FC2ブログ
ペットも大切な家族の一員。そう思ってくれるステキなあなたに、一般社団法人動物対話協会代表理事がお役に立つ情報をお届けしています。
ごあいさつ
2037年01月01日 (木) | 編集 |
動物対話士伊東はなんのブログへようこそ!

このブログは、動物対話という技術を通じて
ペットと呼ばれる大切な動物の家族と
飼い主と呼ばれる人間の家族が
ともに幸せになってもらいたくて作りました。

そしてこのブログタイトルは、
このブログを通じて「私が皆さんにご提供できること」です。

人間社会に生きている動物たちですが、
彼らは人間社会のルールを知りません。
私たちが教えてあげる必要があります。
また一方で、
人間社会のルールを知らない彼らだからこそ、
私たちが忘れてしまった大切なことを
忘れずに大切に持ち続けているため、
私たちが教えてもらうこともたくさんあります。
持ちつ持たれつの人と動物たちです。

だから、
ペットだけが幸せになっても意味がありません。
人だけが幸せになっても意味がありません。
両者ともに幸せになることにこそ意味があります。
動物対話の目指す社会はそこにあります。

人生は、相手を変えようと思ってもうまくいきません。
相手にこうあってほしいと望む姿があったら
まず自分から変えていくことが大切です。

だったら大切なうちの子のために、
まず私たちが幸せになりましょう、です。
あなたが幸せなら、あなたの「うちの子」は
間違いなく幸せだよ、ということを
このブログから感じてくれたら嬉しいです。


2019年初夏
動物対話士 伊東はなん
イベント最新情報!
2037年01月01日 (木) | 編集 |
    

新着ニュース
~最終更新日:2019.11.11~

    

伊東はなんがコンテストに出ます!
11月16日(土)は代々木八幡に集合!
伊東はなんが人生初(!)の
「コンテスト」なるものに出場します。
しかも一次予選のみならず二次予選まで通過して、
まさかの本選出場です。
もちろん「動物対話士」として出場します。

会場にお越しの観覧者にも、審査に参加できる「投票権」があります。
ただ観るだけでなく参加して楽しんでいただけますので、
是非、皆様の周囲の方もお誘いください。
当日の概要と観覧申し込みフォームはこちらから

尚 JR東日本よりこちらの案内が出ておりますので
時間に間に合うように各自調整をお願い致します。
11月16日JR線路工事のお知らせ

    

【災害SOS】 被災地にお住まいのペットさんたちに向けて無料電話セッションします

またまた台風です…。
災害慣れというイヤな言葉さえ慣れ始めた私たち…。
このたび前回・今回の台風および過去の震災被害で
仮設住宅にお住まいの方に向けて無料電話セッションを行います
詳しくはブログ記事「【災害SOS電話】ペットさんたちの不安を取り除く方法 その2」をご覧ください。
一日も早く日常が戻ってきますように…。

    

10月から新メニューになります
2019年10月から新メニュー体制にします。
間違いなく皆様にとって朗報。
とても使いやすいメニュー内容となっています。
どうぞご活用ください。

    

動物対話基礎講座は毎月開催!
怪しくない「ペットと話す方法」をお勉強しましょう。
当たり前を当たり前として見逃さないで
ペットと呼ばれる彼らと正面から向き合うと、
誰でも簡単に「うちの子」とお話しができます。

霊感・霊能・スピリチュアル…。
そんなところとはもっとも縁遠い、
普通の人のための動物と話せるようになるスクールです。
物販もありません。
安心してお越しください。
詳しいスケジュールはカレンダーをご覧ください。
http://comm.hanan.jp/schedule.htm

講座の詳しい内容やお申し込みはこちらのページに。
http://hanan.jp/school#kiso01


    
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
私が動物たちとつくりたい世界
2019年11月12日 (火) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

昨日、ブログでは初めて
ちゃんと自分の言葉で
コンテストに出ることを書いたけど、

実は、いざ本選出場が決まったとなった時、
どうしようかって思いました。

何を言ったらいいんだろう…って。

動物対話を広げたいのはもちろんある。
それに対する思いだって強い。
誰にも負けない自信はある。

でも、
それを1分で伝えることができるだろうか。
その先に待っている3分プレゼンで
何が言えるだろうか。
そんなことを考え始めたら
一気に思考がフリーズして…。

何も言えない。
思いつかない。

とにかくて身近にまとめてみようと思ったけど、
それでも1分で話し切ることができない。
それなら3分でどうだ!って思ったけど、
とてもじゃないけど人の心を動かす内容にならない。

