに早すぎる連絡に、代表もびっくりしていたと
後日談をもらったほど(笑)


今までたくさんの「里親募集」を目にしてきましたが、
私一人でお世話することを考えると…という状態でした。
それはここ数年のお空組への見送りラッシュが続いても、
まだ迎える思いは沸いてきませんでした。
そんな中、
どういうわけか吉だけは躊躇せず迎えてしまったのだけど…。
改めて東京の病院で検査します
2017年11月末の福岡空港にて飛行機に乗る前の吉。
生後3か月くらい。まだまだあどけなさ満載。


ゆくゆくは志乃の生まれ変わりを…と思ってはいたけれど、
まだ時期尚早だと思っていました。
だからと言って替わりのシーズーを求めたいわけでもなかった。
それに、仮にシーズーを迎えたいと思っていたとしても、
シーズーという視点で見れば東京にも関東近県にも
里親を募集しているシーズーはいたと思う。

でも、シーズーがほしいわけではなかったんです。
「あの子」を迎えたかったのです。
芽依に似たあの子を…。


それから数日後、保護団体の代表さんから連絡が来ました。
「東京から「里親になりたい」という思いにリスペクトされました。
あの子の名付け親になってください。」と。

実は問い合わせをしたときから
すでにうちの子になったときのことを考えて
名前は考えていました。
沖縄の子であることを意識してうちなーぐち(沖縄弁)を取り入れ、
うちの子ルールに沿った名前…。
それが

かな

でした。

年も年なので(センター職員推定12歳)ちゃん付けはないな、と。
さんづけだったらちょうどいい言葉がある。
「かなさん」というのは「愛らしい」「かわいい」という意味です。

もよちゃんに
「かなちゃんっていう、芽依ねーさんみたいなワンコが来るからね」
って言ったら
「はなちゃんみたいね」って。
確かに音は似てる(笑)
猫だって言葉を聞き分けられるんです。


さっそく代表に「かな」という名前を報告しました。
かなの一時預かりさんは、さっそくその名前で彼女を呼んでくれました。
預かりさんは団体の理事さんだったのですが、
とても愛情深く預かってくださり、こまめな近況報告をくださいました。

でも、「はなんさんのところに行きますからね」という話が出ず、
けれど近況報告は来る…。
さて、これはどういうことか。
名付け親への敬意?と、モヤモヤすること数日。
意を決して、
「かなちゃんはうちの子ということで大丈夫なのでしょうか」
と聞きました。
理事さんからは
「もちろんです!代表も私も、はなんさんとこに行って欲しいです!
実は、ヘリをチャーターしてお迎えに行きますというお申し出もあったんです。
でも、私達は最初からはなんさんのとこに送り出す気でしたので…。
最初からはなんさん家に行かせるつもりでしたから、名前もお願いしました。」

ヘリをチャーターして…?!
そっちに里子に行ったほうが幸せなんじゃないか…と思ったりもしましたが、
ここは団体さんのご厚意に甘えることにしました。

その後、
ワンコだけ空輸してもらって私の旅費を寄付するのと
私が迎えに行くのと、どっちがいいかという相談をしたり、
それはそれは事細かに相談に乗ってもらい、
私がお迎えに行くことで全員一致をみたのでした。


その後も理事さんからは事あるごとにかなの写真を送ってくださり、
私も里親としての自覚がしっかりと根付いていくのでした。

そもそも元はこんなでした…。
かな@愛護センター

それが…、
かな初散歩@沖縄
かな20190812
かな20190819
団体理事さんのかなへの愛情がお顔の差に出ています。
佐久間さん、本当にありがとうございます。


続く




-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ
2019年10月08日 (火) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

