動物対話士(R) の伊東はなんが、方言まで再現する的確なペットの通訳で飼い主さんとの本当の愛と豊かさを引き出してお伝えします。
猫のカメラ目線
2017年05月04日 (木) | 編集 |
夜に網戸のまま寝てしまっても
風邪をひかない動物対話士伊東はなんです。
ナントカは風邪をひかない、の典型です(笑)

HANAnの個人セッションでは、
実際にペットさんと対面できる以外は
お写真をご用意いただいています。
・カメラ目線
・ピンボケでない
というお写真をお願いしているのですが、
そうすると、特に猫さんの飼い主さんは、
「何度撮影してもカメラ目線にならないんです…」
という方が少なくありません。

動物対話ができるとこんなふうになります。
20170504もよちゃん
ガン見!(笑)

これ、どうやって撮影したかというと、
「写真撮るよー。ここ見てー」と言って
スマートフォンのレンズを指さしました。

ただそれだけ。

smile~♪って言ったけど、
それはイヤだったみたいです(^^;

あ。
それからもうひとつ。
多くの飼い主さんがやりがちなのが、

何度も「ちょっと待って。もう一回!」って言って
シャッターを切ること。

それをするとペットさんは
「また~?」って
うんざりしちゃって飽きちゃいます。
で、目線をくれなくなる…。

上の写真を撮るのにシャッター切ったのは
全部で3回です。
撮影時間にして30秒しないくらい。

お試しあれ♪

                  

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
※シーズー3頭、猫2匹がサロンにおります。あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
2月1日にさらに5組の対面セッション無料モニター募集します!
2017年01月23日 (月) | 編集 |
みなさまこんにちは。
伊東はなんです。

昨日は野田市のキャロットノア店さんで
動物対話士の仲間たちと
セッションイベントをしてきました。
おかげさまで今回も満員御礼!
すでに次回のご予約枠も半分近く埋まっているとのこと。
本当にありがたいです。

次回のキャロットさんのイベントは7月。
詳細が決まりましたらご案内しますね。

さて、
タイトルにも書いてありますが、
養成講座の受講生のための
対面セッションのモニターさんをあと5組、
募集します。

このあとの無料モニター募集は半年後になりますので、
ぜひこの機会にお試しください。

今、養成講座の生徒さんたちは本当にまじめに
一生懸命頑張ってます。
単なる通訳ではない、カウンセラーとして
人とペットの両方のお役にたつ動物対話士の卵たちを
どうか応援してください。

2月1日(水)に5組の対面セッションモニターを募集します。
詳しい時間帯はこちら。
http://hanan.cart.fc2.com/
ペットさん同伴で杉並サロンにお越しいただける方へ
広くお申し込みをお待ちしています。
セッション料は一切かかりません。
どうぞよろしくお願いします。
動物対話士養成講座1期生修了式
2016年08月05日 (金) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
動物対話士(R)の伊東はなんです。

先月、足掛け2年弱という長い時間をかけて学んだ
「動物対話士養成講座」の第1期生7名が
晴れて修了式を迎えました。

受講生の皆さんも感慨ひとしおだったと思います。
修了証を一人ずつにお渡ししましたが、
こうしてみんなハグしてくれました。
修了証授与
ありがとう!って、こちらこそです!(≧▽≦)

2年って長いよね。
7名のみんなは毎月、本当によく通ってくれました。
途中にはいろんな思いもあったと思います。
それもこれも乗り越えての修了式でした。
もうね、
1期生のみんなには感謝しかありません。

感謝の気持ちをどうやってあらわそうかと考えて、
考えて、考えて、考えて…。

お料理をデリバリーしてもらいました。
みんなでカンパーイ!
かんぱーい

サプライズゲストには1期生のあこがれ、
先輩動物対話士の、こみやちかちゃんが
京都からこの日のために駆けつけてくれました。
さらに、1期生を憧れの先輩と慕う2期生たちも
お祝いに駆けつけてくれました。

そして、プロのカメラマンとメイクさんとメイクさんを呼んで、
一人ずつサロンの一角を使ってスタジオ撮影してもらいました。
修了記念の撮影会
これは私(笑)

それぞれ、こんな感じに撮ってもらいました。
プロとして活躍するのに、
ちゃんとした写真があったほうがいいもんね。
一緒に頑張ろうね、という私からの愛とエールもてんこ盛りで。

集合写真を撮るのを忘れちゃったね(^^;

卒業した7名は、これからそれぞれの準備を経て
動物対話士として活躍していきます。
おいおいご紹介していければと思っています。

ただいま動物対話士養成講座3期生、募集中。
ステキな先輩たちのあとを追いかけてください!
詳しくはこちら→http://hanan.jp/school/yosei

                  

HANAn ~動物対話&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
私が動物対話士を名乗る理由
2015年09月12日 (土) | 編集 |
動物対話士(R)の伊東はなんです。

このたびの台風は、私の知り合いも多くいる土地ということもあり、懇意にしているタロット占者の先生は決壊した土手から4kmしか離れていないところにお住まいだったということもあり、いつになく心を痛めています。
一日も早い復旧をお祈りしています。
私に出来ることは何かな。
もし見つけてくださったら教えてください。
力になりたいです。

さて。

私は基本的に同業者の方のことは触れないようにしています。
というのも、このお仕事は感性あってのことだし、感性というのは実に個性豊かで人それぞれだから。
そこに私が口を挟む必要はありません。

でも今回はあまりにもひどすぎる!と思ったおはなしでした。
私がアニマルコミュニケーターを名乗るのをやめた最たる出来事が、クライアントさんの口から出てきたのです。

だから今日はちょっと辛口で長文です。
ご容赦ください。


エンジェルペットさんとのセッションをしました。
クライアントさんいわく、実は別の方に見てもらったんだけど、どうにも納得がいかなくて…ということで、ご依頼くださったとのこと。
おはなしを聞いて思わず「それウソでしょう。誰ですか、そんな適当な事を言うのは…。」って、お名前も聞いちゃいました。

以下にそのやりとりを書きます。
みなさんもどこがどうダメだったかを考えてみてください。

------------------------------

飼い主さん:
「うちの子のお骨を庭に埋めようと思っているのですが、あの子はどう思ってますか?」

コミュニケーター:
「それはダメです。お宅の子はとても優しい子だったから、それを頼って他の動物霊が来ます。そしてその動物霊がご家族を不幸な目にあわせます」

------------------------------


さて、どこがダメな点かわかりますか?