困った…。困った…。

いつもなら、心地の良いあきらめの中で
なるようになるさって思いで
ぶつけ本番で降りてくる言葉たちに助けられてきた。
今回もそれでいいじゃんって思ったけど、
それじゃ落ち着かない。
だからって「念入りな準備」は
いつもやってないからどうしたらいいか分からない。

そんな中でも
動画の撮影や養成講座のための出張など、
日常は容赦なくやってきて、
挙句「せっかく関西まで来たんだから」って
200㎞先の岡山まで足を延ばして神社詣でする始末。
そんなことしないで家に戻れば
その分コンテストの準備ができるのにね。
何やってんだ、私…(^^;
私らしいって言えばその通りなんだけど。


動画撮影の合間に、かなと2ショット


で、考えて考えて、
たどり着いた答えは
「動物対話は手段であって目的ではないということ」
「動物対話は目指す世界に必要な手段であるということ」。

殺処分ゼロ。
愛護センターへの持ち込みゼロ。
動物虐待阻止。
人間同士のひどい世界をなくす。
さみしい人を作らない。
愛のある人生が何かを知る。
学びと感謝の中で、
生きててよかったと言える一生を送る。

こんなことが動物対話では可能なんだってことが分かった。
そんな世界を作りたかったんだって、改めて分かった。

困った出来事に対して
その蛇口の元栓を閉めることができるのが
動物対話なんだ。
でもそれって決して容易なことじゃない。
簡単にできてるんだったら
今頃とっくにそういう世界になってる。

だから、
【人と動物の垣根を取り払う
 ペット業界のジャンヌダルク】

これを私のキャッチコピーにしようと決めた。
人と動物の垣根を取り払うということは、
人も動物も同じ目線で見よう!ということ。
人も動物も対等に扱おう!ということ。
動物たちを擬人化して考えよう!ということ。

多くのしつけの先生やトレーナーさんたちが
伝え続けてきたのとは真逆の世界。
これは正に革命です。
ジャンヌダルクが多くの戦士を導いたように
一緒に暮らす動物たちを「家族」という人たちを導きたい。

私の目的はこれだとわかった。
このキャッチコピーこそが私の使命。
だから飽きもせずこの仕事をしているんだ。

それもこれも、
全部うちの子が導いてくれた世界。
クライアントさんとペットさんが連れてきてくれた世界。
今こそ恩返しの時なんだね。
きっと私の魂はそれをわかっているから
しっかり準備したくなってるんだね。



改めてうちの子たちに
「ありがとう」を伝えたくなりました。

ここまで思いが見えてきたら
正直コンテストでの勝敗なんて
どうでもよくなってきてるけど、
でも、せっかく本選まで選ばれた以上は
全力でその瞬間と向き合いたいと思います。

こんな私の思いを聞きに来てください。


<コンテスト詳細>

会場にお越しの観覧者にも
審査に参加できる「投票権」があります。
ただ観るだけでなく
参加して楽しんでいただけますので、
是非、皆様の周囲の方もお誘いください。
当日の概要と観覧申し込みフォームはこちらから

●会場:YCC 代々木八幡コミュニティセンター
●住所:東京都渋谷区代々木5-1-15
 最寄駅:小田急線「代々木八幡駅」6分
   地下鉄千代田線「代々木公園駅」6分
●開催日時:2019年11月16日(土)14時~16時30分(13時30分開場)
※伊東はなんの出番は前から5番目ですので
 14時にはお越しいただいたほうがいいと思います。

●参加費:無料

尚 JR東日本よりこちらの案内が出ておりますので
時間に間に合うように各自調整をお願い致します。
11月16日JR線路工事のお知らせ


クリックすると拡大できます


-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー2頭、猫3匹がいます。
あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
11月16日(土)コンテストに出ます
2019年11月12日 (火) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

今度の土曜日11月16日、
ひょんなことで応募したコンテスト、
一次予選・二次予選を通過して
本選出場が決まりました。
一番びっくりしてるのは本人です(笑)
でも、出ると決まったからには
本気で全力で向かいます!!