10月2日から5日まで沖縄にいました。
猫たちはたっぷりのお水とご飯を置いて。
ぼーずはトリミングサロンにお願いして。

今回の訪沖はいつもとは違う特別なものでした。
殺処分予定日の決まっていたワンコを家族にしようと決め、
その子のお迎えのための沖縄入りでした。

実は保護犬を迎えるのは人生初。
保護団体さんから譲渡してもらうのも初です。

うちにも保護っ子はいます。
猫たちは全員保護っ子で、もよちゃんと吉は私が、
ちーちゃんは友人が、それぞれ個人で保護して
そのままうちの子になったパターンでした。

そもそも私は保護団体さんからしたら
譲渡対象外だと思っていましたので、
こちらから積極的なアプローチもしませんでした。

というのも、
・年齢制限あり
・自営業は要検討させてください
・泊りがけの出張がある場合は
 同居の家族がいないとダメです
・留守版の時間が長い人はご勘弁
…みたいな条件のところがほとんどで、
私は年齢制限以外のNG要素の
すべてに当てはまってしまうという…(^^;

犬だって人だって同じ「家族」でしょ。
人間の子どもにも保護犬たちと
同じことが言えますか?って話です。

年を取ってから子どもを産んではいけません。
子どもの留守番が多くなりそうな仕事に就いている人は
親になってはいけません。
って言われたらどうします・・・?

「だって人と動物は違うでしょ」という人も
いることは承知しています。
でも、動物対話の世界はそこに境界線を持ちません。
家族の一員として、人も動物も同じ目線で見ます。

人間の子どもだってお留守番はします。
年を重ねてから生まれた子供さんだって
幸せに育ちます。

いろいろな考え方がある中で、
私は動物対話士として
家族がどんな条件だったとしても
そこに「家族としての日常的な幸せ」が
あればいいと思っています。

お年寄りと暮らしたっていい。
留守番が長くてもいい。
一緒にいる時間がそれぞれを尊重した時間だったら
それでいいんじゃないかって思うんです。

…とはいうものの、
収容施設に入れられるような思いをした子たちに
「幸せ」とは何かを知ってもらいたい、
今度こそ幸せな生活をしてもらいたいという
保護団体さんの気持ちもよーくわかるので、
これらを否定する気は全くありませんけど、
そういうわけで、私の生活スタイルが
譲渡条件と合わないだろうことから
私には保護団体さんから新しい家族を迎えるという
選択肢はないと思っていました。

それが、出会ってしまったのです。
かな-1
かな-2
かな-3

2019年8月5日のことでした。

続く




-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
続報【台風15号被害に伴う無料電話セッション】被害に遭われたみなさまへ
2019年09月12日 (木) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

昨日、台風15号の被害に遭われた方とそのペットさん向けに
無料の電話セッションをしますという記事を書きました。
ここ見てね

ようやく復旧してきた…と思っていたのは実は私の周辺だけで、
本当はこれからが本気で大変だというのを知りました。
知れば知るほど心が痛いです…。

房総なんてアクアラインを使えば二時間かからずに行けるけど、
車で行ったところで邪魔になるんじゃないかとか…。
何かしたいのにできない。
大きなジレンマを抱えています…。
心当たりのある人たちには、ごぶさたな人たちも含めて
連絡を取ってみています。

そんな中、私だからできることと言えば
昨日掲載した無料電話セッションでのサポート。
これはひとまず今月いっぱいは継続して行うことにしました。

なので改めてのお知らせです。


今回の台風被害で不安や異常行動がみられるペットさんへ、
動物対話協会本部にて無料の電話セッションを行います。

夜の部もあります。


<台風15号被害に伴う無料電話セッション詳細>

対応日時:(当面の対応です)
2019年9月11日(水)~2019年9月30日(月)
9-20時で伊東はなんの空いている時間
(10回鳴らして出なかったら対応できない時間だと思ってください)

●対象となる方:
ご自身またはペットさん、またはその両方が、
このたびの台風被害によって不安で仕方がないという方。
ペットさんのいつもと違う行動が心配な飼い主さん。

●電話のかけ先:

03-6304-3138(HANAn内)

●料金:

ご自身の通話料のみご負担ください。セッション料は不要です。

<1通話15分程度以内をめどにお願いします>


一日も不安から脱出できますように…。




こんなことを書きながら、ふと思ったことがあります。

だんだん災害が東京に近づいてるよね。
東京って表現じゃなくて、本当に言いたいのは
「日本の首都に近づいてる」ってこと。

どの国も、大きな自然災害はまず地方で起こる。
そこで終わるところもあれば、
今回みたいに徐々に首都に近づいてくることも。
「気づけよ!」ってことだと思うのね。

大丈夫か、日本!?