霊感の有無や霊界の知識にはまるで関係のないところです。
たった一往復のこのやりとりに、2つもおかしな点があります。


1つめ:ペットの思いを伝えていません。
→クライアントさんは「あの子はどう思ってますか?」と聞いているのに、帰ってきた答えはコミュニケーターの思いです。もう一度やり取りを読み直してみてください。
これはつまり、アニマルコミュニケーターとしての仕事をしていない、ということです。

2つめ:言ってることがチグハグ
→優しいペットを頼って来ているなら、その動物霊をなんとかしなきゃならないのはそのお宅のペットさんです。家族は関係ありません。
仮に100歩譲って、よその動物霊がそのお宅に害を与えるのだとしたら、「優しい家族を頼ってきているのに、自分の存在に気づいてもらえない」という人間に向けて害を与えることになり、亡くなったペットが優しかろうが動物嫌いであろうが関係ありません。
ですから「お宅の子は優しかったから」というフレーズは意味のないものになります。


つまり、質問と答えが全く噛み合ってないのです。

こんな適当な事を言う輩がいるから、「アニマルコミュニケーターは怪しい」って言われるんです…。
だから、私は動物対話士を名乗り、私の仕事はアニマルコミュニケーターとは違うとお伝えしています。


ちなみに以下が私の答えです。
内容があっているか否かではなく、会話を成立させて飼い主さんが知りたいことにフォーカスしている点に、注目していただきたいと思います。

------------------------------

飼い主さん:
「うちの子のお骨を庭に埋めようと思っているのですが、あの子はどう思ってますか?」

動物対話士 伊東はなん:
「この子いわく、すでに埋められる場所も決まってると言っています。そのことについてはしょうがないなぁという思いとともに、それを了承しています。しょうがないというのは、それ以外に手段がないと飼い主さんが思っていることを理解しているという意味で、その子自身もまた、それ以外の方法がないと思っているようです。試しに「動物霊園とかに行くのは?」って聞いてみましたが「ないね(笑)」と言われてしまいました。
実際のところ、埋める場所はお庭のどこにするか決まっているのですか?」

------------------------------
というやり取りをしました。
本当に、すでに「埋めるときはここにしよう」というのも決まっていたそうです。

実際は、このやりとりのあと「実は…」ということで、他のコミュニケーターさんに見てもらったけど納得が行かなくて私に依頼をした、という経緯をお伝えくださいました。
そして引き続き、こんな質問をなさいました。

------------------------------

飼い主さん:
「けど庭に埋めると他の霊が来ると言われたのですが…」

動物対話士 伊東はなん:
「お宅の子は確かに優しい子だったようですが、他の動物との絡みについては「そんなの嫌だよー」という思いが届いてきます。特に積極的に来られる子には「いやーん」って逃げていっちゃうイメージを見せられるんです。スローなテンポで「こんにちは~」って来てくれる分には大丈夫だったようですが。

(飼い主さん「はい、そうなんです」と相づち)

だから、他の子が頼って来たとしても「やめてよ~」って避けてしまいますから、そんな子に対して他の霊が頼って居着くことは考えにくいです。
生きていた時のお散歩を思い出してください。あいさつした子にいやーんってされたら、あいさつした子は別のところに行ってしまいますよね。それと同じです。
まして、それを逆恨みして飼い主に悪さをするなんてもってのほかですから、ご安心ください。この件でもしお庭に骨を埋めて良くないことが続いたら、責任を持って伊東はなんの名においてしっかり浄霊させていただきます。」

(飼い主さん:あはは。なさそうですねー(笑))

------------------------------

このように、HANAnのエンジェル動物対話は、生前の日常をペットさんから聞いてお伝えし、整合性を確認していただくことで、「うちの子」との霊界通信が成立していることを確認してもらいながら話を進めていきます。

これが「動物対話士」のお仕事です。


この日は、なぜか「実は違う人に見てもらったのですが…」というご依頼が続きました。
私のセッションが飼い主さんを悩ませないようにしなきゃ、と、心新たに思った一日でした。


写真は最近のもよちゃんとちーちゃん。
お姉ちゃんのしっぽをおもちゃにする、やんちゃな妹です。
この後ちーちゃんは、もよパンチを食らってました(笑)
なんやかんや言いながらちゃんとお姉ちゃん業をしているもよちゃんです。

2015.08のもよちー


                  

HANAn ~動物対話(アニマルコミュニケーション)&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。
動物対話は人生を変える
2015年06月11日 (木) | 編集 |
この頃よく思うのです。
アニマルコミュニケーションという言葉ではなく
動物対話という言葉を使うようになってから、特に、です。
私の仕事はペットの通訳だけじゃないんだなぁって。

私の中のイメージは、
アニマルコミュニケーション=ペットの通訳
動物対話=ペットと飼い主さんの通訳とカウンセリング
です。

もちろんベースにあるはペットの通訳なんだけど、
通訳した先にあるものをご提供するのが「動物対話士」なんだ、と。
「通訳で聞いた言葉を元に、あなたはどうありたいですか?」と
問うていくのが動物対話士なんだな、と。

現在動物対話士養成講座を開講していますが、
受講生の皆さんには
「通訳なんて出来て当然なんだからね」と伝えています。
私たちが目指すのはその先なんだよ、と。

動物対話のセッションを受けると、人生が変わります。
「ペットは神様があなたに与えた、オンリーワンの大切な教材である」
というのがわかるからです。
あえて「存在」ではなく「教材」という表現をしたのは、
「学びの機会を与えてくれるもの」ということを、
明確に分かってほしいから。

「アニマルコミュニケーションには興味があるけど、
ペットから文句を言われたくないから受けない」
という人が多いと聞きます。
そのたびに私は「もったいないなぁ」と思うのです。
それがアニマルコミュニケーションのイメージなんだよね…。
でも、動物対話士はそんな終わらせ方はしません。

家族の思いを知らずに、上辺の付き合いでよければ
セッションは受けないほうがいいと思うんです。
でも私は、
家族だったら分かり合ってナンボでしょ?って思うんです。

神様が、あなたの大切なその子と
出合わせてくれたのはなぜかしら。
他人から霊能力で教えてもらうのもいいけれど、
自分で見つけ出して、通じ合った瞬間から起こる奇跡を
体験してみませんか。