このコンテスト、
芸能タレント文化人コンテスト
というタイトルがついています。
複数の芸能事務所や出版社の方が
審査員としてだったりお忍びとしてだったりで、
スカウト目的で来られるそうです。


私ね、
芸能人になりたいわけではないし、
タレントさんになりたいわけでもないんです。
ただ純粋に、動物対話を広げるには
マスメディアの力が必要だと感じているんです。

本当に「動物対話」って素晴らしい世界です。
動物と呼ばれている彼らにもちゃんと喜怒哀楽があって、
言葉を理解する知能だって持っている。
それを証明できるのが動物対話なんです。
この事実をたくさんの人に知ってもらいたいんです。

けれど動物対話士たちの活躍だけでは
時間が足りないんです。
もっと速いスピードで広めないと!
こうしている間にも、
動物対話で救われる人と動物がどれだけいることか。
そう思うと本当にヤキモキします。
でも今の私たちには草の根的に広げるくらいしか
手段が見つからないんです。
情報を拡散してくれる力が、手が、あるなら
遠慮している場合じゃないんです。

動物対話協会の代表として
今の私にできることは何でもやる。
そんな覚悟で臨んでます。
私の覚悟を会場に聞きに来てください。

会場にお越しの観覧者にも
審査に参加できる「投票権」があります。
ただ観るだけでなく
参加して楽しんでいただけますので、
是非、皆様の周囲の方もお誘いください。
当日の概要と観覧申し込みフォームはこちらから

<コンテスト詳細>
●会場:YCC 代々木八幡コミュニティセンター
●住所:東京都渋谷区代々木5-1-15
 最寄駅:小田急線「代々木八幡駅」6分
   地下鉄千代田線「代々木公園駅」6分
●開催日時:2019年11月16日(土)14時~16時30分(13時30分開場)
※伊東はなんの出番は前から5番目ですので
 14時にはお越しいただいたほうがいいと思います。

●参加費:無料

尚 JR東日本よりこちらの案内が出ておりますので
時間に間に合うように各自調整をお願い致します。
11月16日JR線路工事のお知らせ


クリックすると拡大できます


-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー2頭、猫3匹がいます。
あらかじめご了承ください。
<ありがとう!満席です!>【無料!】遠隔無料セッションモニター募集します
2019年10月28日 (月) | 編集 |
~以下の記事の募集は開始後30分で満席となりました。
 気にかけてくださった皆様ありがとうございます。
 間に合わなかったみなさまごめんなさい。
 また逐次募集をしますので、その節はよろしくお願いします。~

いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

動物対話士養成講座、西日本一期生も
いよいよ中盤に差し掛かり
来月は中級の総まとめです。

いつものように
無料セッションモニターさんを募集します。

今回は遠隔セッションの練習なので
お住まいの地域は問いません。
外国の方でも、日本時間に合わせてくれて
日本語による意思の疎通ができればOK。

ご応募対象のペットさんの数は生死は問いません。
いつも伊東はなんが行っている遠隔セッションと同じ条件です。
(行方不明ペットさんの場合は事前の確認・承認が必要になります)

セッション中は必ず伊東はなんが隣で聞いていますので、
セッション後にもっと聞きこみたかったこと等ありましたら
フォローも可能です。
安心してお申し込みください。

お申し込みページはこちら
http://hanan.cart.fc2.com/

未来の動物対話士たちのために
ご協力をお願いします!

伊東はなん

-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー2頭、猫3匹がいます。
あらかじめご了承ください。
テーマ:動物対話
ジャンル:ペット
トライアルなしで保護犬を迎えて二週間
2019年10月21日 (月) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から保護犬のかなを迎えて二週間が経ちました。
もうそんなに経つんですね。
早いなぁ。

かなは人や動物に関係なく、みんなに愛想がいいです。
人にはしつこいくらいに「私かわいい?❤️」をアピールします。
動物にはほどよい距離で、若干遠慮しながら関わりますが、
それが相手にとっては好ましいようで。
先住のうちの子とはノートラブルだし、
クライアントさんには撫で回されてご機嫌さんです。

それだけ上手に立ち回れるということは、
それなりに頭はいい子なはずなのですが…。

トイレがまったくままなりません。
というか、
トイレシートは寝るところと思っていて
まったく使う気がありません。
かなにとってトイレシートは極上の毛布なのです。
なので、なにも敷いていない床で用を足します…。

いくら動物対話士とはいえ、
極上の毛布で用を足してくださいとは言えません。
私だったら無理だもん😅
自分でできないことを人にやらせるなんて
ナンセンスですから、
トイレシートは毛布ではないことをこんこんと伝え、
もっと寝て気持ちいいところがあるよ、と
一緒に布団で寝ることを提案しました。
そして、シートで用を足すとどれだけ私が喜ぶかを
ぼーずのそのシーンが見られたときに
かなに見せました。

そしてもうひとつ、かなにできないことがありました。
サロン内にある階段を一人で降りることができません。
小型犬には少々勾配がきつくて降りるのに勇気がいるので、
いつも鼻をならして鳴いて呼びます。

これはトイレシートで用を足してほしい私には
好都合でした。

かなを2階で生活させればいい!