意識を、自然に、地球に、自分たちの身の回りに、
しっかり持たないと、今度は東京がやられる。
オリンピック気を付けて。


基本的には不安をあおったりするようなことは
表に出したくないのだけど、
こればっかりはちゃんと意識付けしておかないと
本当に大変なことになりそうで…。

今、スピの人たちは
(スピリチュアルではなく、あえて「スピの人たち」と言ってます)
二極化が進んでいると言っています。
気づく人は救われる。進化していく。
気づかない人は残念ね。でもそれがその人の道…。と。

でもね、
私さえよければいい、じゃないよね。
そうじゃないよね。

本当に次元上昇というものがあるのなら
みんなで上を目指してこそナンボじゃないですかね?
と思うのです。

私は「残念ね」で切り離したくないです。
「気づいてよ!!」って叫びたい。
で、一緒に進んでいきたい。
人として真っ当な道を選べば
きっとそこに答えがあると思う。

私だって人間としてこの世に生まれているんだから
そりゃー完璧なんて程遠いです。
でも、人に後ろ指をさされるようなことは
しないように生きている。
まだまだ努力ポイントだって足りてないけど、
自分の中の正義でがんばってる。

この先、いつどんな目に遭うか分からないけど
私は「私」として、私の正義に全力で生きていきたいと、
今回の件を通して思いました。

なので、今回私が今できること。
まずは不安なペットさんと飼い主さんのフォローです。

電気もまだ通っていないところが多いと聞いています。
この話をできるだけ多くの人に伝えていただけると嬉しいです。

一日も早い復興を祈ります。


もよちゃんと吉くん
ひとりでがんばらないで。
そばにいるよ。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
【台風15号被害に伴う無料電話セッション】被害に遭われたみなさまへ
2019年09月11日 (水) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

このたびの台風15号の被害に遭われた方には
心からお見舞い申し上げます。
それにしても日本の災害復旧に対する意識が
年々高まっているのを実感するにつれ、
私たちにできることはなんだろうといつも考えます。
そんな中、ペットさんと一緒に暮らしておられる方、および
ペットさんたちの心のケアが、私たちがすぐにでもできること。

本当はその日からすぐに電話セッションでフォローを…と思いましたが、
停電時に電話を使うのは容易でないと思い、少しだけ時間をいただきました。
ようやく「電気が来た!」という投稿も増えてきたので動き出せます。

今回の台風被害で不安や異常行動がみられるペットさんへの
電話での無料セッションを受け付けます。

夜の部もあります。

本日15時~18時&20時~22時、
明後日(9/13)9-13時&15-20時、
動物対話協会本部にて無料の電話セッションを行います。

対象となる方:
ご自身またはペットさん、またはその両方が、
このたびの台風被害によって不安で仕方がないという方。
ペットさんのいつもと違う行動が心配な飼い主さん。

電話のかけ先:
03-6304-3138(HANAn内)

担当:一般社団法人動物対話協会代表理事 伊東はなん

セッション:1通話15分程度以内をめどにお願いします。

料金:ご自身の通話料のみご負担ください。セッション料は不要です。

対応時間:
2019年9月11日(水)15-18時の間、20時-22時の間
2019年9月13日(金)9-13時の間、15時-20時の間

一日も不安から脱出できますように…。

もよちゃんと吉くん
ひとりでがんばらないで。
心はそばにいるよ。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
2018年はにぎやかな年になりそうです
2018年01月04日 (木) | 編集 |
こんにちは。
伊東はなんです。
お正月も三が日を過ぎ、皆様いかがお過ごしでしょうか。