動物対話士養成講座も、いよいよ初級の実施レッスンに入ります。
とってもとっても、心根のいい人ばかりで期待の持てる皆さんです(^^)
といってもまだ初級。
これから「同じ思いを持つ仲間」として、
中級・上級へと進んでもらいたいなぁと思います。
きっとその中で、受講生のみなさんも
あとで振り返ってみると「人生の岐路は動物対話だった」と
思う日がくるんだろうなぁなんて、今からそんな未来を見ている私です。

数日前のセミナールーム。
柔らかくて力強い太陽の光が差し込んでいました。
2015年6月7日セミナールームの夕日
セッションもセミナーもこのお部屋で行います。
ぜひお越しくださいね。
HANAnファミリーのワンコ達も
もれなく大歓迎します(^^)


                  

HANAn ~動物対話(アニマルコミュニケーション)&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます。

営業時間内でもセッション等で電話に出られないこともあります
陰と陽と多頭飼い
2014年05月19日 (月) | 編集 |
今日の夜ご飯のデザート。
フィリピンパパイヤと国産レモン。
フィリピンパパイヤと国産レモン
残りの半分は明日の朝ごはんに♪

縦に切ったのは
陰陽のバランスを考えてみてのこと。
マクロビオティック師範のお友達に教えてもらいました。
http://hananz.blog77.fc2.com/blog-entry-1662.html

これ、左脳な私が考え出すと、
とっても面白くてハマるんです。

で、
陰陽って食べ物だけでなく
長年この仕事を通して
多頭飼育のペットたちを見ていると(特に2匹の場合)、
動物や人間(兄弟関係)にも当てはまるみたい☆


こんばんは。
いつもお読みいただいてありがとうございます。
動物対話士の伊東はなんです♪

このごろがんばってブログの更新続けてます。
そうすると、いろんな人がほめてくれるのです。
それがとってもうれしい♪
単純だけどね、やっぱりほめられるとうれしいものです。

で、今日は陰陽の話。

物事にはすべてにおいて陰陽があります。
明るいところと暗いところ。
朝と夜。
夏と冬。
男性と女性。
白と黒。
熱と冷。
…。

真逆の性質を持ったペアが
「陽と陰」という言葉で表されます。

「食べ物はひとつで陰と陽をなしている」
と冒頭に書きました。

太陽と地面は陽と陰の関係だそうです。
そして物事はすべて陰陽の関係で成り立っていると考えられます。
たとえば一本のにんじんを陰陽で見てみると、

太陽(陽)←→太陽に一番近いところ(先端)(陰)
になり、
根または根に近いところ(陽)←→地面(陰)
になる、と。
そうすると、野菜一本ですでに
陽と陰が成立していることになる…。

深い。
深すぎます。

でもおもしろい
こういうの大好き♪

もし、あなたが多頭飼いをしていたら、
(もしくは過去にしていたら)
もしくは、兄弟がいたら、
その関係性を見てみてください。

ほとんどの場合、陰陽で区別できます。
陰陽と言いにくかったら動と静でもOK。

たいていのケースは上の子が陰なことが多いみたい。
おとなしくて物分りがいいのが上の子に多いパターン。
その分、下の子はやんちゃで、見て見てオーラ満載!(笑)
上の子を押しのけてまでアピールしたがります。

でも、こんなときは無理に上の子を優先しなくていいんですよ。
むしろ、下の子を優先してあげたあとで、
上の子に対して「譲ってあげてえらいね」って
ほめてあげてください。
そのほうがうまくいく。

しつけ本のほとんどの場合、
「先住さんを優先しましょう」と書いてあるので
飼い主さんはその通りにしなきゃと思って躍起になりますが、
それは人もペットもかなりがんばらないとうまくいかない。

でも、下の子が先に来たなら
それを優先してあげて、
あとで上の子をほめたほうが
お互い楽だし、いいい結果を残しやすいのは
こっちだったりします。
しかるよりほめる方がお互い気分いいしね。

これを実践するときは、必ず上の子に対して
譲ってあげたことをしっかりほめてあげてください。
それを忘れなければOKです。

陰と陽を活かすってそういうことだと思います(^^)

今から10年半前の写真。
2014年末。凛・はな・志乃
極陽の凛。陰のはな。陰の志乃。
一目瞭然だね(笑)

なーんて、
こんな面白い話も聞けちゃうかもしれない
マクロビオティック師範の作るスイーツつきお話し会は
5月26日(月)11時から。
来週の月曜日です。
定員まであと2名!
ぜひお友達と一緒にお越しください(^^)/
詳しくはこちら。
http://hananz.blog77.fc2.com/blog-entry-1662.html
別口でも募集をかけているので、
早くしないと締め切られてしまうかも。
お申し込みはお早目がオススメです。


                  

いよいよスタート!
獣医師の宿南先生と行う月替わり講座、
「犬と人のライフケアアカデミー」


次回の私の出番は6月14日(土)10時からです。
詳しくは上のリンクをクリックしてくださいね。
次回のテーマは
「怯え、ケンカ、犬見知り…。
 本来の社交的なワンの育成法」です。
お申し込みはお早めにどうぞ♪

                  

HANAn ~アニマルコミュニケーション&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:第12-4-6号<訓練>
東京都世田谷区北烏山1-59
TEL・FAX:03-3307-9357

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、
安心してセッションを受けていただけます。

ご予約がなければ18時でクローズします。
営業時間内でもセッション等で電話に出られないこともあります
ネコもおうちお風呂できます
2014年04月03日 (木) | 編集 |
本当は志乃をお風呂に入れようと思っていたのだけど、
もよちゃんが浴室から出ないので
じゃー一緒に洗っちゃおう♪ということに。
1ワン+1ニャンのお洗濯となりました(^^)

志乃はショードッグ時代の名残がいまだにあって
お風呂のときはステイ姿のままブルブルもせず
じっとできる優秀な子なので、
あっという間に終わっちゃうのですが、

もよちゃんも、志乃に負けず劣らずシャンプーが上手♪

イヤー!!と叫ぶこともなく、
爪を立てて逃げ出そうとすることもなく、
おとなしく洗われてくれます。

これはひとえに、
アニマルコミュニケーションのおかげと思っています(^^)

この子たちが今何を思っているか。
どうしたら気持ちよく洗わせてくれるか。
どうしたらシャンプーはいいもんだと思ってくれるか。

などなどを思いながらシャンプーしたり
シャワーしたりするわけです。

このテクニック、決して難しいことはありません。
トリマーさんはじめ、動物病院に従事されている方々には
ぜひ身につけてほしいなぁとおもいます。

もよちゃんは、シャンプーされてると
ゴロゴロ喉を鳴らします(^^)