で、我慢できなくなってトイレシートを使ったときに
たくさん誉めてあげようと思い、
部屋中にトイレシートを敷き詰めました。

かなりやけくそです💦


そうしたらなんと!

自力で1階に降りて床の上にしました(*_*)
そんなにトイレシートをつかうのが嫌か…。
ていうか、階段降りれるんじゃん!
これは想定外でした。
それ以降、階段の登り降りは
自由にしているかなさんです😅





そんなかなさん、
最近、床の上の水溜まりを
あまり見なくなった気がします。
ぼーず効果が出ているのかな?
きちんとシートで用を足している姿を見たいなぁ。
そうしたらめちゃめちゃ誉めてあげるのに。


動物対話士として、
2歩3歩先を見て話をすることはできます。
いくら説得しても勇気づけても、
その先の行動をするのはペットさん本人。
かなに頑張ってもらわないといけません。

愛護センターから引き出して2ヶ月間、
保護団体さんの元にいてもトイレができなかったので、
かなの頑固っぷりは相当だと思います。
ここを動物対話でどうクリアしていくか、
自分自身とても興味があります。
きっとゴールまであと少しです。


-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー2頭、猫3匹がいます。
あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
殺処分日が決まっていたワンコ-番外編 どこから迎える?
2019年10月15日 (火) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から殺処分予定日が決まっていた犬を
新しい家族として迎えました。
備忘録としてつらつらと書いています。

「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
「殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定」
「殺処分日が決まっていたワンコ-3 動物対話士目線で見る縁って…?」
「殺処分日が決まっていたワンコ-4 先住ペットたちの反応」
「殺処分日が決まっていたワンコ-5 過去、現在、未来」


ということで、
かながうちに来るまでと
来た後のことを書いてみました。

今回私は初めて
保護団体さんから迎え入れる
という選択肢を取りましたが、
迎え入れる先はどこでもいいと思います。
大事なのは迎え入れたあと。
その子とどういう人生を歩むか、です。

なぜかわからないけど無性に心が動いてしまった…。
私はこれこそが本物の出会いだと思います。
その相手こそが運命を変える必然の出会いだと。


セッションをしているとしばしば
「ペットショップから迎えてしまったのですが…」
と申し訳なさそうに言う方がいます。
「本当は保護施設から引き取りたかったのですが…」と。
時代が「生体販売反対!」とか
「ペットショップから買うのは非道!」と
声高に叫んでいるからです。
そんなところから迎え入れてしまった私は
よくない人だ…とご自身を責めておられる方も
少なくありません。

でも、出会いって運命ですから、
「~ねばならぬ」から始まったストーリーは
いい結果にならないです。

もちろん命は売り物ではありません。
そこに値段をつけて売買するのはつらいです。

もし私が売り物で、なかなか売れなくて
セール品になってしまったら、
恥ずかしくてショーケースにいても
前を向けないかもしれません。
そしてさらにタダ同然に値下げされて、
「かわいそうに」という同情の思いで
買われるかもしれません。
同情されながら一生を過ごすのはイヤです。
堂々と胸を張って生きていたいです。


私自身、最初の子はペットショップにいました。
出会ったのは2001年1月。
彼女は12万円でした。
今でもはっきり覚えています。

でも、その子のおかげで今の私がいます。
その子との生活を通して
いろんなことがあったけど、
でも、人生を変えてくれた子に出会えたのは
ペットショップでした。

そしてその子に子供を産んでもらいました。
素人でしたけど、できる限りの勉強をして
2回出産してもらいました。
産んでくれた子はどの子も里子には出さず、
最後までうちの子でした。
その最後の最後がぼーずです。