我が家は本来なら喪中のため
いつも通りの日々を過ごすのですが、
うっかりもののかあちゃんは
玄関に松飾りをし、馴染みのお店の方々と
初詣に行くという、普通に一般的な元日を迎えました。
ある意味いつも通りと言えばいつも通りなんだけど…(汗)
せっかくなので松飾りもいつも通りにしておこうと思います。
志乃も苦笑いして呆れてることでしょう…(^^;

戌年の2018年ですが、HANAnファミリーは猫年になりそうです。
2018年は猫年にゃ!
我が家に新人猫くんが来ました。

元旦に放送されたインターネットラジオゆめのたね放送局の
「ペットのように愛されたい」を聞いてくださった方はご存知ですね(^^)
ゆめのたね放送局東日本チャンネルで毎週月曜12時半から絶賛放送中)

この写真は元旦に撮影しました。
カメラ目線率がめちゃくちゃ高いです(笑)
本当に野良猫だったのか?!と疑うくらいです。

11月下旬に福岡でうちの子きずなノートと動物対話基礎講座の
セミナーを開いたのですが、そこで立ち寄ったコンビニにいるのを見かけて。
福岡のいろいろな人と話をした結果、東京に連れてくることになりました。

東京に連れてきたときはこんなにやせっぽちだったのに…。
改めて東京の病院で検査します
上の画像と比べると、改めて当時の痩せ具合がよくわかります。

今は2匹の姉さん猫に怒られながら我が家のルールを学んでます。
どこに行くにも私のあとをついてきて、まるで子犬のようです。
名前を呼べばちゃんと来るところも犬みたい。
さすがです(^^)

名前は「吉(きち)」くんです。
彼が自分で決めました。
現在推定4か月の男の子。
HANAnファミリーの新人として、どうぞよろしくお見知りおきを。

元野良猫の吉くん。
コンビニの駐車場でお客さんからおこぼれをもらって生きていた子猫。
この子が動物対話士と暮らすことでどんな変化をしていくかを追いかける、
吉くんブログを作ろうと思います。
そうすることできっとこのブログも活性化することでしょう…?!

本年もHANAnファミリー一同をよろしくお願いいたします。

            

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー2頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
2016.4/20、22、24、25、熊本県被災ペットさん無料電話セッションします
2016年04月19日 (火) | 編集 |
いつもお読みいただいてありがとうございます。
動物対話士(R)の伊東はなんです。
なかなかブログの更新ができずにごめんなさい。
毎日たくさんのお仕事をさせていただいて
幸せな日を送っています。

本当はご報告したいこともたくさんあるのですが、
とにかく今はこのお話しから。
2016年4月14日夜に起こった熊本大震災についてです。

このたびの地震で被害に遭われました皆様におかれましては
心からお見舞いを申し上げます。

こういうときにいつも考えるのは、「私に何ができるかな」ってこと。
逆の立場になった時に、してもらって嬉しいと思うことを
したいと考えるようにしています。

そして、自分に無理のない身の丈のことをしようと考えています。

そうすると、私に出来ることといえばやっぱり動物対話しかなく…。

けど、最近はありがたいことに
本当にたくさんの方からお申し込みをいただいており、
打ち合わせも夜にお願いすることが多い始末。
なので、セッションできる日が限られてしまうのですが、
かろうじて隙間を見つけました。

2016年4月20日(水)19:00-22:00、
2016年4月22日(金)朝8:00-11:00、
2016年4月24日(日)19:00-22:00、
2016年4月25日(月)朝8:00-11:00。

上記4日間の各3時間、
熊本県で被災された方とそのペットさんに限り、
先着順にて電話の無料セッションを受け付けます。

通常の電話セッションはこちらからかけるのですが、
今回は先着順のため、皆様からサロンにお電話をかけてください。
03-6304-3138 です。


事前予約制ではないのでお写真はない状態で行います。
そのかわり、私とペットさんの意識を繋げるために、
少しだけペットさんに関する質問をさせてください。
その点だけご協力をお願いします。