本来お風呂に入ることって嫌なものではなく、
私たちがそうであるように、
気持ちのいいものだと思うんです。
なのにペットたちがお風呂嫌いになってしまったとするなら
私たちの工夫ひとつでどうにでもなることだと思います。

そんな話もここでできるかな?
獣医師の宿南先生と行う月替わり講座、
「人と犬とのライフケアアカデミー」


次回は私の担当で、4月19日10時からです。
詳しくは上のリンクをクリックしてくださいね。
お席はあと2~3席で定員だそうです。
お申し込みはお早めにどうぞ♪


                  

HANAn ~アニマルコミュニケーション&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:第12-4-6号<訓練>
東京都世田谷区北烏山1-59
TEL・FAX:03-3307-9357←2013.12.27に新しくなりました

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、
安心してセッションを受けていただけます。

ご予約がなければ18時でクローズします。
営業時間内でもセッション等で電話に出られないこともあります。
見守る。
2014年01月05日 (日) | 編集 |
最近のもよちゃんのブームはこれ。

見守る
ふと気がつくと
テーブルに乗って、こうしてお外を見ています。

けど、あえて「何してるのー?」とは聞きません。
だってもよちゃんもこの春で3歳。
人間年齢に換算したら二十代後半といったところ。
そんな大人になってまで、親に
「なにやってんのー?」なんて聞かれたら
うっとおしいでしょ?(笑)

猫だってひとつの個性。ひとつの魂。
一人の時間も必要だから、そっとしておきます。

柏にいた頃は、お天気がよければお外に出てたもよちゃん。
今はちゃんと言うことを聞いて、おうちの中にいてくれてます。

えらいね。
ありがとうね。
助かるよ。
イイコだね。

って、うんとうんとほめてあげます(^^)
持ちつ持たれつ、です。

もよちゃんがなにか言いたい事があるときは
「にゃーん」って鳴いて話しかけてきます。
そしたらいろいろおしゃべりします(^^)

言いたいことは言う。
そうでないときは一人にしておく。
人もペットも同じだと思うのですよね。


---------------

【!!残席わずか!!】
今期は生徒さんが多いので、
無料モニターはまだまだ絶賛募集中ー。お気軽にどうぞ。
サロンにペットさんを連れてこられる方を最優先に
予定を組んでます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
無料セッションモニター募集!
アニマルコミュニケーター養成講座第3期生の後期が始まり、いよいよ実習に入りました。
受講生の大切な経験値として、みなさまにお力をお借りしたく!
無料にてアニマルコミュニケーションの対面セッションをさせてください。
詳しくは2013年10月19日の記事をご覧ください。
セッション日時は先着順にて決まります。
お早目のお申し込みを!!

                  

HANAn ~アニマルコミュニケーション&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:第12-4-6号<訓練>
東京都世田谷区北烏山1-59
TEL・FAX:03-3307-9357←2013.12.27に新しくなりました

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」として商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、
安心してセッションを受けていただけます。

ご予約がなければ18時でクローズします。
営業時間内でもセッション等で電話に出られないこともあります。
プロフェッショナル同士の連携
2013年11月26日 (火) | 編集 |
今日のタイトルは友達が私に言ってくれた言葉です。
嬉しかったなぁ。
涙が出そうになったよ。

このお話し、友達が
「名前も出していいよー」と言ってくれたので、
ご好意に甘えて、できるだけ詳しく
お伝えしてみようと思います。

動物対話士とアニマルホメオパスの獣医さんとの連携が
ピッタリはまってうまくいったお話しです。

昨晩、友達のネコさん(エリちゃん)の様子が
おかしいということで緊急セッションの依頼がありました。
ちょっと前から呼吸が変だなとは思っていたけど、
同居猫の風邪が移ったんだろう…くらいに
思っていたらしいのです。
でもよく見たら、下あごがはれていて
下の牙が片方なくなっていて、
ずっと口が半開きで、喉から変な音が聞こえるらしい…。

あまりにいつもと違うところが多いので
・なにがあったのか
・今どういう状態なのか
・どうしてあげたらいいか
を聞きたいとのこと。
これまで大きな病気や怪我もなく元気な子だったから、
あまりにも生気のない状態がたまらなく心配だって…。
そのお気持ち、痛いほど伝わってきました。

遠地にいる古くからの友人で
私のセッションスタイルもわかってくれているので
メールに写真をつけてくれました。

写真から伝わってくるエリちゃんは
確かにかなり辛そう。
私は獣医ではないので、
伝わってくる「肉体的感覚」をお伝えするのみ。
その中で伝えられることをかき集めてお話ししました。

エリちゃんから届いてきたのは
人間で言うところの重症すぎる風邪、みたいな感じでした。
鼻と眼の奥がむずむずして、
くしゃみがしたいのに出ない、あの感覚(>_<)
人も熱があって鼻が詰まると目も頭もぼんやりして
足元もおぼつかなくなるけど、彼女もまさにな感じ。
喉の具合がおかしく見えるのは、
鼻が詰まると痰も出る時と似た感じでした。
そんなぼんやりな状態で階段みたいなところから
転げたかもしれない…とお伝えしました。

そして、病院は好きじゃないかもしれないけど、
とにかく診察してもらってね。
ホントに風邪だったら
ちゃんとお薬飲んだほうが早く治るもんね。

…というようなことをお伝えました。

ちょうど、午後にアニマルホメオパスの獣医さんが
往診に来てくださるとのことだったので、
それに間に合ったようです。

友達は私からの話を獣医さんにしてくださいました。
獣医さんのお見立ても重症の風邪。
肺炎になってなきゃいいんだけど…ということで、
少し様子見になりました。

前の晩は寝苦しい夜を過ごしたエリちゃんでしたが、
獣医さんからのお薬で普通に寝ているそうです。
友達も「昼間と全然違うわ!」って喜んでくれました。

ホメオパシーというのは
「痛い」という情報ひとつとっても
ジンジン痛いのか、しくしく痛いのか、
ガンガン痛いのか…という状態や、
痛いとどうなるのか(怒る・固まる・鳴く等)によって
処方が変わってくるそうです。