ペットだけじゃない。
人との出会いだってさまざまです。
でも、ありですよね。どんな出会いも。

ナンパで知り合った人もいるでしょう。
でも、だからと言ってみんな軽いわけじゃない。
そこに運命の出会いを見つけた人もいるはず。

学校の同級生な人もいますね。
ずーーーっと何十年も一緒に居ても
それでも一緒にいられるのは運命です。

大人になって飲み屋さんで知り合って
そのまま親友になってる人もいるし、
仕事で出会ったはずなのに
プライベートまで一緒の人もいる。

人の紹介で出会って仲良くなったら、
紹介してくれた人とは疎遠になってきた…という
縁結び係の友達もいます。

つまり
出会いは一つじゃない、と言いたいわけです。

出会いのカタチはどんなでもいい。
心が動かされる出会いを手にしてください。

そしてもし、
ペットを迎えたいと思ったあなたの気持ちに
考える視野と余裕があったら、
明日どうなるかもしれない子たちに
目と心を向けてみてください。

私も運命の出会いを信じて
成犬からの共同生活を実践してみます。

ペットとの暮らしはそれだけで
人生を何十倍にも豊かにしてくれます。
私も人生が豊かになった一人です。
だから動物対話の世界を形にしました。
この世界をたくさんの人に知ってほしいから。

人とペットが
今よりもっと幸せに暮らせる社会が
一日も早く実現しますように。

人とペットがともに暮らすことのすばらしさを
ひとりでも多くの人が体験されますように。

そう願ってやみません。


これで
「殺処分日が決まっていたワンコ」シリーズは
ひとまず終えます。
だって、もし私がかなだったら、
いつまでも「殺処分対象だった子」なんて
言われたくないもの。
でも、今回は経緯を知ってもらいたくて
あえてこのタイトルにしました。


過去の話をされたくないのは
福島出身のもよちゃんもぼーずも同じでした。

もよちゃんは
「震災猫で里子に出したけど帰ってきた」
という話をされるのが大嫌いです。
その話をするとすごく寂しそうな空気を醸して
その場を離れます。

ぼーずは唯一の男の子だったので
里子に出そうとしていました。
彼はずいぶん大人になるまで
「ボクおうちにいていいの?」と
気を使っていました。
動物対話を理解する前の時代のこととはいえ、
その言葉を聞くたびに私が辛かった。
ぼーずに悪いことしたな…って。

今を生きている動物たちだって
過去のことは覚えています。
そして心に傷を作ることもあります。
人がそれを理解しないから
彼らは人知れず傷ついて、
でもその傷を隠しながら
今を懸命に生きています。

かなが愛護センターにいた話は過去のこと。
今は、はなんファミリーの一員として
我が家のルールを覚えてもらうことが
最重要課題です。

大事なのは今。
今どういう状態なのか。
どうなるのが最善なのか。
それを考えて
最善の道を実践していくことが
幸せになる方法だと思います。

これも
ペット達から教わった
「人生をよりよく生きる方法」の一つ。


今、あなたは理想の状態にありますか。
理想の状態にしようとしているところですか。

YESだったら間違いなくいい人生を歩んでいるはずです。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
殺処分日が決まっていたワンコ-5 過去、現在、未来。
2019年10月15日 (火) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から殺処分予定日が決まっていた犬を
新しい家族として迎えました。
備忘録としてつらつらと書いています。

「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
「殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定」
「殺処分日が決まっていたワンコ-3 動物対話士目線で見る縁って…?」
「殺処分日が決まっていたワンコ-4 先住ペットたちの反応」


…ということで、
新人シニアシーズーのかなが来るまでと
かなが来てからの10日間について、
ざっくりと書いてみました。

人見知りしない。
犬見知り猫見知りもしない。
体調も特に問題なさそう…ということで、
今のかなには特に問題はありません。
保護犬という視点で見ると
大変恵まれていたと思います。

けれど、ひとつ大問題が…。

トイレトレーニングが全くできていません。
ケージ暮らしがメインだった台メスあるあるです。

※台雌(だいめす)
繁殖用(出産専門)の女の子ワンコ。
対して繁殖用の男の子は種牡・種犬と呼ばれる…。

 
トイレシートは寝るところだと思ってる…。
それが使用済みであっても。
シートの肌触りが心地いいようです。
糞尿は全く気にしません(^^;

なので用を足すのは床の上…。
トイレシートがあってもあえて外す。
寝床を汚すのはイヤだという意識はあるようです。
トイレシートは寝床ではないんだけどね…(^^;