たくさんの方がセッションをご希望だと思いますので、
お一人10分までとさせてください。
お時間前やお時間が過ぎてからのお電話はご遠慮下さいね。


もし、この無料セッションのお礼をしたいと思ってくださった方がいらしたら、
そのお気持ち分を、
沖縄の動物保護団体、ワンズパートナーの会さんへご寄付をお願いします。
伊東はなんが応援している保護団体さんです。
------------------
郵便振替口座 01770-9-98190 ワン’sパートナーの会
銀行口座 沖縄海邦銀行 首里支店 普通預金 0579056
特定非営利活動法人 ワン’sパートナーの会  理事 比嘉 秀夫

クレジットカード・コンビニ払いを利用しての寄付の受付もできるようになりました。
※「STORES.jp」さんのショッピングカートシステムを利用しています。
https://onespartner.stores.jp/#!/items/5324176b3e7a4a72cd00019d
------------------

これとは別に、福岡の友人に、水を10ケースほど
現地に届けてもらえるようにお願いをしました。

今、私個人ができることはこれくらいです。
出来ることを出来るだけ。
ご迷惑にならず、必要なものを必要なだけ。
困ったときはお互い様ですものね。

ほかに何ができるか、いろいろ考えているこのごろです。


追伸:
この記事の中のお礼先の件で貴重なご意見をいただきましたので、
この場を借りてお返事します。
(ご意見をくださった方の返信としてもお返事しています。
ひとりそう思う方がいるということは、ほかにも同じ事を思う方がいると思い、
お返事した内容と同じことを以下に転記します)


素晴らしい活動と感じていただき、ありがとうございます。

お礼先はご自身で選んでいいし、しなくてもいいんです。
強制ではありません。

熊本の動物病院にしなかったのは、熊本の先生と面識がないから。
ただそれだけのことです。
人様にご紹介する以上、私にも責任がありますものね。

その点、沖縄の代表は何度もお会いしていて
(私が沖縄に行く際には、いつもごあいさつします)、
お人柄もよく知っているので、安心して託せるんです。

熊本の獣医さんで、いい方がおられたら、ご紹介いただけると嬉しいです。

                  

HANAn ~動物対話&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
ご協力をお願いします。古民家を猫カフェに!
2016年01月10日 (日) | 編集 |
いつもお読みいただいてありがとうございます。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

今日、こんなステキな書き込みを目にしました。
---------------
以前子猫を保護した時、伊東はなんさんにセッションをお願いしました。
保護猫ということで大変ご配慮いただきました。
何かの形でお返ししたいと思っておりましたら、
はなんさんが支援されているこのこのプロジェクトを知り、
私も是非応援させていただきたく存じます。
素晴らしい保護猫カフェが出来て、多くの猫たちが幸せに過ごせますように。
---------------

「このプロジェクト」とはこちらです。
猫と人がくつろぐ場所を!
古民家で保護猫が幸せを掴むカフェを作りたい!!

https://faavo.jp/fukuoka/project/917


特別な事情がわかった方には
私なりの心配りをさせてもらってます。
いつか、回り回ってセッションを受けた動物たちが
幸せになってくれたらいいなと思っていたら、
それが本当に理想の形で帰ってきた!!
こんな嬉しいことは久しぶりです。
というか、今年は新年早々から嬉しいことが多すぎます♡


この書き込みの背景はこんなおはなしでした。

----------
一軒の大正時代からある古民家がありました。
見た目は普通の民家ですが、実は猫カフェ。
猫と遊ぶ空間はアクリル板で仕切られていて衛生的です。

そのカフェにいる猫たちはみんな保護猫で、
新しい飼い主さんを待っている子達です。
カフェでもあり、お見合いの場でもある、そんな古民家です。
カフェの売り上げは猫たちの養育費になります。
----------

ステキでしょ♪

動物の保護活動をしている人や
保護犬・保護猫たちと暮らす人なら、
一度は憧れるシチュエーションだと思います。

これを実現すべく、福岡市内でペットへの財産相続や
ペットへの遺言を法的に作成してくれる、
どうぶつ専門の行政書士、服部薫さんが立ち上がりました。
•行政書士かおる法務事務所:http://www.fukuoka-animal-gyouseisyoshi.com/