なので、アニマルコミュニケーションによって
「風邪っぽい症状でぼんやりした感じ」というのは
大きな助けになったみたい。

友達がホメオパスさんからの伝言を届けてくれました。
「見解が一緒ですごい!!と思いました。
こういう連携、とても役に立ちます♪」
とのこと。
嬉しかったなー。

実は今まで、獣医さん以外でも
自分の仕事を人に言わない事がほとんどでした。
必要な人に知ってもらえればいいと思っていたから。
まだまだ偏見が強いこともあるしね。
でも、今回のホメオパス獣医さんのおかげで
もっとはっきり主張してもいいんだなって思いました。
知る人ぞ知る、ではもったいないなぁって
今日改めて思いました。
そのためにもたくさんの方の力を借りて
もっともっと広めていきたいと思いました。

HANAnに、そして
アニマルコミュニケーション業界に
皆さんの力を貸してください。
HANAnのセッションを受けて
「これってステキ♪」と思われた方、
ぜひぜひお友達にお話ししてあげてください。
ぜひぜひブログに書いてください。

アニマルコミュニケーションが
早く一般的なものとして受け入れられますように。
そう願って止みません。


---------------

今期は生徒さんが多いので、
無料モニターはまだまだ絶賛募集中ー。お気軽にどうぞ。
サロンにペットさんを連れてこられる方を最優先に
予定を組んでます。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
無料セッションモニター募集!
アニマルコミュニケーター養成講座第3期生の後期が始まり、いよいよ実習に入りました。
受講生の大切な経験値として、みなさまにお力をお借りしたく!
無料にてアニマルコミュニケーションの対面セッションをさせてください。
詳しくは2013年10月19日の記事をご覧ください。
セッション日時は先着順にて決まります。
お早目のお申し込みを!!

                  

HANAn ~アニマルコミュニケーション&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:第12-4-6号<訓練>
東京都世田谷区北烏山1-59 TEL・FAX:03-3307-8551

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして
ペットと飼い主さんの架け橋となるべく活動中。
ペット入室可能なサロンにて、
安心してセッションを受けていただけます。

ご予約がなければ18時でクローズします。
営業時間内でもセッション等で電話に出られないこともあります。
アニマルコミュニケーション無料モニター募集のお知らせ
2013年10月19日 (土) | 編集 |
【本募集は終了しております。ご協力ありがとうございました】
【今日のペットと仲良くなるためのしつもん】
-------------------------

話し合ってる?

-------------------------

10月も下旬に差し掛かりました。
柏の引き払いが終わったとはいえ、
引越しが終わったとはいえない状態だなぁと
気づいた今日この頃の私…(^^;
なんとなく気が落ち着かない。
きっと、イメージしているお部屋に、
まだたどり着いていないからなんだろうなぁと思います。
夢はでっかく…って、
もしかしたら大きすぎるのでしょうか?
お部屋は小さいのに(笑)
しかしそんなこととは関係なく、
講座やセッションは日々おこなわれています。
ありがたい(*^-^*)

今日、アニマルコミュニケーター養成講座3期生の
後期2回目が全クラス終わりました。
皆さん必死な様子。
一生懸命になれるときに一生懸命やらないとね!
がんばれがんばれ。
一緒に前進しようね。

ということで、
次回の講座からは、本格的な対面セッションの練習に入ります。
まるっきり第三者のペットさんと飼い主さんをお招きして、
本番さながらのセッションをしてもらいます。

この時のクライアントさん役を幅広く募集したいので、
ぜひみなさまのお力を貸してください(^^)

お申し込みはこちらまで。
http://form1.fc2.com/form/?id=877776

セッションには必ず水土はなんが同席します。
途中で何かあったときには、しっかりサポートに入りますので、
ご安心して受けてください。

本モニターのご応募資格は以下の通りです。

・同居しているご自分のペットさんであること
(ご実家のペットさんのセッションは、
 同居のご家族様とご一緒のご来訪でしたらOKです)

・生きているペットさんとの対面セッションになります。
 お空に帰ったペットさんの場合は事前にご相談ください。
(あくまでも実習生の練習セッションです。ご理解のほどお願いいたします)

・ペットさんを世田谷サロンまで連れてこられる方
(駐車場はサロンから徒歩1分のところにコインパーキングがあります)

・サロンには小型犬と猫がいます。それでも大丈夫なペットさん。
(他犬や猫NGの場合はお申し込み前にご相談ください)

お申し込みはこちらまで。
http://form1.fc2.com/form/?id=877776


どんなお話しが繰り広げられるでしょうか。
私も今から楽しみでドキドキです。

ご協力よろしくお願いします!


【今日のペットと仲良くなるためのしつもん】
-------------------------

話し合ってる?

-------------------------

養成講座のセッションモデルとして、
はな&もよちゃんに協力してもらいました。
今日もたくさんお話ししたねー(^^)


                  

HANAn ~アニマルコミュニケーション&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:第12-4-6号<訓練>
東京都世田谷区北烏山1-59 TEL・FAX:03-3307-8551

ペットの種類、生死、状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして
ペットと飼い主さんの架け橋となるべく活動中。
ペット入室可能なサロンにて、
安心してセッションを受けていただけます。

ご予約がなければ18時でクローズします。
営業時間内でもセッション等で電話に出られないこともあります。
養成講座第4期生募集にあたり、思うこと
2013年07月26日 (金) | 編集 |
先日大急ぎで告知をした、
アニマルコミュニケーター養成講座
第4期生(前期)募集のお知らせ。

私がこの講座を開講しようと思った理由は
ホームページに書いてありますのでそちらをご覧ください。
http://hanan.jp/yosei.html

今日はこの講座について思うことを、
サイトには書かれていないことを、
もう少し詳しく書いてみようと思います。


私がアニマルコミュニケーションをお志事にしたときは
まだまだこの世界を知らない人がほとんどで、
(今だってまだまだ知名度は低いと思っているけど)
どんどんたくさんの人に知ってもらおう!って思っていました。
これが2006年から2007年にかけてのこと。
当時はその思いを胸に、ペットとの心の交流のために、
ただひたすらに、がむしゃらに走り続けてました。
「いつかこれ(アニマルコミュニケーション)が普通になる日が来る」
と信じて…。

それから丸7年目。
一体何が変わったんだろう…。
TVで同業者の方がステキなシーンを見せてくれている。
本屋さんには動物と話すための本や体験記が置かれている。
でも、人の心は「動物は話せない。声なき生き物」のまま。
TVや本で繰り広げられている話はファンタジーな世界のまま…。

そんな現実を目にするたびに、私の心は
「違うんだよ!本当はそんなんじゃないんだよ!」って、
悲鳴に近い叫びをあげていました。

そして、勉強会のメニューを変えました。
これは本当に変えてよかった。
「ペットが幸せになるためには飼い主さんが幸せにならなくては!」
という、当初からのモットーが私が今知りうる限りにおいて
一番ベストな形に収まったから。
(でもきっと、これからもゆっくりと形を変えていくとは思うけど)