これこそ動物対話士の出番ですね。
まずは「トイレシートとは何か」を
伝えるところから始めなければなりません。
今までは優しく伝えていたけれど
今回はがっちり叱りました。
叱られるとわかった時のかなの逃げ足の速さ!
これはずいぶん前から繰り返し続けていて、
怒られることを知っている動作です。

・・・。

知ってて直さない推定7歳。
つまり7年(人間で言うと50年近く)の間
ずっとそれでよかった生活をしていたということ。
これをひっくり返すのは
相当な長期戦になりそうです(-_-)
でも「対話」の心を忘れずに、
かなと関わっていこうと思います。

動物対話士として、
そして、家族の一員として。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
殺処分日が決まっていたワンコ-4 先住ペットたちの反応
2019年10月14日 (月) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

沖縄から殺処分予定日が決まっていた犬を
新しい家族として迎えました。
備忘録としてつらつらと書いています。

「殺処分日が決まっていたワンコ-1 保護団体さんから譲り受けるということ」
「殺処分日が決まっていたワンコ-2 譲渡決定」
「殺処分日が決まっていたワンコ-3 動物対話士目線で見る縁って…?」


8月5日の月曜日に
「今週末には殺処分予定です。誰か預かって!」
という呼びかけ投稿から6分後に
「預かりではなく引き取りたい」
という連絡をしてからちょうど2か月目に
沖縄から東京にやってきた新人シニアシーズー。
沖縄弁で「かわいい」という意味の「かなさん」から
「かな」と名付けました。



我が家に来た翌日には、
すでに先住ペットたちを尻目に
私のお腹を枕にして寝る大胆さ。

そんな新人をうちの子たちはどう迎えたのか。
そして、
新人を迎えるまでにどんなことをしたのかを
綴ってみます。


まず、改めてうちの子たちをご紹介。

シーズーの
ぼーず兄さん。15歳♂

なんで横になるんだ???(^^;

ぼーずは目が不自由です。
なので新人さんが来ても
ほとんど気にする様子がありませんでした。
本当はかなとくっついてくれたら
ワンコ一人という環境から抜け出せるから
ぼーずにとっていいかなぁと思っていたのですが、
そこはかなの役目ですね。
かなに
「かーちゃんじゃなくて
ぼーず兄さんのところのほうがいいよ」
と言ってますが、
私のあとばかりついて回るので
私の言葉を覚え始めたばかりのかなには
まだ理解が難しいかな、と(^^;

もよちゃん。8歳♀


千晴さん。4歳♀


吉くん。2歳♂


この3猫たちの中ではちーちゃん@千晴さんが
一番変化がありました。
我が家いちのツンデレで、
滅多に甘えてこないちーちゃんでしたが、
かなが来てからというもの、私のそばにいることが増えましたし、
抱っこしてーとゴンゴン頭をぶつけてくることが多くなりました。
「猫はいつも誰か欠けてて3匹一緒にいることが少ない」
というのはちーちゃんのことでした(^^;

それが、人の目を気にせずに
「私ここにいるの!かわいいかなちゃんここにいるの!!」
って主張してくるかなを見て、
「あ、そんなことしてもいいんだ」って感じ。
うちの子たちは犬も猫もみんな
かなほど強く甘えてくる子はおらず、
サラッとしたかかわり方が普通と思っていたんです。
なので、かなからカルチャーショックを受けたと言っても
過言ではないのでしょう。

そんな彼女、一見我関せずだけど
ちゃんと距離感をはかっています。
吉とのかかわりで新人の迎え方の加減を覚えた感じ。
かーちゃんとしては意外な嬉しさを感じています。
…とはいうものの、相変わらず吉には厳しいけれど…(^^;

今ちーちゃんは
「自分の感情に素直になる」
という練習をしています(^^)


そしてもう一匹、意外だったのが吉。
なんだか威張ってるんです(笑)
「オレの方が先輩なんだからなー!」って。
で、
お姉ちゃんたちにされたように
通りすがりに猫パンチを出してみたりして(笑)
けどかなはほとんど動じない…。
最近では威張っても無理と分かったのと
追いかけっこができないと諦めたのとで、
においを嗅いでどんな生き物なのかを
確認する作業に移行しました。
これから寒くなりますし、
お団子になって寝る姿を見るのも
そう遠くないことと思います。