現在、福岡県古賀市内にある歴史あるステキな古民家を、
理想の猫カフェにすべく改築中です。
猫カフェの名前はcafe gattoといいます。

これがcafe gattoになる古民家。由緒正しい感じです。
cafe gatto 外観

大正時代の建物。昔のおうちはどの家も広かった!
その物件も例に漏れずとても大きなお屋敷なので
直すところもたくさんあって、いくらお金があっても足りません。

門から続く石畳
門から玄関へと続く石畳が長い!
こちら↓は床をはがして直しているところ。とにかく広い!
cafe gatto 内部お直し中

ということで、2016年2月12日まで
クラウドファンディングという募金システムを使って
資金を集めることにしました。

クラウドファンディングfaavo該当ページ:
https://faavo.jp/fukuoka/project/917
保護猫支援のための猫カフェ設立にご協力を!

服部さんと私はリアルなつながりもあるので、
私なりに彼女の人となりを理解してます。
間違いなく彼女は愛と責任感にあふれた人です。
そんな彼女が行動を起こしました。

彼女の思いに共感して、協力を申し出ました。
支援をしてくださったお礼の品として、
動物対話のセッションを組み込んでほしいとお願いしたんです。
二つ返事でOKしてくださいました。
うれしかったなぁ。

たくさんの支援コースがありますが、
詳しくはこちらをご覧下さい
お手伝いさせていたいたのは3万円のコース。
3万円ご支援いただくと、動物対話の他
cafe gatto にいる猫たちのポストカード等が付いてきます。

動物対話のセッションは2時間+α。
お友達と1時間ずつのシェアも事前にご連絡いただけたらOKです。

支援していただいたお金は全て猫カフェ資金に入ります。
私へのギャラは発生しません。
なので、みなさまが支援してくださった分は
まるごと cafe gatto の設立支援になります。

この募金システムは、目標金額が達成されなかった時には、
一円たりとも企画団体(今回ならcafe gatto)に
お金が入ってこないというシビアなものです。
目標金額に達した時に、初めて
支援した方から支援金のお支払いが行われます。

私も、保護猫ちゃんたちのセッションをしてあげたいと思って
自分で自分のお礼のお品がもらえる権利の支援をエントリーしました。

この募金活動、いつまでもやっているわけではありません。
期限があります。
あと1ヶ月ほどの2月12日が最終日です。
この日までに目標金額に達する必要があります。

先日服部さんと実際に会って色々と話を聞いてきました。
彼女は本当に純粋に、ただただ猫たちの幸せのために
cafe gatto をオープンします。
私利私欲ではなく、猫のため、ただそれだけのために。

その思いがしっかりと伝わってきましたから、
オープン前にもイベントもしようねって話してきました。
もちろんその時は私もお手伝いに行きます(^^)

実際にカフェをオープンするのは服部さんですが、
服部さんは私たちの思いの代表でもあります。

服部さんは現場で頑張る。
私たちは資金援助という形で夢を叶えるために頑張る。

みんなで力を合わせて、一匹でも多くの猫たちにセカンドチャンスを!
どうぞよろしくお願いします。
https://faavo.jp/fukuoka/project/917
保護猫支援のための猫カフェ設立にご協力を!