受講生の皆さんの反応も総じて安定したものになってきています。
特に初級クラスはいい。
自画自賛だけど、ペットとの意思疎通は
ここから始まることが本当に大事だと、
講座のたびに思います。

そうして草の根的に飼い主さんの意識や視点を
新しい方向に向けるお手伝いをしてきましたが、
まだまだ何かが足りない。

これを広げる人が足りない。
そう思いました。

アニマルコミュニケーションって
ちっとも難しいものじゃないということを、
体験させてあげられる人が少ない、と。
テレパシーだけじゃない。
もっともっと現実的なところから発せられる
ペットたちの声や思いを、わかる形で伝えられる人を
増やす必要がある。
そう思ったんです。

3.11の震災前から始まった第1期生。
本当に本当に、
みんな真摯に私の思いを受け取ってくれました。
とっても熱心に通ってくださり、
とっても熱心に学んでくれました。
自分の立ち位置、役割、等々を見据えながら
それぞれの持ち場で活躍なさっています。

3.11をはさんで行われた2期生の講座。
すでにお仕事としてアニマルコミュニケーションを
取り入れている方もいらしたクラスでしたが、
このクラスもみんな一生懸命だったよね。
柔らかなエネルギーの受講生さんたちでした。

そして、悩みに悩んで開講に踏み切った3期。
私の思いにストレートに答えてくれるような
ハツラツとしたエネルギーのみんなが集まりました。
今、とっても楽しいよね。
来るべき後期に向け、ケンケンガクガクです(笑)

どの期も心に残る生徒さんたちばかり。
思い出すと懐かしくて涙が出そうになるくらい。
まだ前期を終えたばかりの3期生でさえも。

毎回毎回、そのくらい本気です。
心込めて持ってる知識を全部明け渡してます。
最善最高のフォロー体制を作るべく、
受講生の皆さんにはいつでも私に直接連絡できる
ホットラインをお知らせしてます。

アニマルコミュニケーションって毎回真剣勝負。
ペットの言葉を伝えるだけでなく、
飼い主さんにも本気でぶつかっていかないと
いけないこともあるんです。
コミュニケーターの器が試される場でもあります。
私もこの世にいるという事実を見ても、
まだまだ成長途中の人間ですから偉そうなことは言えません。
皆さんと一緒に成長させていただきたい。
ただ、その世界に一足早く飛び込んだ身として
持っているものを全身全霊で伝えていきたいのです。

って、暑苦しいねー、私の思い(笑)
でも、ことアニマルコミュニケーションの話になると
つい・・・ね。
それだけ大事な家族なんです、ペットって。

ペットの思いを伝えることで、
そのご家族を幸せに導くお手伝いをしたい方、
ぜひぜひご応募お待ちしてます。
受講にあたってのご質問やお問合せはお気軽にどうぞ。

http://hanan.jp/yosei.html

お申し込み締め切りまであと20日ほど。
どんな方が受講にお見えになるのか、私も楽しみです。
本当の思い。本当の言葉。
2013年05月15日 (水) | 編集 |
【今日のペットと仲良くなるためのしつもん】

-------------------------

その言葉は本当ですか?

-------------------------

HANAnのセッションは
人寄りでもなくペットよりでもなく、
基本的に中立な立場をとります。
しかし時にはペットの味方になったり
人の味方になったりします。

そして、行方不明ペットさんについては
セッションを承りますが、
いくつかの条件があります。
古い記事ですが内容に変更はありません。
さらに、水土はなん自身もその子の姿を
確認しているわけではないので、
「あくまでもアニマルコミュニケーションによる情報」
ということをご理解いただけることが
セッションをお引き受けする条件となっています。

そんな中、先日一件の行方不明ペットさんの
セッション依頼がありました。
いつもと同じように上記内容をお伝えし、
ご了解いただいた上でお申し込みをいただいたのですが…。

お話しを聞いているうちに
どんどん雲行きが怪しくなってきました。
該当ペットさんはどこかに保護されている様子だったのですが、
保護した方の人物特定に質問が移られたのです。
ペットさんがそこから逃げ出したいと言っているのならともかく、
そこを確認する前の人物特定は早すぎます。

そのため「ペットさんを取り返しに行くおつもりですか?」と
お聞きしました。
すると「あの子の気持ち次第です」とおっしゃいましたが、
ペットさんの心については質問なさらずに
更なる人物特定の質問が続いたため、
「それをお聞きになってどうするのですか?取り返しに行くのですか?」
と再びお聞きしました。

そうしたところ、
「それはあなたの思いでしょう?
あなたは私の聞いたことに答えてればいいんじゃないですか?」
とおっしゃいました。

いいえ、HANAnはお客様の言いなりに動く
コミュニケーターではありません。
HANAnの理念にそって活動するのみです。

結局その方は途中でお話しを切り上げられ、
ちょっと残念なセッションになってしまいました…。
このお仕事を始めて早6年半。
怒って時間途中で切り上げられたのは
初めてのことでした。

HANAnでは、ご質問に答えたことによって
トラブルが起こることが予想される場合には
お答えを拒否します。
HANAnのアニマルコミュニケーション理念は、
あくまでも
「人とペットが幸せになるためののツールとして
アニマルコミュニケーションを使う」です。

今回のケースについて、
なぜ途中でお話しが切り上げられたのか…?
を考えてみると、
「クライアントさんが幸せじゃないぞ」
という答えが出てきますが、
もし…、もし、ですよ。
クライアントさんのリクエストを聞いて
人物特定ができたとして、
本当にそこにペットさんが保護されていた場合
どうなるかというと、
「渡せ」「渡さない」という
押し問答が想定されます。

これはお医者さんが最悪の状況を想定して
患者さんに病状を伝える心理とよく似ています。
一番リスクの高い状況を考慮しないと
のちのちの影響が大きくなるためです。
そしてHANAnの場合は、
そこに仕事柄の第六感も加味されます。

まだまだ勉強不足です。
セッションを切り上げられたクライアントさんには
不快な思いをさせてしまって申し訳なく思います。
でも、だからと言って、
やっぱりペットさんの声を聞いていない時点での
人物特定はできません。
すみません。

取り返しに行きたいならそのように、
ペットの気持ちを聞きたいのならそのように、
思っていることと言葉とを一致させることは
とても大切なことだと思うのです。
そこから真実のコミュニケーションが
生まれてくると思うから。

特に、大切な相手には
心からの声を素直に届けたいなぁと思います。


【今日のペットと仲良くなるためのしつもん】

-------------------------

その言葉は本当ですか?