もよちゃんは相変わらずです。
どんなときでも自分が最優先されるのを知っているから。
でも、かなに「私が先輩なんだからね」という
アピールはしっかりしています。

かなが我が家に来て10日。
今のところ大きなトラブルもなく
それぞれがそれぞれのペースで過ごしています。

次はかなのこれからの課題についてを書いて、
このシリーズは終わりにしたいと思います。



続く




-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。
テーマ:保護犬
ジャンル:ペット
【災害SOS電話】ペットさんたちの不安を取り除く方法 その2
2019年10月13日 (日) | 編集 |
いつもお読みいただきありがとうございます。
人とペットさん、両方のカウンセラー
動物対話士の伊東はなんです。

台風19号の関東通貨から一夜明け、
各地から被害の様子が聞こえてきています。

幸い杉並サロンは何一つ被害なく、
いつも通りの朝を迎えました。
台風一過。2019.10.13

台風王国沖縄に住んでいる友達から譲り受けたシーサーは
今回も門の上で悠然としていました。
サロンはこの子たちに守られていると言っても過言ではないでしょう。
台風19号を耐えたシーサー

昨日のブログ記事では、
ご家族がペットさんの不安を取り除く方法をUPしました。
今日は私がペットさんの不安を取り除く方法をUPします。

毎回災害が起こるたびにさせていただいてますが、
今回もいつもと同じように
被災地域の方限定で電話による無料セッションを行います。


今回の台風被害で不安や異常行動がみられるペットさんへ、
動物対話協会本部にて無料の電話セッションを行います。

<自然災害に伴う無料電話セッション詳細>

●対象となる方:
・このたび(台風15号19号共)の自然災害によって
 ご自身またはペットさん、またはその両方が不安で仕方がないという方。
 ペットさんのいつもと違う行動が心配な飼い主さん。

今回から、
東日本大震災や熊本地震をはじめとする自然災害によって
仮設住宅からまだ戻ることができない方も対象範囲に含めました。


対応時間:(当面の対応です)
9-20時で伊東はなんの空いている時間
(10回鳴らして出なかったら対応できない時間だと思ってください)

●電話のかけ先:
03-6304-3138(HANAn内)

●料金:
ご自身の通話料のみご負担ください。セッション料は不要です。

<1通話15分程度以内をめどにお願いします>


一日も不安から脱出できますように…。



私にできることは限られています。
だからこそ、できることをできるだけ行いたいと思っています。


もしこのセッションがお役にたって
お礼をしたいという気持ちが湧きましたら、
ぜひ伊東はなんの存在を多くの方に広げてください。
私が役に立つ機会を与えてくださることが一番嬉しいです。

お外組のしっぽたち、犬猫だけじゃなく、
鳥もウサギも、虫たちも、
もちろんお外組の人たちも、
みんなみんな無事でありますように。



-----

【人生を変えるセミナーです】

ペットさんとの会話を有意義なものにして
きずなをより深める動物対話基礎講座の詳細はこちら↓
http://hanan.jp/school

-----
【いつでも大募集!】

伊東はなんのセッションや講座を受けた感想を
いつでも大々的に募集しています!
皆さんの声が、文字が、
たくさんの方の力になります。
ご感想はこちらまで、「感想送ります」とお願いします。
いただいたご感想メールには、
ブログには書かない伊東はなんが直接に
「あなただけに向けてのお返事」をいたします。
「私も感想送りたーい!」とか、「まだ書いてないわー!」とか、
「はなんさんからの感想メールがほしい!」という方、
ぜひご感想をお送りください。

-----
【インスタグラムやってます】
いろんなSNS系の中で
一番「素の伊東はなん」が出てると思います。
愛してやまないしっぽの家族たちもちゃんと登場してますよ。
フォローしてくれたらうれしいです。
https://www.instagram.com/ito_hanan/

-----
一般社団法人動物対話協会

          
人とペットさん、両方のカウンセラーとして
双方が笑顔になるお仕事をしています

一般社団法人動物対話協会
http://www.aada.or.jp/

HANAn
http://www.hanan.jp/
動物取扱業:14東京都訓第004535号
東京都杉並区下高井戸1-11-23
TEL・FAX:03-6304-3138

ペットさんの種類状態等一切不問。
2007年より専業アニマルコミュニケーターとして活動。
2013年夏に職業名を「動物対話士」に変更し、名称は商標登録済み。
ペット入室可能なサロンにて、安心してセッションを受けていただけます
※杉並サロンにはシーズー1頭、猫3匹がいます。あらかじめご了承ください。