                  

HANAn ~動物対話&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
動物保護団体さん視察に行ってきました
2014年10月03日 (金) | 編集 |
またひとつ、夢が実現しそうなところまで来ました。
動物保護団体のNPOさんとご縁が繋がったのです。

いつもお読みいただいてありがとうございます。
動物対話士(R)の伊東はなんです。


先日、クライアントさんのご紹介で
神奈川県の動物保護団体さんのシェルターに行ってきました。

どの子もとてもいい子なのですが、
ほとんどの子が何かしらの疾患を持っていて
そのせいで遺棄あるいは保健所に来た可能性が高いとのこと。
(その日シェルターにいたほとんどが、純血種と思われる犬たちでした)

水頭症のチワワ。
気管虚脱のシーズー。
しっぽを追って回り続けるポメラニアン。
骨折を治さなかったために片足をつくことができなくなってしまったトイプードル。
火事現場に出くわしてトラウマを抱えるレトリバー。
・・・。
・・・。
数え上げたらキリがない。

ワンコ達は何も悪くないのにね、
具合が悪くなると「いらない」とモノ扱いされてしまう彼ら・・・。

モノじゃないのにね。
私たちと同じ命なのにね。

団体の代表さんといろいろお話しをさせていただきました。
代表さんの思いもたくさん伺いました。
そして、私ができることをいろいろお伝えさせていただきました。

里親探しをする際に、
アニマルコミュニケーションができることって実に多彩です。
ペットがどういうお宅に行きたいかを聞くことができるはもちろんのこと、
過去のトラウマをあらかじめ知っておくことで、
信頼関係を最初から深くすることもできます。

さらに、
ペットたちが意思の疎通を図る楽しさを知ることで、
新たな存在意義を見出し、自己表現がしやすくなります。
そうすることで彼らの良さがより際立ってくるので、
彼らを必要とする飼い主さんに出会いやすくなることも考えられます。

そして、
里親さんになってくださった方を集めて
アニマルコミュニケーションの
チャリティーセッション大会や講演会の開催もできます。
売り上げの一部を団体さんに寄付させていただくことも可能です。

どのようにしたらアニマルコミュニケーションが
動物保護のお役に立てるか・・・を、いつも考えています。


その日、団体さんにお伺いしたのは午後一番という時間帯でしたが、
お部屋の中にあるケージには当日の朝に亡くなったというシーズーさんがいました。

「おつかれさんねー」ってケージを覗いたら、
「おはようさんの時間?」って聞かれました。
おそらくはあまり目が見えなかったのかもしれません。
朝スタッフの方がケージを覗き込んで
「おはよう。朝だよー」というのが習慣だったんでしょうね。
なので、同じ動作をした私に「朝が来たの?」と聞いたようでした。
やっぱり「今日の今日」だと、
お空に帰るという自覚が薄いのかもですね。
うちの萌さんもそうでしたっけ。

そんなこんなで、
アニマルコミュニケーションを体験してもらいつつ、
お手伝いできることをお互いに模索しつつの数時間。

沖縄に続き神奈川でも、
アニマルコミュニケーションに対する扉がひとつ開いたようです。

命は命。
人でも動物でも植物でも…。
「命は宝(ぬち どぅ たから)」です。

サロンのキッチンで水耕栽培中のバジル。
これも「命」。
キッチンハーブのバジルさん
そろそろ土に植えましょうねー。

あ。
明日(10月4日(土))は
獣医師の宿南先生と行う月替わり講座、
「犬と人のライフケアアカデミー」
です。
今月は若干お席に余裕があるそうですから、
ドタ参OK!
「はなんのブログにドタ参OKと書いてあったので来ました」
と言ってくだされば受講できるようにしておきますので、ぜひどうぞ♪
10時~12時まで、しゃべりたおします(笑)


                  


出雲講演会&勉強会、ご参加者絶賛募集中です♪
2014年10-11月出雲勉強会
今まで独学で勉強してきてくじけちゃった方には
特におすすめします!
詳しくは上の日本一のしめ縄写真をクリック♪

                  

獣医師の宿南先生と行う月替わり講座、
「犬と人のライフケアアカデミー」


次回の私の出番は10月4日(土)10時からです。
【タイトル】 引きこもり、夏疲れetc行楽イベント一緒に楽しめないワンちゃん。
これさえ知ってやってあげれば、楽しい秋になる。目からウロコの会話。

詳しくは上のリンクをクリックしてくださいね。

                  

HANAn ~アニマルコミュニケーション&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:第12-4-6号<訓練>
東京都世田谷区北烏山1-59
TEL・FAX:03-3307-9357