-------------------------

ペットたちは建前の言葉は見抜きます。
もちろん私も見抜きます(笑)
心からの声を発して、
心の底から通い合いたいよね。


今日の夜から数日間、
再びお勉強のためサロンを不在にします。
HANAnの活動理念でもある、
「ペットが幸せに生きるには
 人が幸せでなければならない」を
伝え続けていくために必要な学びだと感じています。
その間、メールや電話での対応ができなくなりますが、
どうかご容赦ください。
(モバイルPCは持って行く予定ですが、
 開く時間があるかどうか…なので
 ご迷惑をかけてしまうかもしれません。
 申し訳ございませんが、
 あらかじめのご理解をお願いします)



                     

HANAn H&Aヒーリングセンター
~アニマルコミュニケーション&各種ヒーリング~
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:第12-4-6号<訓練>
千葉県柏市根戸406-4-101 TEL・FAX:04-7132-8719

ペットの種類、生死等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして
ペットと飼い主さんの架け橋となるべく活動中。
ペット入室可能なサロンにて、
安心してセッションを受けていただけます。

ご予約がなければ18時でクローズします。
営業時間内でもセッション等で電話に出られないこともあります。
ペットと話すということ。
2013年02月07日 (木) | 編集 |
【今日のペットと仲良くなるためのしつもん】
-------------------------

その思いは真実ですか?

-------------------------

先日、kazufotoの橋本さんに
プロフィール写真の撮影をしていただいたのは
お伝えしたとおり。

その後、橋本さんから電話があって、
「ぼーず君と切り株のところで撮った写真を
ボクの連載記事に使いたいのだけどいいですか?」
というお話しをいただきました。
水土はなんという名前も、
動物対話士というキーワードも出せないし、
写真も4cmくらいの小さなものなんだけど…と。

もちろん二つ返事でOKしました。
私とぼーずの姿がプロのおめがねにかなったのなら
それはとても嬉しいことです。

先日、橋本さんに撮影していただいた写真を
フェイスブックにアップしたら
ご本人から直々にこんなコメントをいただきました。

「飼い主の水土さんと作り出される空気が
もう家族というか親子みたいで、
僕はそれを遠いところから感じさせていただきました。」

橋本さん、ありがとう。

橋本さんが感じてくださったそれこそが 、
ぼーずたちがこの世に産まれ落ちたその瞬間から
私と共に暮らしてきた歴史。
人とか犬とかを超えて成り立つ「家族」の証であり、
HANAnとかかわりを持ちたい方に伝えたかった姿です。

これなんです。
私がいつも伝えたいことって。

ペットも「家族」として暮らすステキさを
知ってほしいと思いながら、
彼らの言葉をお伝えしてきました。

ちなみにコメントを頂いた写真はこれ。
私のfacebookのカバー写真にもなっています。
野川のほとりにて。
(ぜひクリックしてください。
 拡大されるとそのよさがもっとわかります^^)

ちょんちょりんチェックのためにお顔を見せてくれている芽依と
ママのそばで遠くを見るぼーず。
芽依の「どう?」って言葉や、
ぼーずの私に対する愛情や信頼が伝わってくるでしょ(^^)
とってもあったかで、ついニコニコしちゃう。

本来こういう写真は、飼い主が動物対話士じゃなくても
同じように撮れると思うのです。
コミュニケーションさえちゃんと取れていれば…。

みなさんにこんなシーンを多く作り出してほしくて、
セッションや勉強会を行っています。
アニマルコミュニケーションって
本当にステキな世界だから、
たくさんの人に知っていただきたい。
そういう意味でも
今回の撮影はとってもいい機会となりました。


この写真を見て

「私もうちの子とこんなふうになりたい」 って
たくさんの方にそう思ってもらえれば、
はるばる都内まで撮影しに行った甲斐が
あるってもんです(^^)

橋本さんにどんな画像を使ってくれたのか
改めてお聞きしたら、これだそうです♪
ぼーずとちゅー@野川公園
(ぜひクリックしてください。
 拡大されるとそのよさがもっとわかります^^)

こんな写真がほしいわーと思った方、
ぜひkazufotoさんに連絡してみてください。
その際「HANAnのブログ記事を見ました」と言っていただくと
どういう写真を撮りたいか、話が早いと思います。

私はこれらの画像を元に、
ホームページのリニューアルをがんばってるところ。
いつ完成するかな…?(汗)


【今日のペットと仲良くなるためのしつもん】
-------------------------

その思いは真実ですか?

-------------------------

心の声に反しない選択をしていきたいね。
写真は真実を写すと書きますから。

                     

2月からアニマルコミュニケーション勉強会は3回で1クールとなります。
そして3回1クールの勉強会を神奈川県茅ヶ崎市で開催します。
3日連続で心と体にアニマルコミュニケーションスキルを
がっつりと叩き込みましょう

お申し込み他、詳しくはこちらをご参照ください。

たくさんのお申し込みをいただきましたので、
もうすぐ締め切ります☆
ご希望の方はお早めに!

                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/


                     
意思の疎通、とは
2013年01月23日 (水) | 編集 |
【今日のペットと仲良くなるためのしつもん】
-------------------------

意思の疎通、できてますか?

-------------------------

こういうことをババーンと出しちゃうと
プレッシャーになる?(笑)

うちの子とそれができてれば苦労しないよ!!
…って?(^^;

昨日の記事の続きになるけれど、
ウィキペディアのコミュニケーション
いい文章がありましたのでご紹介しますね。
私がここで言いたいのは概要の部分です。

----------------------
「コミュニケーション」という語は多種多様な用いられ方をしている。
辞典類ではまず、人間の間で行われる知覚・感情・思考の伝達、などといった簡素な定義文が掲載されている。
ただし、上記のような定義文では不十分で、一般に「コミュニケーション」というのは、情報の伝達だけが起きればが充分に成立したとは見なされておらず、人間と人間の間で、《意志の疎通》が行われたり、《心や気持ちの通い合い》が行われたり、《互いに理解し合う》ことが起きて、はじめてコミュニケーションが成立した、とされている、といった説明を補っているものもある。<引用元:ウィキペディア「コミュニケーション」>
----------------------



共通言語を持った人間同士だって
100%分かり合うことは難しいです。
だったら共通言語のない人とペットが
100%分かり合うのは至難の業ですね。

でも、彼らは一度で通じないからと言って
怒ることはめったにありません。
根気強く聞いてくれるし
何度も繰り返し伝えてくれます。

だったらそれに甘えて
徹底的に分かり合えるまで話し合いましょうよ、ね。
分からないまま宙ぶらりんにしておくより
とことんまで話して分かり合ったほうが
ずっとスッキリします。

どうしたら彼らの意思表示をしっかり捉えられるかは
勉強会でがっつりお伝えしています。
HANAnの勉強会では、その最中に
「早く家に帰ってうちの子に会いたいです」と
おっしゃる方が多数出るのはそのため。

茅ヶ崎での勉強会はまだお席が残っています。
一緒に暮らしているご存命の子であれば
初級と中級を受けていただき
お伝えしたことを実践していただければ
アニマルコミュニケーター並みの
意思の疎通は十分可能です。
(亡くなった子・遠地にいる子は
 テレパシーの練習が必要ですので
 上級のレッスンが必要になります)

アニマルコミュニケーションって
みんなが思っているほど難しい技術ではないのです。
ただ、それぞれの思い込みが
「アニマルコミュニケーションは難しい」と
作り上げているだけなのです。
HANAnはその思い込みでできた
大きくて重い蓋を外すために
全力でみなさまと向き合いながら、
大切なことをお伝えしていくのがお仕事です。


【今日のペットと仲良くなるためのしつもん】
-------------------------

意思の疎通、できてますか?

-------------------------

2月の茅ヶ崎3days勉強会でお会いしましょう!


                     

2月からアニマルコミュニケーション勉強会は3回で1クールとなります。
2回でさくっと終えることができるのは今月が最後!
入門編:1月9日または12日、フォローアップ26日または30日。
養成講座の受講には勉強会のすべてのクラスを学び終えていることが必須です。
気になっている方はお早めにお申し込みください。

そして、3回1クールの勉強会、
栄えある第一回目は神奈川県茅ヶ崎市開催します。

3日連続で心と体にアニマルコミュニケーションスキルを
がっつりと叩き込みましょう

お申し込み他、詳しくはこちらをご参照ください。

                     

お待たせしました!
アニマルコミュニケーター養成講座の3期生を募集します。
これからの時代に必要とされるアニマルコミュニケーターを育てるために、
HANAnが心血を注いで作り上げたプログラムでお伝えします。
今回は新たに魔法の質問の要素も取り入れ、
アニマルコミュニケーターとして即戦力になるだけでなく、
人としての生き方を見直すこともできる、
受講生にとって最適なメニューとなりました。
お申し込み他、詳しくはこちらをご参照ください。

                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/
ちゃんと見てますか?again(笑)
2013年01月22日 (火) | 編集 |
【今日のペットと仲良くなるためのしつもん】
-------------------------

ちゃんと見てますか?

-------------------------

今日はなぜか電話セッションばっかりの日でした(^^)
しかも、ちゃんとペットさんのことが
分かっている方ばっかりでした。

そういう日はとっても気分がいいです。
ペットさんたちに「よかったねー」って
笑顔でいえるから。

でも、私から見てちゃんと通じてるのに
当の本人(飼い主さん)はそうじゃないとおっしゃる。
なぜかしら…?って思ってお話しを聞いていると、
どうにもTVやブログ記事が悪影響を及ぼしてる感じ。
だから
「私はあの子のことがちゃんと分かってるかしら…?」
ってドキドキしながらお話しに臨まれるのね。

そして、
神秘的な話をすらすらしてくれると思っていたり、
自分の知らないことをドドーンと提示してくれたり、
そんな夢と期待を持ってセッションに臨まれるので
期待はずれというか、なんというか…(^^;

だからこそ、私はいつも声を大にして言うのです。
「見るべきものはデータではなく目の前の子だよ」って。

一緒に住んでいれば考え方が似てくるのは当然。
家族が何を考えているのかわかって当然。
日本語だって覚えて当然。

だから、
新しい驚きばかりっていうセッションのほうが
よっぽど不自然だって事に気付いてほしい。
「どんだけ目の前の子を見てないのよ!」って思うもの。

前世のつながりもステキ。
そんなストーリーがあったら
もっともっとうちの子を愛せるかもしれない。
でも、今は前世じゃないの。
今をしっかり生きないと、
今世で出会った意味がなくなっちゃうよ。

普通でいいんだよ。
目の前で起きている、その事象こそが真実です。
見えない世界も大切だけど、
見える世界も大切だよ。

もっと自信を持っていいんだよ(^^)

この間も同じテーマで記事を書いたけど、
何度も書きたくなるくらい大事なことなんだ。


【今日のペットと仲良くなるためのしつもん】
-------------------------

ちゃんと見てますか?

-------------------------

萌のしこりは大きくなってはしぼみ…を繰り返しています。
膿を搾り取るのは体が震えます。
とっても痛いんだね。
でも声ひとつ上げず逃げ出さず
じっと耐えてがんばってます。
だから、ちょっとでも痛くない方法で
上手に膿を出してあげたいなって思います。

これが、目の前の子を見る、ということ。


                     

2月からアニマルコミュニケーション勉強会は3回で1クールとなります。
2回でさくっと終えることができるのは今月が最後!
入門編:1月9日または12日、フォローアップ26日または30日。
養成講座の受講には勉強会のすべてのクラスを学び終えていることが必須です。
気になっている方はお早めにお申し込みください。

そして、3回1クールの勉強会、
栄えある第一回目は神奈川県茅ヶ崎市開催します。

3日連続で心と体にアニマルコミュニケーションスキルを
がっつりと叩き込みましょう

お申し込み他、詳しくはこちらをご参照ください。

                     

お待たせしました!
アニマルコミュニケーター養成講座の3期生を募集します。
これからの時代に必要とされるアニマルコミュニケーターを育てるために、
HANAnが心血を注いで作り上げたプログラムでお伝えします。
今回は新たに魔法の質問の要素も取り入れ、
アニマルコミュニケーターとして即戦力になるだけでなく、
人としての生き方を見直すこともできる、
受講生にとって最適なメニューとなりました。
お申し込み他、詳しくはこちらをご参照ください。

                     

HANAnの活動をより広く知ってもらうために
ブログランキングに参加してます。
アニマルコミュニケーションやヒーリングはステキ!
と思われた方は、この文字列をポチッとお願いします♪


blogramランキングにも参加中!
こちらもよろしくお願いします(^0^)/