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、
安心してセッションを受けていただけます。

ご予約がなければ18時でクローズします。
営業時間内でもセッション等で電話に出られないこともあります
念願だった動物保護団体への支援
2014年06月02日 (月) | 編集 |
冒頭の小話はおもしろくない~…と思ってきました
そんなの本編で書けばいいじゃん、みたいな…(^^;

ということで、小話終了ー(≧▽≦)

おはようございます。
動物対話士の伊東はなんです。

冒頭の小話しかり、
人の心は移ろいやすいものですから~なんて、
言い訳なんぞしてみたりして。

でも、動物にかかわる仕事し始めてから、
オンラインショップの時代も含めると早12年。
ずっと動物保護団体とかかわりたいと思いながら
お仕事をしてきました。

あるときはフードの寄付。
あるときはグッズの寄付。
あるときはパピードッグの一時預かり。
そして福島への震災ボランティア。
・・・などなど。
そのたびにご担当者様に名刺を渡して
仕事の説明をしてきましたが、
どうにも反応がよろしくない。
アヤシイ人と思われてしまっているのは
簡単に見て取れました。

そして8年目。
ようやく、動物対話士として協力ができるようになりました。
7月に沖縄の動物保護団体さんのお手伝いをさせてもらいます。
アニマルコミュニケーションのセッションが
団体さんの寄付につながるシステム。
そして、もしかしたらお話し会もするかも知れず、
そうしたらその会費からも寄付ができるね。

…ということで、団体さんからの情報公開を待っていたところ、
どのくらい人が集まるか試しに見てみよう~ということで
フェイスブックで募集したところ、
3日間で2日のご予約枠が埋まってしまったとのこと!
本当は7月5日(土)、6日(日)のみの予定だったのですが、
金曜の午後もセッションになるかも、という勢いです。
動物殺処分数が全国でも上位に位置する沖縄で
アニマルコミュニケーションが広がったらすごいことになるだろうな。
日本の動物保護関係に革命が起こると言っても
言い過ぎではないと思います。


この子達は、以前パピーの一時預かりをした時の写真。
後日談によると、2頭一緒に新しいおうちに行ったそうです(^^)
P1010297.jpg
P1010293.jpg
預かりっこ

P1010296.jpg

やっと時代の風がこちらにも吹き始めたなという感じ。
いよいよこれからです。

早くホームページ作り直さなきゃー(;´д`)


                  

いよいよスタート!
獣医師の宿南先生と行う月替わり講座、
「犬と人のライフケアアカデミー」


次回の私の出番は6月14日(土)10時からです。
詳しくは上のリンクをクリックしてくださいね。
次回のテーマは
「怯え、ケンカ、犬見知り…。
 本来の社交的なワンの育成法」です。
お申し込みはお早めにどうぞ♪

                  

HANAn ~アニマルコミュニケーション&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:第12-4-6号<訓練>
東京都世田谷区北烏山1-59
TEL・FAX:03-3307-9357

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、
安心してセッションを受けていただけます。

ご予約がなければ18時でクローズします。
営業時間内でもセッション等で電話に出られないこともあります
もよちゃん里子トライアル開始
2012年04月09日 (月) | 編集 |
もよちゃん、昨日より福島県二本松市にて里子トライアルを開始しました。

土曜日は雪がちらついたという福島県中通り。
それがトライアル開始の日曜日には軽く汗ばむような快晴になり、
まるでもよちゃんの新しい門出を祝福してくれているかのようでした。
私はお天気を見て物事の判断をすることが多々あります。
いい天気のときは「その選択は間違ってない」という感じ。

これから1週間、何ももんだいがなければ
来週の日曜日に正式譲渡です。
その後の動きがあれば皆様にもご報告しますね。
もよちゃんは「みんなのもよちゃん」ですから(^^)
今日の記事はあっさりだけど、これはトライアル中だから。
いろいろがはっきりしたら
アニマルコミュニケーター的見解も含めて改めて詳しくお伝えしましょうね。


                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット